« 三坂峠越 | トップページ | 菊間鬼瓦 »

2015年8月12日 (水)

松山横断

5回目の通し歩き遍路旅・四国八十八ケ所

25日目(2015年5月31日(日))

 

行程  宿→卍別格文殊院→卍札始大師→48西林寺→49浄土寺

      →50繁多寺→51石手寺→道後温泉→山頭火一草庵

      →52太山寺→53円明寺→宿

 

昨日の雨はすっかりやんで、今日は暑い一日になりそうだ

休日の札所は地元の人で込み合うことが多いうえに、開創1200年の

記念の札を頂ける最後の日なので混雑することがあるかもしれない

 

まだ水たまりの残る道を歩いて、衛門三郎ゆかりの卍別格⑨文殊院へ

(四国八十八箇所発祥の寺院とも言われる)

そのまま案内表示に従って進み卍札始大師堂へ

ガラガラと戸を開けて中に入り、小さなお大師さんに手を合わせる

 

<48西林寺>

482015c00148dscn2885←48西林寺

くねくねした細い遍路道を

歩いて大通りに出る

コンビニの先の久谷大橋を渡る

この川は川幅が広く、河川敷にはゴルフ場もある

渡り終えると、すぐに西林寺の山門が見えてくる、石の橋を渡り山門をくぐると

同宿のお遍路さんがすでに納経所の開く7:00になるのを待っていた

 

<49浄土寺>

通りを反対側に渡り、迷うこともない道をしばらく歩き線路を渡れば

目の前に山門が見える、浄土寺だ、長い信号を待って渡り    

0492015c00149dscn2891←49浄土寺

 いつものようにザックや杖を

 近くのベンチに置いて  

 参拝の準備をする。

(70番台の札所を過ぎると、納経帳を盗む不心得者がいるので

 注意するようにと言われているが、ついつい同じようにベンチに置きっぱなしに

 してしまう、自己責任ですから、盗まれても仕方ない)

本堂・大師堂と順番に参拝を済ませ、納経所に向かい、

ご朱印を頂き、その後、境内を見せて頂きます

その時に写真を撮ったりしますが、見て回るだけで、

撮るのを忘れることも多いです。

カメラを構えるのが面倒なのかもしれません

 

<50繁多寺>   

50dscn2894←50繁多寺

  人家の間を抜けお墓を間を通り抜けて、坂道を上り  

  池の間を通って繁多寺の山門に藤棚の向こうの

  ひろがる松山市街の景色を楽しんでからお参りをする

 

<51石手寺>

しばらく住宅地を右に左に曲がりながら判りにくい道を

遍路シールに助けられながら歩く、遍路シールを貼ってくれた先人に感謝

石手寺の手前で表通りに出てくると急に賑やかになる

510662013c003510952013c00351122201351c003←51石手寺

衛門三郎の石像が迎えて

くれる、石畳の回廊を抜け

二王門をくぐり本堂へ

帰りには毎回、名物の「やきもち」を食べる。今回も同じように食べました。

これで今日の遍路の半分が終わったような気になる

ここにも寄らなければ松山に来た感じがしないので、行ってみました  

spa道後温泉>

5152dscn29035152150531_1029dscn4448←左:道後温泉本館を横から

←右:道後温泉駅

  坊ちゃん列車は停まってませんでした

 

 

アーケード街を抜けて、コンビニに寄り飲み物などを買ってから

毎回休憩場所に選んでいる一草庵へ向かいます

<一草庵>   種田山頭火ゆかりの地  

5152dscn29165152150531_1111dscn445451522015001   

 

 

 

 

 

   一草庵全景   一草庵内部     パンフレット

一草庵は私にとっては行かなければならないところです

山頭火は知らなくても

「分け入っても分け入っても青い山」や

「鉄鉢の中へも霰」

「春風鉢の子一つ」等の句をどこかで聞いたことのある人はいると思います

これから種田山頭火所縁の地「一草庵」は心休まる場所です

休憩所で少し早いお昼を済ませたころ、

「庵の中にどうぞ」ボランティアの人に誘われ、

初めて中に入ることが出来ました(土日は開いているそうです)

お茶を飲みながらボランティアの方としばらくお話をしました貴重な時間でした、

立ち上がって窓の外をのぞけば木の間から遠くに松山城がみえます

山頭火さんは温泉に行ったり松山城に上ったりしたのでしょう

道後温泉(歩いて20分)にもげた履いて行ったのでしょうね

松山は俳句の町でそこここに、俳句の投書箱が置かれている

正岡子規・高浜虚子・河東碧梧洞・・・・・等々の俳人が出ている

種田山頭火は松山出身ではないが、死に場所である

友人が飲んでいる隣の部屋で、コロリ往生したと言われている

(追記8/12 22時半頃)

5152dscn29135152dscn29145152dscn29175152dscn2918   

 

 

 

 

 

 

 

「一草庵」の庭に建てられた句碑を追加しました。

 

 

 

<52太山寺>

疎水に沿って ロシア人墓地をちらっと見て、1時間ちょっと歩けば   

52123201352c00352dscn2925←52太山寺一の門

←太山寺本堂

  広い境内と立派な本堂の

  ある太山寺に着きます、

ここまでくれば今日のお遍路も終わったようなものです。

一の門をくぐり、参道を抜け、山門をくぐり歩いていると

右側に「もりもりもりあがる雲へあゆむ」の句碑が見えてきます

                                     
52dscn293152150531_1343dscn446452150531_1326dscn4461←大日如来

←山頭火句碑

←閻魔様  

 

 

 

 

左から

本堂前の階段下にある大日如来の石仏

参道にある山頭火の 「もりもりもりあがる雲へあゆむ」 の句碑

これも面白い絵だと思って写してみました「地獄図より閻魔大王」裁きの図

 

<53円明寺>

山門から2km位で今日の最後の札所53円明寺に着きます

53dscn293453円明寺の八脚門 

  ここで2人組のアメリカ人に出会いました

  すでに40日程、野宿しながら歩いているとか

  これから30日くらいかけて、四国を一周するそうです

「えっ!全部で70日?}と思わず聞き返しました。

持っていたパンや飴玉をお接待し、またどこかでと手を振って

別れましたが、その後結願まで会うことはありませんでした

 

今日の宿は、円明寺の目の前です

この辺りで泊まったことのある宿         ↓いくら歩けばよいか

・伊予路・・・廃業                  

・民宿四国・・・JR堀江近く・隣がコンビニ    +2.5km

・民宿上松・・・札所近接                              +0

元気のいい人は伊予北条まで歩くそうです  +11Km

  ここまで歩くと、伊予の鯛めしが出ると言う旅館があるそうです

  (宇和島にも鯛めしがあります)

|

« 三坂峠越 | トップページ | 菊間鬼瓦 »

遍路」カテゴリの記事

コメント

今日はまた、盛りだくさんの行程ですね!
 宿→卍別格文殊院→卍札始大師→48西林寺で
>同宿のお遍路さんがすでに納経所の開く7:00になるのを待っていた
という事は、房州やさんも7時前に西林寺にいたのですね!
何時に宿を出たのでしょうか?
松山は札所が、かたまってあるのですね!

道後温泉は部屋を借りて、のんびり寝転がってお饅頭を食べてお茶を飲みましたか?(そんな時間は無かったのでしょうか?)
昔、良くあんな何階建てのお風呂を作ったもんですね!

投稿: 閑おじ | 2015年8月12日 (水) 11時44分

spa閑おじさん

沢山札所を回ることが出来るベスト4は
01~11番:30Km強 11ケ寺
46~53番:30Km弱  8ケ寺
71~78番:40Km弱  8ケ寺
13~19番:40Km弱  7ケ寺
  
>7時前に西林寺にいたのですね

 7時頃着いたのですが、同宿の遍路さんは
 のんびり休んでいました 
 宿から5Km程度ですし、慣れた道ですから

>道後温泉は

 初めての時は、入浴し、見学もしました
 最近は「子規会館」「一草庵」等で
 休む方を選んでいます。

明日は北条~風早~菊間~今治まで40Km弱歩きます。
残り10日になりました。

投稿: 房州や | 2015年8月12日 (水) 12時41分


sunhappy01

「一草庵」思ったより新しい。
カソ村の「草庵」よりも立派です。
立て直したのでしょう?
房州やさんはここで当然1句詠んだのでしょう。
追記で披露しましょう。

お遍路はパスしても「一草庵」と「道後温泉」には
行きたいなぁ。

カソ村の「草庵」には昨日から親戚の家族がやってきて
にぎやかというより五月蝿いのです。angry

投稿: aboo-kai | 2015年8月12日 (水) 20時01分

spaaboo-kaiさん

賑やかなお盆になるようで何よりです

コロリ往生した当時とは間取りが
違うようですが、一応、コロリ往生したであろう
場所でごろり寝ころんでみました。
これでコロリ往生間違いなしです

俳句は浮かびませんでしたので
庭にあった句碑の写真を追加しておきましたので
読めないかもしれせんので
じっくりゆっくりご鑑賞ください

投稿: 房州や | 2015年8月12日 (水) 22時25分

追加した一草庵の句碑は立派ですね 読めるのは1句だけ。

cloudsprinkle


>コロリ往生したであろう
 場所でごろり寝ころんでみました。

一眠りはしませんでしたか うっかり寝ちゃうと
コロリ往生しちゃうらしいですよ。
ボランテアの人は言いませんでしたか 本当に寝ては
ダメだと。

「地獄図より閻魔大王」はドラえもんかと思いましたよ。
拡大したらたしかに閻魔さん。

きょうは雨になる予報だったので、朝7時から海岸を
ウオーキング。涼しいと思ったが歩き始めたら蒸し暑い。

投稿: aboo-kai | 2015年8月13日 (木) 13時00分

spaaboo-kaiさん

庭の句碑  多分ですが
・春風の鉢の子一つ
・鉄鉢の中へも霰
・濁れる水のながれつつ澄む
・一洵君に  おちついて死ねさうな草枯るる

あと2~3はあったのですが
写真にはしていません


襖の向こうで酒を酌む賑やかな声が聞こえるつもり
一人横になってsleepysleepy
やってみたくなりませんか?


地獄図は3部構成で
釈迦来迎図・閻魔裁きの図・地獄景色図になってます
時々見かけるのですが、これが一番はっきりしていると思います

是非お出かけになり、実物をご覧ください
温泉にも入れます

投稿: 房州や | 2015年8月13日 (木) 13時37分

一草庵は道後温泉の近くなんですねぇ
知らんかった……行きゃよかった。
子規堂でしたっけ子規庵でしたっけは高校の時
行きました。

道後温泉駅で坊ちゃん列車の線路切った文鎮買いました。何処いったやろ?

投稿: 章魚庵 | 2015年8月14日 (金) 16時54分

spa章魚庵さん

>子規堂でしたっけ子規庵

 子規堂はいよて伊予鉄松山市駅の近くにあり
  (道後温泉からは大分離れています)
 子規記念博物館は道後公園にあります
   (湯築城跡の公園:調べました)
 夏目漱石の下宿先(愚陀佛庵)は大街道の近くです

>道後温泉駅で

 文鎮を買うとは昔の少年は偉い、今は
 カラクリ時計を見る人や足湯に入る人で
 いつも賑わっています。
 

初めての遍路の時、靴(スポーツ用品店)を探しに松山市内をうろうろしたことがあります
うろついたことがあります

投稿: 房州や | 2015年8月14日 (金) 22時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 三坂峠越 | トップページ | 菊間鬼瓦 »