« 木口刻① | トップページ | 木口刻③ »

2015年11月28日 (土)

木口刻②

小枝のぶつ切りに彫ったままほったらかしにしているもの(2/3)

 

山頭火の随筆の抜粋や俳句を木口に彫ってます

まさか、今回もひっくり返して読もうなんて思っていませんか

もし、文字がひっくり返っていたら、

ただ、一人だけで、しずかに「ハハハ」と笑ってすませましょう

決して、投稿などなさいませぬように

どうしてもしたい場合は、「ハッ」と一言投稿ください。

20151203dscn4649

判るでしょうか?前回の輪切りの裏側に彫っているのもあります

下絵を描かず、直接逆文字を書いてから彫りますので

時々勘違いして逆にしないで書くことがあります。

そんな時は笑ってごまかします  これが手彫りの味だと

No.1207

 

 

遊びの材料(2)、どんぐり

20151128
箱に入っているのは熱湯消毒済み、レジ袋に入っているのは採って来たばかり

一旦洗ってから消毒&殺虫の意味で熱湯でぐらぐら煮沸します

代わり映えのしない、いつもの   

サンタクロース+クリスマスツリー+雪だるまを作り始めました。

|

« 木口刻① | トップページ | 木口刻③ »

木口はんが」カテゴリの記事

コメント

相変わらず、良くま~やるな~・・・と・・・

毎日仕事に追われている人には出来ない仕業ですね!

房州やさんの場合には、これが「ライフワーク」という「金にならない仕事」で毎日追われている生活なんでしょうか?

確かに、拾ってきた物に細工をしているので、金がかからないと言えば、良い道楽なのかもしれませんね~!

そういう優雅な生活は、羨ましい限りですが、真似出来ません!(あんまりしようとも思いませんが・・・)

投稿: 閑おじ | 2015年11月28日 (土) 10時16分


sunsunsunhappy01

写真で見ると乾燥中の小枝、今年いっぱいはなんとか足りそうです。
足りなくなったら七輪陶印があるから心配いりませんが。

きょうのサイズは小枝のぶつ切印で
1.3㎝×1.3㎝はただの小枝印。
房州やさんの造語です、

>下絵を描かず、直接逆文字を書いてから彫ります
こんなこと出来るのは房州やさんともぐら庵のふたりだけ。

熱湯にくぐらしたどんぐり。もしものの時には非常食。
生き延びるのは房州やさんだけ。ひとり残って印を彫る。

ナンバーを書いた書類、きのう郵便屋さんが配達してくれました。
ナンバーを忘れないように小枝に彫ってください。
紐で首からぶらさげておきたいので。
sun

投稿: abookai | 2015年11月28日 (土) 11時13分

するなと言われるとしたくなるのが、人というものでありまして…

「ハッ」

投稿: mimi | 2015年11月29日 (日) 00時38分

bicycle閑おじさん
 
国から生活費を頂く、準国家公務員の身の
房州やでもあれこれ用事があり

暇つぶしの間に
自治会や、〇〇同好会の集まりに出かけ
暇つぶしをしています

何の役にも立たないものを作る
材料にはたしかに金はかかりません
暇にも金はかかりません
これで道具に金がかからなければ
申し分ありません

投稿: 房州や | 2015年11月29日 (日) 09時28分

memoabookaiさん

ナンバーは届きましたが
どこかに保管しなければと思いながら
金庫などあるはずもないので
カレンダーにクリップで止めたままです
abooさんはどうしましたか?

逆字も慣れてくると何となくかけるものです
何の役にも立たない技術です
暗号文にもなりません

投稿: 房州や | 2015年11月29日 (日) 09時32分

leftrightmimiさん

表から見たり裏から見たりしていると
あら不思議
表から見た字なのか裏から見た字なのかが
分らなくなり、大変不便なことになります
ご注意を!!

投稿: 房州や | 2015年11月29日 (日) 09時34分

noodle
・輪切りの木材、腐る程あるのに裏に彫る。
 どうしてだろう。

・どうしてもしたい場合は「ハッ」と一言投稿
 『ハッ』

・団栗の中に虫がいる!
 どうやって入り込んだのだろうと考えて夜も寝られず。

今年もあとひと月。カソ村に出かける時間なし。
   wobbly

投稿: abookai | 2015年11月30日 (月) 10時46分

riceballaboo-kaiさん

彫りやすい木とそうでも無い木があります
形の良い木とそれ程でもない木があります
感じの良い木とう~んな木があります
という訳で使いやすい木は2度も彫るのです

ゾウムシの仲間が
まだ実が柔らかいうちに殻の中に
卵を産むのです
生まれた幼虫(蛆虫みたいな恰好)は
中の実を食べて大きくなり
やがて殻を破って出てきます
ただ、マテバシイは殻が硬くて
中から破って出てこれないことがあるそうで
マテバシイには卵を産むことが少ないそうです

お正月はカソ村でお迎えですか?
爺や婆やが待ってますよ


投稿: 房州や | 2015年11月30日 (月) 13時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 木口刻① | トップページ | 木口刻③ »