« 松山横断 | トップページ | 横峰麓迄 »

2015年8月14日 (金)

菊間鬼瓦

5回目の通し歩き遍路旅・四国八十八ケ所

26日目(2015年6月1日(月))

 

行程  宿→伊予北条→道の駅(風和里)→浅海→菊間→星の浦海浜公園→

        54延命寺→55南光坊→宿(今治駅前)

 

<井関農機の工場のこと>

43円明寺横の細い道から、今日の遍路は始まる

ガソリンスタンドの先に現れるのは井関農機の工場だ、

まだ朝早いので静かだが、一部の工場では人が動き始めていた

逆打ちで夕方通った時は、大勢の人と車で混雑し活気があった

気のせいか、四国あちこちで井関農機の販売所が目に付いた。

 

<鴨一家のこと>

小さな川の小さな橋に立派なカメラを持った人がいたので話しかけてみる、

今日は小鴨の写真を撮りに来たそうだ、

この川で何羽かの鴨の親が子を育てているらしい。

あまり驚かせてはいけないので、これから他の川に行ってみるそうだ。

 

<燧灘沿いの道のこと>   

海がちらちらと見える道を歩いて行く、道路沿いの家に隠れて瀬戸内らしい

風景は見ることが出来ない

卍鎌大師の山の遍路道は通らず、海沿いの道を歩くことにした

53540045354150601_0821dscn4468←(燧灘)

  道の駅風早の郷 風和里で

  休憩する、目の前に砂浜と

  青い海が広がり風の気持ちいい

休憩場所だ、(残念なのはまだ店が開いていないこと)

遍路道との合流地「浅海」を歩き、楽しみにしている瓦の町「菊間」に入る

松ヶ崎の辺りから、鬼瓦の工房が続くので、中を覗きながら歩く

53542015c0015354150601_152601菊間の鬼瓦とお接待

  卍遍照院でいつものように

  休憩し、山門前のコンビニで

お昼を買って、境内の日陰で早めのお昼の時間だ

遍路道沿いではないが「瓦の博物館」があるので寄ってみるのも面白い

太陽石油製油所の前の坂を上り、2~3ケ所の遍路道を抜け疲れたころに

星が浦海浜公園に着く、ここで大休止とする。

トイレに近い場所にテーブル&ベンチがあるのでここが指定席だ

笠をとり、ザックを下ろし、顔や手を洗い、トイレにいき、靴を脱ぎ

ついでに靴下も脱ぎ、ベンチに横になる、実に気持ちのいい時間だ

公園の向こうに「新来島ドック」のクレーンが見える

 

<今日の札所のこと>

自動車が頻繁に通る一本道を歩き(途中から歩道がなくなる)

54dscn2937←54延命寺

 延命寺の建物は修理中なので、

 今回は仮の本堂で参拝する

 ここで、浄瑠璃寺前の民宿で一緒だった

お遍路さんと一緒になった(公共交通機関と歩きで遍路している)

一緒にでて、しばらく並んで歩いていたが、お互いに歩く速さが

違うので、次の札所で会うことにして、別々に歩くことになった。

 

55dscn2946←55南光坊大師堂

  お墓の団地「大谷霊園」中を通り抜けて

  今治市内に入り55南光坊にお参り

  納経所で「どこからおいでですか?」と聞かれる

「関東の人が多いですよ、埼玉・千葉・・・」

そういうもんかなと思うが、歩き遍路でなかなか同じ県の人には

出会わない、不思議なもんだ

 

どこかで出会ったことのあるお遍路仲間と一緒に今治駅へ向かう

私を含め3人が同じ宿だ。

私以外は、公共交通機関と歩きを併用してお遍路をしている

きつい道や長い道は歩かないという、私には出来ない遍路だ

 

今日の宿  今治ステーションホテル

        飲み物は部屋の冷蔵庫にあり、支払い時に申告する仕組み

        駅中の一画にに自転車店がある、さすがサイクリング県だ

        美味しいパン屋さんも駅中にあるが

        夕食は商店街に出かけ何か食べよう

 

|

« 松山横断 | トップページ | 横峰麓迄 »

遍路」カテゴリの記事

コメント

<燧灘のこと>
こんな難しい文字 このブログを読まなかったら
出会わなかった文字。火打石と関係ありなのか

<鬼瓦のこと>
鬼瓦のストラップは房州やさんの七輪焼きの方が上手いと思う
そういえば ちかごろ七輪焼きを見ないけど暑さのせいかな

<歩き遍路で同じ県の人には出会わない のこと>
ちばけん人はそんな長い距離を歩くのは苦手 房州やさんくらいです

<公共交通機関と歩きを併用してお遍路をしている のこと>
そんなお遍路もあったのだ でもお遍路スタイルで路線バス
などに乗ったら格好悪くないのかな

投稿: aboo-kai | 2015年8月14日 (金) 07時59分

dangeraboo-kaiさん

>見ないけど暑さのせいかな

 暑さのせいだけではないのですが
 焼いてると熱中症になりますので
 暑さのせいにしておきましょう

>ちばけん人は・・・

 でも多いらしいです、
 きっと春や秋の季節の良い時に
 歩いているのでしょう
 房州やは人の少ない時期に歩いてますから
 それでよく大雨に遭うのです

>そんなお遍路もあったのだ

 結構多いようです、本も出ている位ですから
 いいとこどり歩き遍路してみませんか
 「おへんろ交流サロン」(最終日登場予定)に行った時
 「歩きですか?」と聞かれた時
  どんな答え方をするのでしょうか
   「はい、時々歩きです」でしょうかね

それぞれの遍路があるので
  歩きたい人は歩き、歩きたくなければそれなりに
  車も結構、電車も結構・・なんでもいいんです 

投稿: 房州や | 2015年8月14日 (金) 08時49分

14日に千葉へ行ってきました!チーバーくんの団扇貰ってきました。絵が顔だけなので、「何処がチーバーなの?」という赤い団扇です。
非公認の「ふなっしー」が有名なので、蔭に隠れた感じですね!

「新盆」の家は外に立て看板が出ていたり、大きい会場を借りて「新霊会」みたいなのをやったりするんですね~
ある商店で、店の脇の物置みたいな所に、のし紙の掛かったビールや色んなお供え物が、積んでありました。
東京でも昔は、白い無地のお盆提灯を下げている所も有りましたが、今は見ないですね!

七輪焼き物再開の折は、菊間風鬼瓦ストラップ作りたくなったでしょう?

投稿: 閑おじ | 2015年8月16日 (日) 10時49分

happy01閑おじさん

ちーば君の体を横から見ると千葉県の形になってます
何故、真っ赤なのは知りませんが

船橋の公認キャラクターは「船えもん」
物知りの「ふなえもん」はロイド眼鏡に
羽織姿の渋い、あまり目立たない公認キャラです。
県内に各地に何故だかユルキャラがいて
なかには首をかしげるものもいて
とてもじゃないが覚えきれません

>菊間風鬼瓦ストラップ

  菊間町非公認ですが
  「かえる」「あし」「おにがわら」は
   何種類か作っていますが
   釉薬が思った色を発色してくれなくて
   粉々に粉砕して庭の一部になってます
   形だけなら何とかなるのですが

投稿: 房州や | 2015年8月16日 (日) 12時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 松山横断 | トップページ | 横峰麓迄 »