« 足摺往復 | トップページ | 松尾峠越 »

2015年7月29日 (水)

三原経由

5回目の通し歩き遍路旅・四国八十八ケ所

18日目(2015年5月24日()) 

 

行程   大岐→下ノ加江→三原→平田

 

今回は一番楽な道(多分)を選んだ、距離はあるが凸凹が少ない

支払いを済ませ、不要になった荷物の発送をお願いし

(お土産みたいなものを一緒に梱包しました)

0002015c003今日も、お接待のおにぎりを頂き

(このコースには食事を出来る場所が

殆どありませんから、助かります)

私が最初に宿をでて,

①下ノ加江から三原を通って延光寺を目指します

自転車遍路さんは、②真念道から三原→延光寺へと向かいます

もう一人の歩き遍路さんは、金剛福寺に行き近くで泊まるそうです

同じ宿に泊まって、

翌日はバラバラの方向に歩き始めることはあまりありません

大抵は同じ方向に向かって歩きます。

この3人は、遍路中に出会う機会は多分ないでしょう。

 

途中で自転車遍路さんに抜かれる、お互いに手を振ってさよならをする

386030c 久百々にさしかかった頃、

 「讃岐三豊のヘンロさん」が前を歩いている

 昨日の宿は以布利の海遊館近くだったそうな

 四阿はあるしトイレも水もある、良い場所だという

そんな話をしながら歩いていると、

 

向こうから、ふらふらに(見えた)なって

歩いている(いや、走っている???)人がやってくる、

話を聞くと、室戸の方から寝ずに足摺を目指して走っているとのこと

思わず「えーーーー!」それは凄い、

下ノ加江まで歩く間に2~3人と出会った。

世の中いろんなことをする面白いスーパーな人がいるものです。

※「土佐乃國横断遠足242km(室戸岬~足摺岬)」に参加した人達でした

   17名完走で トップは38時間30分だったそうです

 

讃岐さんと「先に」と言うので、「またどこかで」と声を掛け合って先に進む

下ノ加江から先には自販機も水汲み場所もないので、

早めに自販機で何かしらの水分を買う、これは大事なことです

0392015c002  綺麗な水の流れを何度か渡り、杉林の中の細い道を

  ひたすら歩く、じわじわ上っていくのがわかる

  自動車が全く来ない、そんな道にも 

  時々、蛇が死んでいるのを見つけ、そのたびにドキッとする

              蛙や百足が自動車に曳かれたのかぺっちゃんこになっている

0392015c001  1/3歩いたところにある竹内商店の前で、休憩をとる

 (ここまで自販機はありません、川にも降りられません)

  これは初めての遍路のときから変わらない

  おにぎりを一個だけ食べよう

一休みしたら、次の休憩ポイントは天満宮だそこには貴重な公衆トイレが

あるから、遍路でトイレの場所を聞いておくの知っておくのは大事なことです

山の中ではトイレはない、コンビニはない(雉を撃つのも緊急避難ならOKだが)

今回は宗賀〒で右折せずに、三原の特産物展示販売所を目指す、

行ってみると、小さなコンビニのようで地元物産販売所といった感じのお店でした

近所の人が買い物をしたり、休憩に使ったり、買ったものを、隣の部屋で

食べたりと利用しているようです、

私も残りのおにぎりをここで食べることにしました。

りっぱなトイレもあるので是非お寄りください。

(※展示している「高知の硯」の見事さに驚きました)

 

これから先は特に見たいものはなく、脇道もなく、R21を平田に向かって、

歩くだけです、休憩する場所も特になく、ただ歩くだけでした

 

早く、今日の宿に着きましたが、2km先の39延光寺への往復もせず

風呂に入り、洗濯をお願いし、麦酒を飲みながら明日の行程を考え

その後は、ごろごろして、夕食を待っていました(いつものパターンです)

2人のお遍路さんが到着し、3人での夕食になりました

028今日の宿

   鶴の家旅館:平田駅近くの旅館、札所近くの民宿等々ほかにもありますが

            なんとなく、ここが気に入ってます

今日のニュース

毎回宿にはいる前に買いものをしていた近所のスーパーが閉店していたこと

何故か今日の道には工事区間が多かったこと

日程を工夫しないと私には泊まることはないだろうが三原村に民宿が増えていたこと

珍しいことではありませんが、お遍路さんと一人だけしか会えなかったこと

山の中を抜ける道とはいえ商店が一軒も開いていない道だったこと

1日目からご覧になりたい人は   カテゴリー 「遍路」 で検索してください

数日分であれば  ブログ名の 「遊び印の房州や」をクリックしてください  

|

« 足摺往復 | トップページ | 松尾峠越 »

遍路」カテゴリの記事

コメント

房州やさん、次の目的は「土佐乃國横断遠足242km」
です。寝ずに走りましょう。房州やさんら出来ます。

トイレを我慢するのは体によくありません。
だれも見ていなかったらヤブの中に入って立ちションししょう。
ヘビには気をつけて。

昼食はおにぎり2コで足りますか 肉や野菜やみそ汁も
摂りましょう。

お遍路とは早めに宿にはいり風呂からあがってビール飲むこと、なり。
     spabeer

投稿: aboo-kai | 2015年7月29日 (水) 09時21分

runaboo-kaiさん

あんなに疲れ切った人を見たのは
これまで生きていた中で多分初めてです
超人?奇人?変人?でなければ出来ません
房州やは普通の人です

宿の食事をしっかり食べて
時々野菜ジュースを飲み
時々ヨーグルトも食べ
時々うどんやラーメンやカレーや定食も食べ
早めの宿でビールを飲んでいれば
大丈夫です。

遍路とは贅沢な物見遊山と見つけたり

投稿: 房州や | 2015年7月29日 (水) 11時44分

多分、「土佐乃國横断遠足242km(室戸岬~足摺岬)」の参加者に聞いたら「私はチョット大変な事をするのが好きな普通の人です!」と房州やさんの様にさりげなく答えるでしょう!

ちなみに私は「ただの普通の人」です!

投稿: 閑おじ | 2015年7月29日 (水) 14時30分

run閑おじさん

いえいえ
房州やこそ正真正銘の
どこにでもいる普通の人です

閑おじさんこそ
そん所そこらにいない
正真正銘の何処にもいない
変なおじさんではないかと思います

それにしても今日も暑い
猫の額ほどの庭に水を撒きました
暑いですねーー

投稿: 房州や | 2015年7月29日 (水) 17時29分

こちらに集う皆さんは、普通とはちょっと違う普通のふりした方達だと思いまーす。

あ、ちなみに私は正真正銘普通の人です。

投稿: mimi | 2015年7月31日 (金) 00時01分

runmimiさん

そうです
「ただの普通の人」
「正真正銘の普通の人」
「どこにでもいる普通の人」の
集まる場所です

変な人は一人もいません????????

投稿: 房州や | 2015年7月31日 (金) 08時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 足摺往復 | トップページ | 松尾峠越 »