« 放哉句06 | トップページ | 放哉句08 »

2015年2月 6日 (金)

放哉句07

雪の影響はありましたか?

我家の周りには雪は降ってはくれませんでした

ただ冷たい雨が降っただけです

尾崎放哉句印07   小枝印

    

    

20150206001     

    

うつろな心に眼が二つあいてゐる

  

   

   

  

  

  

  

  

  

20150206001_2   

  

   

 落葉拾うて棄てて別れたきり

  

   

  

  

  

   

   

   

No.1090

6日午前の牟岐町辺りで震度5の地震があったそうです

章魚庵さんのお知り合いは大丈夫だったでしょうか?

牟岐町はお遍路のコースでもあります

|

« 放哉句06 | トップページ | 放哉句08 »

遊び印(俳句)」カテゴリの記事

コメント

朝からいい天気です。
テニス日和かと思ったら
風が強くなるそうな。
風速10メートル。
小枝印を彫ってる方がよさそう。
七輪陶芸は工房の中ででは出来ない
のですね。

きょうの尾崎放哉句印
俳句初心者には難しい句です。
   wobbly


投稿: aboo-kai | 2015年2月 6日 (金) 09時40分

豆も捲きましたし、恵方巻も食べました!
昨日、歩道と植え込みの豆を鳩が食べに来ていました。

「うつろな心」の小枝印のマリモ状の物は何でしょうか?
眼にしては数が合わないし・・・

木の葉はわかりました!

東京都で一番雪が降ったのは、伊豆大島だったみたいですね!
今朝、雨に濡れた車のフロントガラスが凍っていました!

投稿: 閑おじ | 2015年2月 6日 (金) 09時43分

きのうはみぞれでした
今朝、重たげな落ち葉が道をつくってました

きょうの句は、房州やさんの文字に似合って
文字だけでも味わい深いです

・なん本もマッチの棒を消して海風に話す

これも好き
文字数が多いけど・・・・happy01

投稿: 七海 | 2015年2月 6日 (金) 10時31分

runaboo-kaiさん

今日は歩くと汗ばむ位でした
歩いている途中の農家の人が
椿の枝をバサバサ切っているところに出会い
重たいのですが少しだけ頂いて来ました。

今日の教訓:歩けよさらば頂けん

投稿: 房州や | 2015年2月 6日 (金) 12時56分

run閑おじさん

朝の山道は凍っていました
坂道の多い東京での朝の散歩は
気をつけましょう

教訓:冬の歩きはペンギン歩き

投稿: 房州や | 2015年2月 6日 (金) 12時59分

run七海さん

>文字数が多いけど・

 小さな小枝に多くの文字は苦手です
 3文字×4行 位が楽です
 難しい漢字も苦手です
 「人」と「入」も区別がつきません
 「る」「ゑ」も好きじゃないです
 「ン」「ソ」も彫りにくいです

教訓:読めぬは読む人の器量・技量なり

    失礼なり

投稿: 房州や | 2015年2月 6日 (金) 13時06分

放哉ホント難しい俳句だこと……です。

地震知りませんでした。今ネットで見てみました。
地震発生の牟岐の画像はなかったみたいで日和佐が映ってました。
TBSは牟岐の空撮してました。
津波がなかったので大丈夫でしょう。
津波にはとてもやばいところです。
まだ牟岐駅は昔のままの建物だぁ~!(^^;)
何も報せがないので、みな無事であったのでしょう。

投稿: 章魚庵 | 2015年2月 6日 (金) 17時16分

run章魚庵さん

便りのないのが良い便り
良かったです
空撮やってましたか
今日は散歩以外は
紀ノ川の事件と牟岐の地震と
一日が終わりました

投稿: 房州や | 2015年2月 6日 (金) 19時51分


suncloud
椿の枝が手に入りましたか。
これがハンコになるのは3年後くらい。
だれの句を彫っているのでしょうね。

この頃痛ましい事件ばかりおきます。
世の中いったいどうなってしまったの?
このコメント書いていたらグラグラと
きました。
近頃地震が多いです。


投稿: aboo-kai | 2015年2月 7日 (土) 15時21分

runaboo-kaiさん

椿の枝はそんなに太くないので
割と早く乾燥するかもしれません
何かを彫りたいのですが
問題はそれまで生きているかどうか
分らないことです

月曜日にもう少し頂いてこようかと思っています

明日は雨の予報が出ています
傘はありますか?

投稿: 房州や | 2015年2月 7日 (土) 23時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 放哉句06 | トップページ | 放哉句08 »