« 竹根地蔵 | トップページ | 竹根地蔵 »

2015年11月16日 (月)

竹根地蔵

寒かったり暖かかったりしてましたが

今日は「小春日和」の陽気です

1週間先は「小雪」です

狂い咲きの桜の花が見られるかもしれませんね

------------------------------------

竹根に彫ったお地蔵さん印(2/4)

少しだけ小さくなりましたが

竹根印です、前回との違いは、それだけです

 

 

C003_4112×11mm

 

 

C003_4212×11mm

 

 

C003_4311×11mm

 

 

C003_4416×15mm

 

 

 

C003_4516×14mm

 

 

 

C003_4614×13mm

 

 

 

C003_4715×12mm

 

 

 

C003_482×10mm

 

 

 

 

小さくてよく見えないのでしたら   

拡大してご覧ください(2倍位までに)

ほぼ実寸大です

NO.1203

 

この間、拾って来た小石です

何をして遊びましょうか

・お地蔵さんの絵を描く・魚や動物の絵を描くことはやってますが

20151116
泥・砂等の成分と色で仕分けしてみました。

追記(2015.11.17 17:30)

20151116

       例えば、こんな魚に変身させるのはどうでしょうか?

|

« 竹根地蔵 | トップページ | 竹根地蔵 »

遊び印(お地蔵さん)」カテゴリの記事

コメント

朝から雲ひとつない冬晴れ。
房州やさんは家にはいません。
テニスでしょう。
きょうは陽に焼けますよ。

お地蔵さん8人(8体って言うのですか)
きょうは全員目を閉じて瞑想。
お地蔵さんなにを想う。

江戸に用事が出来ました。明日出かけます。
   sunsunsun

投稿: aboo-kai | 2015年11月16日 (月) 10時07分

thinkaboo-kaiさん

今日は小春日和の良い天気なので
お地蔵さんたちはみな居眠りしています
たまには、こんな一日があってもいいでしょう

aboo-kaiさんは
江戸とカソ村を行ったり来たり
お地蔵さんはそうはいきませんからね
見上げると秋空に柿が似合います

今日は六地蔵3組に会ってきました

投稿: 房州や | 2015年11月16日 (月) 12時03分

sunsunsun
M島海岸の小石が少なくなったと思ったら
房州やさんが運んだのですか。
この小石、房州やさんの神の手ががみがくと、
サファイヤ、ルビー、水晶、ダイアモンドなどに
なるのでしょうね。
小枝にお地蔵さん彫るより、小石磨く方がもうかり
ますよ。

江戸の友だちが、帰ってくるならひじきやワカメや
カワハギを持ってこいとメール。
だからいやなんだよ、江戸に換えるのは。wobbly

投稿: aboo-kai | 2015年11月17日 (火) 10時57分

piscesaboo-kaiさん

海産物の宝庫ですから
ひじき・ワカメ・カワハギ位はいつでも
用意できるのでしょうね
アワビ・サザエ・イセエビ・カツオでなくて
良かったと思いましょう、
お友達には食べられない位沢山持って行きましょう
(バスに積んでくれるかどうかは判りませんが)

面白いもので
外房の〇岡海岸と内房の〇田海岸辺りで
似たような石が採集出来ます
残念ですが
ダイヤもルビーもサファイヤも未だ発見出ません

不通になっていた、ダム周回コースが通れるようになりました
散歩の楽しみがまた一つ増えましたが
明日・明後日と雨の予報です

投稿: 房州や | 2015年11月17日 (火) 11時49分

先週、鯛ノ浦で貝殻を拾っているおじさんを見ました!
房州やさんでは無かったけど、千葉には海岸で石や貝殻を拾うおじさんが沢山いるのでしょうか?

私は昔、稲毛の浜で貝掘りをした事は有りますが・・・(今は団地が建っている所だと思います)あの辺りは、海が大分遠くへ行ってしまいました!

投稿: 閑おじ | 2015年11月17日 (火) 18時00分

confident閑おじさん

海岸で物を拾う(ビーチコーミング)は
普通は漂着物を拾い研究をするのでしょうが
館山の海岸辺りではたまに見かけます

普通の人が拾うのは、貝がら・小石・海ガラス等でしょう。
流木を拾っている人もいますね
貝殻細工・ガラス細工・流木細工は多いですが
小石細工はどうも少数派のようです
小石拾いは地質調査研究のようではないですか

投稿: 房州や | 2015年11月18日 (水) 09時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 竹根地蔵 | トップページ | 竹根地蔵 »