« 菊間鬼瓦 | トップページ | 雨中横峰 »

2015年8月16日 (日)

横峰麓迄

5回目の通し歩き遍路旅・四国八十八ケ所

27日目(2015年6月2日(火))

 

行程  宿(今治駅前)→56泰山寺→57榮福寺→58仙遊寺

      →59国分寺→道の駅今治湯の浦温泉→丹原→宿

 

今日最初の札所56番までは近いので、納経の時間に合わせてゆっくりと出発

札所に一番近いコンビニで行動食を手に入れ、56泰山寺に向かう

<56泰山寺>

56dscn294756135201356bc003←56泰山寺

 少し早く着き、参拝を済ませ

 梵鐘横のベンチに座り

 納経所の開くのを待つ

 

大きな山門はなく石の柱が高い石垣の上にある寺だ

 

蒼社川に向かって細い道をすり抜けるように歩く、川の手前に

56572015_2遍路途中で亡くなったお遍路さん達の

墓が並んでいる、手を合わせてから、

(死装束の白衣を着て、卒塔婆代わりの

金剛杖を突き昔の遍路は歩いていた)

土手に上がる、昔の遍路道は、川の浅瀬を歩くのだが

今は少し先の橋を渡る、水の流れは浅くゆるやかだ

 

<57栄福寺>

57dscn2950  橋を渡って右に折れ、川に沿って少し歩くと

  遍路道は田んぼと水路の間の細い道に変る

  昔のお遍路さんはこんなところばかりを

  歩いたのだろうなあと思わせてくれる

八十八箇所のなかでも雰囲気がよく好きな遍路道の一つだ。

次の仙遊寺への道には、疲れる道が待っている 

犬塚池をぐるりと半周して舗装道路に出るまでは歩きやすいが

その先からは、自動車道路の急坂を一歩一歩、息をハアハア弾ませ

させながら歩き、ようやく見つけた遍路休憩所の先のカーブを曲がると、

立派な山門前に出てくる、だが、ほっとするわけにはいかない

<58仙遊寺>

0582015c00158124201358c00358dscn2953←58仙遊寺

 

 

 

 

 

山門から、ほぼ真上に向かって急坂の遍路道が続いていて

右に左に折れる道を上り最後の石段を上ると

ようやくお砂踏みに空海さんの像が立っている境内の端っこに着く、

砂踏み場を一周し、手水を使い、鐘を打ち、本堂へお参り

ここは温泉のある宿坊としても精進料理を食べられる宿坊としても有名な札所だ

四国遍路を世界遺産にしたいと運動している住職がいることでも有名だ

58150602_0827dscn448758dscn2959  (仙遊寺境内の石仏)

←私が好きな石仏が

  いくつも並んでいるので

  ついつい長居してしまう

  どうです、可愛い

  石仏だと思いませんか

 

<59国分寺>

再び山門まで下り、休憩所の先から国分寺に向かう遍路道を歩く

(一部はハイキングコースにもなっている) 

59dscn296359150602_0950dscn448959←59国分寺

国分寺本堂と

お迎え大師

 

 

0592015c001国分寺で最初に向えてくれるのが、

このお迎え大師さんだ握手できるように右手が

前に出ている,悪戯して私の金剛杖を

持ってもらいました。そのあとでちゃんと握手もしました

(参)ここのトイレは綺麗です、用が無くてもはいってみましょう

 

<横峰寺の麓までの長い遍路道>

これで今日の札所は終わりましたが

宿までは、ここから約20Km歩かなくてはなりません

先ずは道の駅で休憩しましょう。

ここから先は卍世田大師までトイレはありません

途中に楽しい風景も遊べるような公園もないので

ひたすら歩き続けます、大頭のコンビニに着けば

あと500m程で今日の宿に着きます

 

<今日の宿>

150602_180701宿はスーパー銭湯(温泉)&娯楽施設とでもいった

雰囲気ですが横峰へ一番近い宿なので 

湯の里 小町温泉 しこくや に決めました

(少し手前、丹原にある「栄家旅館」に宿をとる人もいます)

今晩から大雨で明日も大雨が続くと天気予報では言ってます

大外れになることを願ってますが

それは無理なことですね、明日の朝の天気ですから

予報が外れることを祈っていつものように早寝です 

|

« 菊間鬼瓦 | トップページ | 雨中横峰 »

遍路」カテゴリの記事

コメント

銚子方面では、お盆の時に、お墓に「ミソハギ」を供えるのですね!
千葉も広いから、場所によって風習が違うのでしょうね!

投稿: 閑おじ | 2015年8月16日 (日) 11時11分

tulip閑おじさん

みそはぎ(?)赤紫の小さな花が沢山咲く野の花ですね
「禊萩」と書くのですね、なるほど、盆花、納得です

バラは盆花としてはトゲがあるので良くないそうですが
トゲを取ってから供えればいいそうです、と
テレビの番組で言ってました

楽しい夏休みを過ごせましたか
美味いもの食べましたか
良いお酒も飲みましたか

投稿: 房州や | 2015年8月16日 (日) 12時13分

coldsweats02
同じ千葉でもカソ村ではみそはぎは供えません。
だんごも供えません。カラスが食い散らかすので。
坊さまに墓には食べ物は供えないようにと云われて
いますので。
dollarこれだけ供えてくれればよろしいと。

投稿: aboo-kai | 2015年8月16日 (日) 18時12分

tulipaboo-kaiさん

和尚さんの懐に供えるyendollar
aboo-kaiさんが遍路をした時に
無縁仏に供えてください
一万円札が風で飛んでいく心配がありますので
石で押さえといてください
ご心配なく、カラスが持って行かないように
私が後から回収に廻ります。


投稿: 房州や | 2015年8月16日 (日) 18時43分

握手できるお迎え大師さん、嬉しいですね。
金剛杖も持ってもらっちゃって、房州やさんなかなかお茶目ですね。

お宿のお食事かな?ぎょぎょ!兜煮ですね・・
美味しいんだけど、見た目で苦手ですΣ(゚д゚;)

投稿: mimi | 2015年8月16日 (日) 23時10分

tulipmimiさん

>握手できるお迎え大師さん

いくつかのお寺に「お迎え大師さん」が
ありますが、握手大師はここだけです
握手のし過ぎで右手は黒光りしています。

>金剛杖も持ってもらっちゃって
 いくつかのお寺の山門で、金剛杖やザックを
 参拝記念に撮影してますが、ここではお迎え 大師さんにしました

>お宿のお食事かな?
 
 今日の夕食時にはビールは飲みませんでした
 宿に着いて飲み、風呂上りにまた飲んだので
 食事は、お腹が空いているせいか、どこも
 美味しいですよ、たまには「う~ん」と言うのもありますが
 なんせ修行中なので、食事中には顔には出しません。
 量が多いこともありますが、ささやかな抵抗で残したりします

投稿: 房州や | 2015年8月17日 (月) 07時17分

rainthundertyphoon


>遍路途中で亡くなったお遍路さん達の墓が並んでいる

なかなか風情のある墓です。
これなら安心して遍路の途中でお亡くなりになれます。
もしや房州やさんここに葬って欲しいのではないですか
    coldsweats01

投稿: aboo-kai | 2015年8月17日 (月) 20時59分

tulipaboo-kaiさん

遍路さんの無縁墓は遍路道沿いに
いくつかあります
一つ二つの場合もあれば
数多くの墓が並んでいることもあります
昔の遍路は大変だったのですね

房州やはお墓は入りません
骨はどこかに撒いてくだされば
それで十分です

投稿: 房州や | 2015年8月17日 (月) 23時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 菊間鬼瓦 | トップページ | 雨中横峰 »