« 足摺大岐 | トップページ | 三原経由 »

2015年7月27日 (月)

足摺往復

5回目の通し歩き遍路旅・四国八十八ケ所

17日目(2015年5月23日()) 

 

 

行程   大岐⇔以布利⇔窪津⇔足摺    約34Km

 

 

朝食は1階の食堂で、食べ終わると、

ご主人がお接待ですとおにぎりを渡してくれた

今日の荷物はhoboのチェストバッグ・菅笠・金剛杖にストック1本

身は軽いので、足の進みも良い感じだ。

 

小学校の先を左に曲がり、元民宿旅路の先で道案内の石標に従い  

以布利港まで降りて、海岸から小川を渡り遍路道に入る。

何年前のことか、民宿旅路のお母さんに案内された道だ。

37382015_21~2度舗装道路に出て、また遍路道に入る。

ほとんど陽の射さない道を歩く

清水港への分かれ道の先からは、海岸線を歩く

いつも覗き込んでいる窪津の手前の鰹節工場は

いぶした煙の臭いと生魚の臭いだけがするが、

工場には今日は誰もいない、シーンとしてる

(ニュース:窪津漁港の端っこにトイレが設置されていて誰でもが

      利用することができるが遍路道からは遠い。

      (道路を歩く人には便利))

ここ窪津でも「くじらウォッチング」の観光船がでている

土佐の高知は歌の通り鯨の国だ

橋を渡って右に急な遍路道があり崖にへばりついた道を登る(上るではない)

お婆ちゃんが歩行車を押しながら登っていた、「大変だよーー」と

言って「にこっ」とした。

これから先は、ちょこちょこと短い遍路道がでてくるが、

面倒なので舗装道路を歩いていく

残り2~3Kmの先辺りから海が良く見えてきて、

いよいよ足摺岬も近いことを教えてくれる。

足摺岬の1km程手前から亜熱帯植物のジャングルになる、

南国の雰囲気たっぷりの道を歩いて行くと、

海向って中浜万次郎(ジョン万次郎)の大きな像が迎えてくれる

385dscn2827_220m位先が今日の目的地38番金剛福寺だ

大きくて立派なお寺だ、伝説にも事欠かない

山門をくぐると大師を背中に乗せて海を渡った

であろう亀の石像がある

382015(追加)頭をなでると運が開けると大師亀

 かつてはここから小舟に乗って、帰らぬ覚悟で

何も持たずに南海に出かける「補陀洛渡海」が

僧行として行われていたといいます

384dscn28343842015c001本堂も大師堂も大きな池も

みな立派なものです

参拝を終えたら、

今日は洞門等の名所めぐりを

せずに、展望台行った後は、灯台と向かい合う天狗の鼻に

亜熱帯ジャングルの中を歩き、灯台と濃い紺色の海を見ながら

のんびりすることにした。

少し早いお昼になるが、お接待のおにぎりを食べ、灯台の写真も撮り、

誰も来ないので、靴を脱いで横になることにした。

<<金剛福寺でみつけた石仏>>

気持ちの良い時間を過ごすことが出来た。38150523_0940dscn4330

境内で見つけた石仏、千手観音さんでしょうか

良いお顔をしていたので撮らせて頂きました。

時々、素敵なお顔の石仏に出会うことがあります

これもお遍路の出会いの一つでしょうか

 

 

のんびりとした時間を過ごした後は来た道を引き返す

今日もまた、早めに宿にもどり、風呂に入り洗濯を済ませ、

海からの風を部屋いっぱいに入れ、ごろんと横になり、

のんびりとした時間を過ごすことが出来た。

今晩は全部で3人と聞かされた、楽しみにしていると、

一人は山茶花とうみがめ荘で一緒だった岡山の人

もう一人は、電動自転車で遍路している初めて会った人

一人じゃないのも久し振りで食事中に話に花が咲く、

やはり夕食は一人じゃないほうが楽しい

 

連泊で「大岐マリン」

 

1日目からご覧になりたい人は   カテゴリー 「遍路」 で検索してください

数日分であれば  ブログ名の 「遊び印の房州や」をクリックしてください  

|

« 足摺大岐 | トップページ | 三原経由 »

遍路」カテゴリの記事

コメント

足摺岬は行った事があります。
ジョン万像も灯台も見ました。
椿のトンネルのような所を通った記憶が・・・

弘法大師を乗せた亀も見ました!(亀に乗った弘法大師なのでしょうか?)

私の場合は、観光バスでビールを飲みながら・・・という、全くの「観光客」で、宗教心とか信仰心とか無縁の旅行でしたので・・・

中村では、前日の雨で濁った四万十川を船で観光し、鮎料理を食べてビールを飲んだ記憶が・・・

投稿: 閑おじ | 2015年7月27日 (月) 09時29分

fish閑おじさん

*大師亀の写真載せました(これだったでしょうか?)

>無縁の旅行でしたので・
  同様の歩き旅です
  いや、全くの歩き物見遊山です
  熱心なお遍路さんには申し訳ないです

>中村では
  今の四万十市ですね
  屋形船に乗りましたね 
  鮎は勿論天然の鰻も食べさせてくれるそうです
  
  足摺岬・室戸岬・・岬の先、海の向こうに
  何かいいことがあるように思えたのでしょう
  空海さんも、一般の人も

投稿: 房州や | 2015年7月27日 (月) 11時28分


sunriceball
お遍路は観光バスがいい
電動自転車もいい
歩かないお遍路もいいかも。

観光船でくじらウォッチング」をしてみたい
「ジョン万次郎」の像も見てみたい
大師亀の頭をなでてみたい

>誰も来ないので、靴を脱いで横になることにした
これはいけません お遍路さんだ熱中症で倒れている
と間違えられます

いちも早めに宿に入り 海を見ながらビール飲んで
いますよねbeer

投稿: aboo-kai | 2015年7月27日 (月) 16時40分

fishaboo-kaiさん

>お遍路は観光バスがいい

 お遍路の足で一番多いのは
 バスなのか自家用車なのか判りませんが
 団体バスのお遍路さんは大勢います
 結構楽しそうですよ
 バスに乗っても結構歩かされますよ
 階段も多いですよ、それでも私よりお年寄りの
 方が大勢バスでやってきます

>くじらウォッチング」をしてみたい

 土佐の港のあちこちにホエールウォッチングの
 看板が出ています
 専属の鯨グループがいるのかもしれません

>海を見ながらビール飲んで

 毎日毎日飲んでいるわけではありません
 飲まない日が少ないだけです
 一日の区切りをつける儀式のようなものです
 切替をするのは大切なことですから
  
だんだん行く気になってきましたね
今年の秋にしましょう
10月になったら出発しましょう

投稿: 房州や | 2015年7月27日 (月) 17時17分


typhoonsun

台風の後にはいい流木が撮れます。
12号台風期待したのですがコースがずれました。
薬もなくなったし、用事も出来たので一度暑い東京に
帰ります。

すぐに戻る予定ですので冷蔵庫の食料はそのままで帰ります。
留守中にバイクできても大した食料は入っていませんよ。
ビールは痛風に悪いので入っていません。
以上お知らせまで。happy01

投稿: aboo-kai | 2015年7月28日 (火) 09時10分

亀はこんなだったかな~?
上に弘法大師が乗っかっていたのを見たような・・・(他のお寺だったのでしょうか?)

投稿: 閑おじ | 2015年7月28日 (火) 10時22分

fishさん

今頃、酷暑のお江戸のタワーマンションの一室で
くつろいでいる頃かと思います

バイクで行ったのでは帰りに運転できませんので
電車で行くことにしましょう
まさか鍵を掛けてませんよね

投稿: 房州や | 2015年7月28日 (火) 18時04分

fish閑おじさん

そうですか、この亀ではありませんか
39番延光寺には赤亀がいますが
この亀は梵鐘を背中に乗せてます

補陀洛渡海伝説があるのは
室戸岬と足摺岬と那智だと聞いていますが

那智には行きましたか?

投稿: 房州や | 2015年7月28日 (火) 18時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 足摺大岐 | トップページ | 三原経由 »