« 大洲町並 | トップページ | 久万高原 »

2015年8月 6日 (木)

内子散策

5回目の通し歩き遍路・四国八十八ケ所

22日目(2015年5月28日(木))   

 

行程  宿(大洲)→卍別格十夜が橋→内子宿

          道の駅→大瀬→卍千人宿大師→宿

今日は天気も良さそうだし余裕のある行程なので、

のんびりと遍路と物見遊山を楽しめる一日だ。

同宿のお遍路さんと二人で一緒に朝食の後、

まだ支度に時間が掛るとのことなので 「では宿で」と言って先に歩き出す。

<十夜が橋>   

最初の目的地は別格⑧十夜が橋だ(↓) 

4344150528_0709dscn4362_2橋の欄干にもお大師さんが橋の下で

寝ている姿が現されている

ここだけしか使えない特注品だ

↓ 橋の下で寝ている空海さんのお姿です         左から

4344dscn28654344155201344c00343442015c001←写真

←石印

←小枝印

 

 

橋の下でお姿を拝見した後 、再びR56に出て、1km程歩いたところにある

交番の前の3差路を左に行くと新谷の街中を抜ける遍路道になる

帝京5高の前を通り、遍路休憩所神南堂にぶつかると

再び、R56に戻り坂道を歩く、頂上の少し手前から(五十崎駅の手前)

今度は里山の遍路道に入り、内子運動公園を経て、内子駅に出てくる

<内子散策>

時間はたっぷりあるので、今回ものんびりと内子の町を散歩しよう

43442015003  ←  内子の街中の地図

  まず案内書で地図を手に入れよう

   右下のチケットで

   3ケ所の見学ができる

   ・内子座

   ・商いと暮らし博物館

   ・木蝋資料館上芳我邸

   個別に買えば1100円

   セットでは    900円

 

       200円のお得です

4344150528_0926dscn4376  ← 現役の芝居小屋 「内子座」の

    舞台です、回り舞台あり

    セリあり、歌舞伎・浄瑠璃等々が

    演じられるとのことでした  

      (四国には金丸座・内子座と芝居小屋が残っています)

4344150528_0959dscn4388    ← 街中にある土蔵

      町の雰囲気にあった

     ちょっとやり過ぎの感じもあるが

     町おこし・観光立県を考えれば

     致し方ないことか

古い物・古い文化を大事にすることは大切なことだから

                 一番気に入ったのが

4344150528_1041dscn4403_2   ←町並から少し外れた場所ですが

    「旭館」という名の映画館です

    拡大してみると、面白いと

    思います。映画館の名前も良いでしょう

43442015       ← 旭館正面

    ポスターをじっくり見ると

    それなりにおもしろい

 

失礼だけど、この山の中の小さな町にこんな文化があったのは

素晴らしいことだと思います

今回は美味しい稲荷ずしは買いませんでした。

<道の駅で>   

お昼をのんびり過ごすために、道の駅に寄りました

お昼を食べていると、自転車でツーリング中の人と仲良くなり

しばらく話し込みました、遍路の話とか・愛媛はサイクリングの県だとか

自転車の話・退職後に本格的にサイクリングを始めたとか・

道路に青ペンキが塗られ距離が記されている話とか・・・・・・・・・

(自転車に乗りたくなります、自転車遍路はしたくはなりませんが)

(のんびりと地元の人やお遍路さんと話をする時間のもてる歩き遍路は良いものです)

そんな話をしているところに、宿で一緒だったお遍路さんがやってきました

一緒と誘いましたが、レストランで食事をするとかで行ってしまいました。

まあ、いいか、どうせ今夜も同じ宿だし、また話をゆっくり出来る

<今日の宿>

宿までの道の横を流れているのは「小田川」で、鮎がキラキラッと

光っているのが良く見えます。

43442015001_2今日の宿「来楽苦」は今回で5度目になります

豆腐や湯葉料理の美味しい宿です

notes人生、楽ありゃ苦もあるさ notesだそうです

 

 

1日目からご覧になりたい人は   カテゴリー 「遍路」 で検索してください

数日分であれば  ブログ名の 「遊び印の房州や」をクリックしてください  

|

« 大洲町並 | トップページ | 久万高原 »

遍路」カテゴリの記事

コメント

「内子座」は行ってみたいですね!以前金丸座で金比羅歌舞伎を観ました。
桟敷が狭くて窮屈でしたが、面白かったです。

レトロな町並みですね!
昔、何か産業が有ったのですかね?お金と人が集まらなければ劇場は出来ないので、何かあったのでしょうね!

大正時代の初めだから、100年位前の建物ですね。

投稿: 閑おじ | 2015年8月 6日 (木) 12時13分

japanesetea閑おじさん

松山と大洲を結ぶ街道沿いにある
古い町で、木蝋で栄えた町です
内子座は2016年には創建100周年になるそうです。
十数名の発起人が資金を集め
大正5年に落成式が行われ、
歌舞伎・人形芝居・演説会等々が行われ
今は内子町が管理しています
今でも、たしか年間数十日を芝居等に利用され
600人位入ることが出来ます
枡席の仕切り棒を外せばもっと多く収容
出来ると言ってました。

投稿: 房州や | 2015年8月 6日 (木) 16時44分

あんまり暑いのでコメントも出来ず
しばらくの間見て帰るだけになっておりました。
いや、ほんとダレテます……

内子の町並みは歩いたはずなんですが

内子座も旭館も行ったことないです。

旭館懐かしい風情、よく残しましたねぇ。
うちの田舎にもこんな劇場が
二軒もあったんですけどね昔は……

投稿: 章魚庵 | 2015年8月 6日 (木) 17時03分

japanesetea章魚庵さん

昔はちょっとした町には
二つ三つの映画館がありました
隣町にはちょっと前までは
昔からの小さな映画館があり
やくざ映画や子供映画をやってました
今はなんとかモールに綺麗な映画館が
出来てます

映画館では時々、芝居一座がやって来て
歌謡ショーや時代劇をやっていたのを覚えています
切符売り場の横の売店でお菓子を買って食べてました

それにしても暑い日が続きます
それにしても鹿実は点の取り過ぎです

投稿: 房州や | 2015年8月 6日 (木) 20時08分


sunsunsun
コメントを書いたつもりが書いてない!
猛暑のセイかボケのセイ。
橋の下は涼しいでしょね空海さん。でも
ヤブ蚊に喰われそう。

思わず描いてみたくなる「旭館」という名の映画館。
房州やさんなら彫ってみたくなる映画館。

高校生は元気です、猛暑のなかで野球する。
   

投稿: aboo-kai | 2015年8月 7日 (金) 07時40分

japaneseteaaboo-kaiさん

橋の下、川には鯉がうじゃうじゃ泳いでます
川岸には草が茂ってます
きっと蚊も夜になるとぶんぶん飛んでいます
蚊に血をあげるのも修行ですと
空海さんなら言うでしょう

下町百軒に続く内子百軒を描きましょう
探さなくても、そこらじゅう、昔の香りの
家ばかりです

投稿: 房州や | 2015年8月 7日 (金) 10時29分

金丸座は私も行きました。
今度は内子座だな!

映画館、味がありますね。
今は使っていないのかな?
上越にも100年を越える映画館「高田世界館」があるのですよ。
数年前にNPO法人が買い上げて、今でも現役の施設です。天井がすばらしいの。寄せ木細工で作られているんです。
来月、ここで「岡林信康さん」のライブを行います。きっといいライブになるはずです。

投稿: mimi | 2015年8月 8日 (土) 01時55分

japaneseteamimiさん

残念ですが、旭館は閉館です

>100年を越える映画館「高田世界館」

  古い物を生きたまま残したいものですね

>「岡林信康」

  山谷ブルース・友よ・・・
  フォークの神さまがライブですか

投稿: 房州や | 2015年8月 8日 (土) 08時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大洲町並 | トップページ | 久万高原 »