« 三原経由 | トップページ | 宇和島城 »

2015年7月31日 (金)

松尾峠越

5回目の通し歩き遍路旅・四国八十八ケ所

19日目(2015年5月25日(月)) 

 

 

行程   平田→39延光寺→宿毛→卍松尾大師

                 →一本松→満倉→40観自在寺→宿

 

いつもように遍路の朝食は早い、6:30には宿を出て

39延光寺に向かう、だれもいない静かな寺に着き、

お参りを済ませ、境内ぐるりと一周しても

まだ納経所が開く時間(7:00~17:00)には早いので

梵鐘を背負った赤亀や気になってたお地蔵さんの写真を撮る

39150525_0646dscn4336390942013c00339150525_0647dscn433739dscn2840   

 

 

 

 

 

 

      延光寺の赤亀          お地蔵さん      延光寺本堂

池(?)の赤亀が、竜宮(?)から梵鐘を背負って帰ってきたそうです。

竜宮は宿毛の海にあるのでしょうか?

 

上り坂の続くR56を歩き、宿毛の町に入る、古い街並みを抜け

いつものコンビニでお昼の食事を購入し、松尾峠へのアプローチに入る

 

住宅街の急な坂道を上り、平らな遍路道にさしかかったところで

遍路案内板を立てている人に出会った、この分かれ道はよく

間違えて、上の方に上がっていくことがあるので、すぐに遍路道が

0002015c003判るようにと、新しく標識を作ったので

今日立てているところだという、

私たちのような歩き遍路が道を間違えずに楽に歩けるのは

このような人達のおかげです、お礼を言って別れる

 

<土佐から伊予へ

上ったり下ったりを何度か繰り返し、深浦あたりから、峠への道に入る

右に折れ左に折れの松尾峠までの高知県の道、松尾峠から愛媛県の道

出発して19日目、土佐から伊予に入りました

人通りの少ない一本松の町を抜け「札掛の遍路道」を歩く、

満倉への最後の急坂を汗をかきながら上って行くと

遍路休憩所には、先客がすでに2人座ってくつろいでいた。

(ここは宿泊・洗濯・充電可能な野宿遍路には天国のような休憩所です)

そのうちの一人が、何度も出会っている「讃岐三豊のヘンロ」さんだ

おくれて、もう一人の若いお遍路さんがやって来て

4人で、あれこれ遍路話に花を咲かせた後、

私は観自在寺前の旅館に、

二人は観自在寺に泊まるということなので、

札所まで一緒に歩くことにした。もう一人のお遍路さんは他の寺を巡る

とのことで、ここでお別れをした。(人それぞれの遍路方法があるのです)

40dscn284640150525_1500dscn4344←観自在寺本堂と石仏

   綺麗に整備された本堂と

  大師堂、境内には

 十二支仏が並んでいる

今日の宿は、表通りに出て右に曲がればすぐの

「山代屋旅館」だ、あと1km~2kmのところにもいくつかの宿があるが

次の日の歩きにはあまり影響がないので、ここでいいだろう

上り下りをして10km歩けば、次の日は楽に龍光寺の近くまで行けるのだが

無理をすることはない

029

 

1日目からご覧になりたい人は   カテゴリー 「遍路」 で検索してください

数日分であれば  ブログ名の 「遊び印の房州や」をクリックしてください  

|

« 三原経由 | トップページ | 宇和島城 »

遍路」カテゴリの記事

コメント

延光寺のお地蔵さんは、むかし新宿で見かけた
田中 小実昌さんによく似てる。毛糸で
編んだこんな帽子かぶってた。

ここでも亀さん。みんな竜宮から派遣
されて来たのかな。

ときどき登場する「讃岐三豊のヘンロ」さん
ってダレでしたっけ。
遍路休憩所で会う遍路さんには
房州やさんのあのユニークな名刺を
渡しているのでしょうね。

「山代屋旅館」夏目漱石の「坊ちゃん」
に出て来そうな旅館です。
この日もお風呂に入りビールでしょうね。beer

投稿: aboo-kai | 2015年7月31日 (金) 14時32分

beeraboo-kaiさん

>田中 小実昌さんによく似てる

     納得です

>ここでも亀さん

  乙ちゃんはかぐちゃんの姉ちゃんで
  金剛福寺のカメさんは南海航路で
  延光寺の赤亀さんは竜宮航路

>讃岐三豊のヘンロ

  台風6号通過の翌日であった野宿遍路さん
  もう一度だけ登場します、お楽しみに

>この日もお風呂に入りビール

  日課ですから、ルーチンは守らなきゃ
  いけません

そろそろ「カツオのたたき」とはお別れです
2週間近く、ほぼ毎日食べてきました 

投稿: 房州や | 2015年7月31日 (金) 16時40分

「カツオのたたき」は土佐作りですか?うちも昔は藁で焙ってたたきを作りましたが、数十年はテフロンのフライパンで焼いています。

赤亀は祀られ、ミドリガメは駆除されています。
別にミドリガメに罪は無いのに・・・

皇居のお堀にブルーギルがいたのはどうしたのでしょうか?

暑いので話題に一貫性が無いですが・・・

投稿: 閑おじ | 2015年8月 1日 (土) 13時31分

たまに長旅に出かけたいと思うこともあるけれど、
4匹の猫の下僕の身としては、なかなか出かけられません。
せめて房州やさんの旅の記録見て、楽して気分だけ味わいます。

投稿: 峰猫 | 2015年8月 1日 (土) 23時36分

ほんとに亀が多いのね。
何で亀が梵鐘背負ってるのでしょう?
乙姫様、亀には梵鐘くれたのかしら・・いやいや亀は竜宮城の亀だし…

旅の様子のハンコ、だんだん細かな彫り方になってきています?
全部揃ったらお遍路ハンコセットの出来上がりですね。
どんなケースに入れるのかなぁ。
まさか、袋にバサッと入れるなんて言うことはありませんよね?

投稿: mimi | 2015年8月 2日 (日) 01時23分

beer閑おじさん

この暑い日にパソコンの前で
つまらぬ記事を読める体力気力があれば
充分この夏を乗り切れます

一回目の時は、カツオのたたきが
出た時はうれしかったのですが
それでも最後の頃は飽きてきました
五度目でも最初は新鮮な気分ですが
この頃になると、もう十分だという気分です
申し訳ないのですが

投稿: 房州や | 2015年8月 2日 (日) 08時04分

beer峰猫さん

三郎兵衛殿が使われた「乳母車」が
残ってませんか?
それに4匹を乗せて、子連れ狼よろしく
長い旅をしては如何でしょう
きっと楽しい旅になると思います

「峰猫と4匹の猫」旅日記楽しみにしてます

投稿: 房州や | 2015年8月 2日 (日) 08時09分

beermimiさん

小枝のはんこ
サイズも形も違うので
箱の中には綺麗におさまりません
なんとかしなきゃと思うのですが
今のところレジ袋に入れてます

困った問題です

投稿: 房州や | 2015年8月 2日 (日) 08時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 三原経由 | トップページ | 宇和島城 »