« 歩道非道 | トップページ | 足摺大岐 »

2015年7月23日 (木)

海の王迎

第5回目の通し歩き遍路旅・四国八十八箇所

15日目(2015年5月21日(木)) 

 

行程  宿(窪川)→市野瀬→伊与喜→(熊井隧道)

         →(佐賀公園)→大方→宿(入野)

 

今日・明日は札所へ向かう道をただ歩きます(約80km)

宿の朝食には、自家用車で遍路している2組4人と一緒だった

彼らは38番金剛福寺のあと39番延光寺まで行けるかどうかの話を

大きな声でしている

3日目にようやく金剛福寺に参拝できる、私とは話がかみ合わない

身支度を整え、忘れ物をしていないか、もう一度部屋を指さし確認して宿を出る

忘れ物をしても、同じ道を戻る気にはならないから、毎回指さしやってます

 

しばらく行くと右手にコンビニがあり、お昼の用意をする

この後は、四国電力の資材置き場から山に向かう遍路道を歩くことになる

殆ど登らずに、直ぐに下りになる、トンネルの上で道を横切り下りになる

ドンドン下るので、どの高さにいるのか判らなくなるが歩き続ける

急にポンと飛び出したのが  R56沿いの自動車整備工場の横の広場

休憩場所とトイレが設置されている、佐賀温泉までもう少しの場所だ

                                    (赤字追記)

佐賀温泉の前にある遍路休憩所で一休みをした後は、すぐ先の橋の端を渡り

川の反対側を歩く、この道は車の通りも少ないので静かで歩きやすい

途中に何か所かフレコンが道路端に置いている、どうやら、台風の雨で

法面が崩れて道路をふさいでいたらしい。土砂の撤去工事が昨日までに

終わったと聞いた、なんとなく今日はついてる気分だ

伊与喜から熊井隧道への道にはいる、ここはいつも楽しみにしているところだ

38150521_1015dscn43223810612013c003  真っ暗なトンネルに入ると

  静かだ、明るく

  丸い緑の光が

  向こうにある

  レンガ造りの良いトンネルです

 

トンネルを抜け線路を横切ると、次の休憩場所まであと少し、

一旦、下って土佐佐賀の街中に入り、昼の食事を買って、

(津波が来たら怖いなあと思わせる地形です)

佐賀公園までの坂道を登る、途中で見る海が青くとても綺麗だ

38150521_1111dscn4324  毎回この公園で休憩時間を長くとっている

  なによりこの海が綺麗だから

  風が気持ちいいし、トイレもある

  芝生で横にだってなれる 

0382015c001  

  山頭火も場所はちがっても、きっとこんな海を見て

  「われいまここに 海の青さの かぎりなし」 を

  創作したに違いない

ここから今日の宿までは何度も何度も上り下りを繰り返す

井の岬トンネルの手前のカーブに、絵に描けないほどの、

とんでもない歩道が待っている

(この辺りのお年寄りはきっと這いつくばっているでしょう)

「海の王迎え」駅方面から中学生が大勢歩いてきた

しばらく話をしながら歩く、大方の浜に出て清掃等をするそうだ

道の駅「ビオスおおかた」まで行きトイレ休憩、

椅子に腰かけソフトクリームを食べる、休憩時間がまた延びる

あと2Kmほどで今日の宿、ネスト・ウェストガーデン土佐なので

急ぐことはない。

37382015001←(ちょっと昔のガイドブックより

   ネスト・ウェストガーデン)

ここは遍路には少々高い宿だが、

次の宿までの中間にあり、

場所がちょうど良いので

前回から泊まることにした

それまでは4Km程手前の民宿に

泊まっていた

食事は和・洋の選択が出来る、部屋にはバストイレはない

他に遍路はいないようで、環境調査の人が数人宿泊していただけだ

海岸の松林を歩いていると芝生の上に丸い建物が浮かんでいますので

判りやすいと思います

料金は遍路割引になっています。

 

海の見えるお風呂に入り、トイレの横の洗面所のある洗濯機で洗濯

洗濯中に部屋の畳の上に横になる

外の芝生の上も気持ちよさそうだが、一杯の缶ビールの方が気持ちいい

|

« 歩道非道 | トップページ | 足摺大岐 »

遍路」カテゴリの記事

コメント

重箱の隅をつついてみたら・・・
多分「橋」であろうと思われる字が「端」になっていた・・・

行かずとも行った気になる紀行文

行かないと細かい事はわからない

歩くのは大変だろうと想像し

読んでると面白いけど行かないな

投稿: 閑おじ | 2015年7月23日 (木) 10時12分

wavecrown閑おじさん

ご指摘ありがとう  ”橋の”を追記しました。

・なんとなく歩いてみようか遍路道

・歩く度どこかが違う遍路道

歩くのは、思うほど大変ではなく
日常になるのです、
朝起きる、顔を洗う、食事をする、トイレにいく
歩き出す・・・・これが日常になるのです

バスケする、反省会する、酒を飲む
二日酔いになる・・これも日常です
  
四国で大会があった時に、ついでにちょっと
歩いてみませんか

投稿: 房州や | 2015年7月23日 (木) 12時23分

cloudcoldsweats02
>今日・明日は札所へ向かう道をただ歩きます(約80km)

房州やさん、スゴいことしてます。恐ろしいことしてます。
カナダの友人にお遍路やろうと誘われていますが
このブログ読ませています。多分レンタカーで回ろうか
といいだしますよ。
わたしも座骨神経痛が直っても無理、無理。

今日は久しぶりに涼しいので海岸を6000歩、歩いて
きました。


投稿: aboo-kai | 2015年7月23日 (木) 17時15分

wavecrownaboo-kaiさん

たいしたことはありません
80kmを2日半ですから
80km/2.5日=32km/日
無理しないで歩ける距離です

カナダの友人と是非歩いてください
20km/日でも60日あれば大丈夫
25km/日ならのんびりしても50日
秋は歩き易いそうです

房州やは遅い方ではないでしょうが
早くはありません

今日は午前中は時々思い出したように
雨が降ってました

投稿: 房州や | 2015年7月23日 (木) 18時06分

トンネルの中を一人で歩くのって怖くないですか?
「隧道」という言葉を聞くと、「天城越え」を思い出しちゃいます。

車で走ってもトンネルはなんか怖いんだなぁ。
大雪や大雨の時はトンネルに入るとホットするけどね。

投稿: mimi | 2015年7月23日 (木) 22時47分

wavecrownmimiさん

天城隧道も真っ暗ですね

この熊井隧道は
真っ暗ですが、大きくて、下は真平らで
おまけに車が通りませんので安心です

トンネルを歩くのに恐いのは
1.暗くて歩道のないトンネル
2.暗くて歩道が狭いトンネル
3.大きなトラックがビュンビュン走るトンネル

一番楽なトンネルは
歩道が広くて明るいトンネル
(めったにありません)

投稿: 房州や | 2015年7月24日 (金) 05時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 歩道非道 | トップページ | 足摺大岐 »