« 丸亀坂出 | トップページ | 源平合戦 »

2015年8月28日 (金)

十九丁道

5回目の通し歩き遍路旅・四国八十八ケ所

33日目(2015年6月8日(月))

行程   坂出→79天皇寺→80国分寺→

          81白峯寺→(十九丁)→82根香寺→83一宮寺→宿

 

坂出駅近くの宿から、次の札所79天皇寺まではわずか3km程しかない

前回は、この道を歩くときには朝から雨が降っていて、雨具をつけて歩いた

今度はいかにも雨が降りそうな空の下を歩く、天気も巡り合わせなのか

テレビでも時々取り上げられているのでご存知かと思いますが

開店前の「ところてん」で有名な八十場の水の横を通り、

白峰宮の裏から失礼する。

 

<79天皇寺>

お参りをして納経の時間まで境内をぶらぶら歩いて時間をつぶす

79138201379c003792015(←79天皇寺の鳥居)

 この三体の鳥居の合体したものは

 納経所で聞くと他にも何か所か

あるようですが、かなり珍しいそうです

(思い出して彫って後から写真を見ると記憶の違いがはっきりします)

1時間ちょっとで次の札所に行けるのだが、

川沿いの道は自動車の通りがかなり激しいうえ、かなり飛ばしている

おまけに歩道がないので気を使いながら歩かなければならない

 

<80国分寺>

国分寺は、どこも広大な敷地を有している  

松の並木の向こうに本堂が、残念ですが鐘は撞けません

80dscn3061(←80国分寺境内、正面は本堂)

 大師堂と納経所が同じ建屋の中に在る

 いつものように納経の後はぐるっと

 境内の中の建物や石仏を見ながら一回り

もう一度、山門で挨拶をして、山を越えるため登山口に向かう

 

↓ 遠くに見えた山、これは多分飯野山(讃岐冨士)とは違う山

0802015c003 だろうが、いかにも讃岐平野に似合う山の形だ

すぐにでも雨が降ってきそうな空模様の中

山登りを日課にしている地元の人に出会う

毎日の日課だからと言い、傘もしっかり持っている

途中で出会った地元の人が、山の中に自生している枇杷を

勝手にもいで、「はい、食べなさいよ」と渡してくれた。

小さくて甘くはないが、すっきりとした味だ、口の中がさっぱりする

一本松からしばらく舗装道路を、その後は自衛隊の演習地沿いに歩き

最後に山の遍路道に入り歩く、

 

<81白峯寺>

81dscn3065(←81白峯寺入り口)

  階段を上がり、正面の本堂、右手の大師堂に

  お参りを済ませて、下りは途中にある

  十二支に関係ある仏さんを奉ったお堂を巡る

下って来て納経所前のベンチに座り、かなり早いが食べられる時に

食べるのが私の流儀なのでお昼にする。

食べ終わり新しくなったトイレを利用し、再び来た道を途中まで引き返し

山中の遍路道「十九丁」経由で根香寺に向かう、この道は

木々に囲まれ道もしっかりしているので歩き易い遍路道だ

案内板や自然や動植物の説明板を読むのも楽しい。

 

<途中でオランダ人に出会う>

大きなザックを背負った大きな男の人が上ってくる

「やあ!」と手を挙げて、呼び止める、迷惑かも知れないが

「どこの国から来たの」、「何日くらい歩いているの」、「野宿ですか」等々

くらいしか話は出来ない、(何故なら彼は日本語は話せない、

英語ならOKと言うが、私は英語が話せない)、最後に「気をつけて」と言い

じゃまたどこかでとお別れする、いつものパターンだ

(会話として成り立っているかどうかは不明です)

 

<82根香寺>

82dscn307282dscn3074(←82根香寺、右:本堂)

 駐車場から一旦下って

 石畳の参道を歩く

 この道の両端には

紅葉が沢山植えられている

春の芽生え、初夏の緑、秋の紅葉と

季節を楽しめる道なのでしょう。これも見て行って欲しいのですが

82139201382c003822015_2根香寺駐車場横に牛鬼がいますが

大きな像なのに目立たないので、

見過ごしてしまう人が

多いのではないでしょうか

山門を出たら、駐車場の右奥を見てください

大きな牛鬼があなたを見ているはずです

 

<再会>

83150608_162101一宮寺に向かう下りの道は讃岐平野が見渡され

見晴らしは良いのですが、慣れてくると景色の変らない

かなり退屈な道になってきます、そんな道を歩いていると

一台の軽自動車が歩いている私の横に停まった

運転席からニコニコ顔でこちらを覗く顔は

あの「讃岐三豊のヘンロ」さんでした

40観自在寺の手前で別れたきりでの素敵な笑顔の懐かしいあの顔です。

↑この遍路の人形を頂きました(奥様の手作りだそうです)

ある人のブログに私のことが記事になっていたのを見つけて

今日はこの辺りだろうと、探してくれたそうです

    ありがとうございました    今日はとてもよい日です

 

<思わぬ通行止め>

いつものように鬼無駅の近くの個人設立の休憩所で一休みして、

歩き始めると、ポツリポツリと雨が降りだしました、

本降りにならなきゃいいのにと思いながら歩いて、

沈下橋まで来てみると、なんと工事中で通行止めです

このまま河川敷を歩くか、通行止めの先に出て歩くか決めなければなりません

河川敷で濡れるか、街中で濡れるかの選択です

途中で休める場所のある街中を歩くことに決め、

本降りになった雨の中、無事一宮寺の到着しました

 

<83一宮寺>

83dscn30760832015c003_2(←83一宮寺本堂)

 びしょ濡れになっているので 

 山門から入り直すのを省略

 鐘つきを省略、灯明・線香を省略

お参りしました、心の広いご本尊さんはきっとお許し下さるでしょう

雨の中、勝手にこんなこと思いつつ参拝

 

<今日の宿はスーパー銭湯>

今日の宿はここから500m程先の「天然温泉きらら」

いわゆるスーパー銭湯というやつです、ありがたいことに宿泊施設付です

レストランもあるのですが、雨の中行き来するのが面倒なので

コンビニで夕食と朝食を買ってからチェックインしました。

部屋に入り、まずは雨と汗で濡れた体にシャワーを浴び、

洗濯機に洗濯物を放り込んでから、

「天然温泉きらら」へ傘さして行き

洗い終わる時間を見計らって雨の中を戻ります

もちろん、お風呂上りにコーヒー牛乳を飲むのは忘れていません

雨の止むのを祈りつつ今日も早寝です。

No.1179

|

« 丸亀坂出 | トップページ | 源平合戦 »

遍路」カテゴリの記事

コメント

「ホエアー アーユー カムフロム?」
「フロム ダッジ」
「オ~!」
「ハウメニーデイズ アーユー ウオーク?」
「○○デイズ」
「オー!」
「ホームレス ジャーニー?」
「イエス!」
「テイク ア ランチ?」
「ノー!」
「ハブ ア ナイス トリップ!」
「シー ユー アゲイン!」

こんな感じだったんでしょうか?

投稿: 閑おじ | 2015年8月28日 (金) 10時10分

coldsweats01閑おじさん
  
日 「はあい!」
日 「どちらから来ましたか?」
蘭 「・・・・?」
日 「ほえあー あー ゆう かむ ふろむ?」
蘭 「from Netherlands」 (ダッチとは言わなかったです)
日 「お~! オランダですか?」
蘭 「wobbly?? yes!」
日 「もうすぐ終わりですね?」
蘭 「despair?」
日 「はうめにいでいず どうゆう うぉーく?」
蘭 「Umm ○○days」 (少し考えてから)
蘭 「speek english?」
日 「あ りとる」
蘭 「gawk」 
日 「すりーぷ ばい てんと? おあ おーぷん えあー?」
蘭 「by tent!」
日 「へえー!」
日 「ほえあー あー ゆう ごーいんぐ つでい?」
蘭 「takamatsu」
 
  ・・・・・
  ・略・・・
  ・・・・・ 

(この間に他の遍路さんが通り過ぎる)

>こんな感じだったんでしょうか

 そうです、殆ど、こんな感じです

夏休みの宿題
※かな文を英語文にしましょう

投稿: 房州や | 2015年8月28日 (金) 10時52分

あはははは おもしろいコメントです

◎俳句みたいなもの5句↑

・トコロテン食べずに向かう天皇寺

・天皇寺三体合体の鳥居あり

・夏近し遍路がひとり飯野山

・オランダ人のお遍路とはずむ英会話

・スターウオーズに出ていたような牛鬼かな

きょうから4日間、東急ハンズの年に一度の
バーゲン祭。掘り出し物を探しにこれから
新宿東急ハンズに行ってきます。

投稿: aboo-kai | 2015年8月28日 (金) 10時57分

「テンノウジ ハ テンノウケ ト カンケイアリマスカ?」
「トリイ ハ ジンジャト ナライマシタ」
「ココハ ジンジャ?デスカ?」
「シンブツコンコウ?ナンデスカ?」
「ニホン ムツカシイ デス」

「ヒルナノデ ウドンデモ タベタ~イデス!」

投稿: 章魚庵 | 2015年8月28日 (金) 11時56分

coldsweats01aboo-kaiさん

・ところてん通り過ぎるだけ五度目の遍路
・寺も神社も何でも合体天皇寺
・讃岐路にポトンと落ちた飯野山
・行ったり来たり会話も弾む山遍路
・根香寺や牛鬼は立って紅葉狩り

ハンズバーゲンでよい掘り出し物を
採掘出来ますように
戦利品の報告を楽しみにしています

投稿: 房州や | 2015年8月28日 (金) 12時10分

coldsweats01章魚庵さん

>テンノウジ

 元々お寺が先にあって
 八十場の湧水と崇徳天皇が
 何らかの縁があったようで
 境内に白峰宮(崇徳天皇社)が建てられた?
 八十場の水の由来に書いてあったような
 三本鳥居の正面に見えるのがその白峰宮です
 でも、何故3本何でしょうか?
 (これは納経所の人に聞かなかった)

 この寺には山門がなく、三本鳥居が
 山門の代りじゃないですか

>ウドンデモ タベタ~イデス

 讃岐に来たなら「うどん」食べなきゃなりません
 歩いているとうどん屋さんは 沢山あるのですが
 お昼時に出会いません

 章魚庵家の今日のお昼はうどんですか
 

投稿: 房州や | 2015年8月28日 (金) 12時22分

「ダッヂ」「ヤンキー」「ジャップ」「ニガー」「シナチャンコロ」「チョン」全部相手をバカにした蔑称ですから、自分では言わないですよね!

うどん県はお稲荷さんを一緒に食べますよね!
釜揚げ、釜玉が好きです!
鍋焼きうどんも好きです!(讃岐では食べませんでしたが)

投稿: 閑おじ | 2015年8月28日 (金) 12時50分

coldsweats01閑おじさん

FW岡崎に「×××」とか言って
罰金と出場停止になったサッカー選手がいました

海外では「チン?」「コリア?」とか聞かれます
失礼な奴め!と思いますが、無視してます。
  
宿で出されるうどんは「ざるうどん」だったり
「釜揚げうどん風」だったりとシンプルなものが多いようです
セルフうどんではトッピングの数の多さと
ボリュームに圧倒されてしまいます。

88大窪寺の門前に八十八庵があり
結願した人がここでうどんを食べてから
国に帰るそうです。

投稿: 房州や | 2015年8月28日 (金) 13時49分

讃岐平野に讃岐富士のような山。
目に浮かびます。
高松に行ったとき、山の形がぽこっとしているのが印象的でした。
毎日がっつりした山ばかり見ていると、丘のような可愛い山はほんとに珍しかったです。

オランダの方と出会ったり、以前あったお遍路仲間が追いかけてきてくれたり、地元の方が山の枇杷をもいでくれるシーンなんて、まるで旅行番組みたい!

投稿: mimi | 2015年8月30日 (日) 01時28分

coldsweats01mimiさん

>讃岐富士のような山。

 讃岐の山と言えば
 このポコッとした形の山ですね
 小さいのも少し大きいのも可愛いですね

>まるで旅行番組みたい

 ・出会った外人さんの多くは野宿orテントでした
 「困ってることない?」とか聞いて、非常食や行動食のお接待をしています
 ・「讃岐三豊のヘンロ」さんは、今回の遍路の最大の贈り物です
 ・枇杷接待は「本当はいけないんでしょうけど」と
  言いながらもいでくれました

  遍路も終わりに近づいたので、四国からの
  プレゼントがまとまって来たのでしょう
  おまけに工事中のプレゼントまで頂きました

投稿: 房州や | 2015年8月30日 (日) 08時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 丸亀坂出 | トップページ | 源平合戦 »