« 山頭火53 | トップページ | 放哉句01 »

2015年1月20日 (火)

早々陶印

   これらの陶印を焼いたのは随分前だったのですが、

   すこし遅れての登場です

   今年はペースを落としつつ、

   役立たずな七輪焼き陶印もやりたいと思ってます

      ただ冬の間は手が冷たくなるし、外で焼くのは寒くて暖かくなるまで

   しばしお休みかも知れません 

   

      またもや、陶印本体が登場せず、落書きでごまかしています

   

20150115

            風 :飛ばされそうなので囲いました

            美 :今年の干支は美しい

            逸 :逸品になるのでしょうか逸ノ城

            陽 :風を彫ったので陽も彫らねば

            高 :てっぺんを尖らせました

            笑 :笑いは丸く、印形も笑い顔に

            福 :語呂合わせで形もフクロウに

            従心:心従うわけです、十有五にして・・・

            心月:心は月のように澄み渡るのでしょうか

            好古:古きを訪ねですかねぇ、形は竹根風に

 

            岩 :岩山みたいに

            峯 :形を独立峰みたいに

            明 :明るいことはいいことだと 2個作りました

No.1083

   

きたきたター坊さんとご友人のが送って頂いた竹根で作ったお地蔵さん印たちです  

20150120001

      一番大きなものは  だいたい横18mm×縦20mm

      一番小さなものは  だいたい横 9mm×縦 9mm

      この、竹根はとてもきれいなものでした

      小枝とはまた違った彫り味で楽しむことが出来ました

      おかげさまで、彫り残していた「いろは四十八文字竹根版」が

      彫れそうです。

|

« 山頭火53 | トップページ | 放哉句01 »

遊び印」カテゴリの記事

コメント

陶印 それぞれに味がある書体でなかなか
いいです
書体は金文ですか それとも房州や書体ですか。

七輪窯は外で焼くのですね。
   happy01

投稿: aboo-kai | 2015年1月20日 (火) 08時41分

sunaboo-kaiさん

今日は大寒です
一年中で一番寒い頃です
とても良い天気ですが空気が冷たいですね
こんな寒い日に外で七輪遊びをしたら
間違いなく風邪を引くでしょう
体の弱い房州やは春まで冬眠です

ではでは、お休みなさいsleepysleepy

投稿: 房州や | 2015年1月20日 (火) 11時51分

sunsunsun
錦織勝ちました
サッカーも勝ちました
今夜はゆっくりお休みなさい。
   

投稿: aboo-kai | 2015年1月20日 (火) 20時06分

tennissocceraboo-kaiさん

よく見てますねー
かなり暇なようですね

カソ村の庵に椿や山茶花の木はありませんか?
あれば剪定のお手伝いに参りますよ
お土産は小枝ということで如何ですか
お昼も出れば嬉しいですが


投稿: 房州や | 2015年1月20日 (火) 20時16分

七輪焼きって外で焼くんですね。
そうか・・家の中でやったら危ない?
なんか、お餅を焼くようなイメージがありました。

先日テレビで竹根の中に彫刻を彫ると言うのをやっていました。
房州やさんならこんなの出来るんだろうな・・と思って見ていました。

投稿: mimi | 2015年1月20日 (火) 23時31分

相変わらず、色んな物を作ってますね~!
今日は予報より早く、冷たい雨が降り出しました。
こんな日は、房州やさんは家に隠って、ゴソゴソ何か作ってるんでしょうね!
「晴耕雨読」ではなく「晴七輪雨彫」という生活パターンでしょうか?

今度はインドへでも行って、象牙を拾ってきて「牙彫」に挑戦してみてはいかがでしょうか?

投稿: 閑おじ | 2015年1月21日 (水) 09時34分

snowmimiさん

今日は雪でもふりそうな寒さです
部屋の中なのに粘土は思っているより冷たく
焼くのは外なので火の側なのに寒く
この時期は冬眠して
春が来るまでのんびりするのがよいと思いました

>竹根の中に

 それは
名人が200本もの刃物を駆使して作った
竹の中で横向きの大工さんがノミ仕事をしている根付ですね
黄楊で竹の形を作り・・・ここまではプロなら形だけは出来るでしょう、
中の横向きの大工さんの顔を彫るのは
とても難しいのでしょうね

私なら、竹状の筒を作るのが精いっぱいです

安物の黄楊の木を持っていますが
これも暖かくなってからでないと
手がうごきません

投稿: 房州や | 2015年1月21日 (水) 12時19分

rainsnow閑おじさん

寒いですねー、東京はもっと寒いのでしょうね

相変わらず、色んな小道具を作っている閑おじさんは
春に向かって何を作っているのでしょうか
あれやこれや閑なのに忙しいのでしょうね

>今度はインドへでも行って

 「あんたはインドへは行くな」と言われています
  インドにはまって沈没し
  帰って来れなくなるからだそうです

  言われてみれば、そんな気がします
  中東でも中央アジアでもトルコでも  
  そんな気になりそうでしたが

投稿: 房州や | 2015年1月21日 (水) 12時24分

cloudrain
テニスもサッカーもニュースで見てます。
2時間3時間かかる競技も2分3分で
見られる。結果がわかる。これいいですよ。
房州やさんもそうなさいまし。小枝に
印彫っている時間を多くしましょう。

カソ村の椿や山茶花の木の剪定の手伝う
のですか。
それはバアさまたちは喜びますよ。
夜になるとご馳走攻め。夜這い攻めです。
どこかの殿さまみたいになってもしりませんけど。

投稿: aboo-kai | 2015年1月21日 (水) 13時24分

rainaboo-kaiさん

現場で見るのが一番なのですが
現場ではズーム映像はありません
ダイジェストでは経過が分りません
結果を知ってからのテレビでは面白くありません
現場を見ながらテレビをちらちらでは落ち着きません
どうしましょう

御馳走攻めは良いのですが
夜這いはあぼうかいさんにお任せします
日時と集合場所を決めましょう
春になると茶毒蛾が大量発生すると嫌ですから

投稿: 房州や | 2015年1月21日 (水) 19時05分

この前行った、「毎日書道展」では、
展覧会会場の最後に、一般から公募して選ばれた「羊」という書が、葉書くらいの大きさに書いてあって、百枚以上あったかな。

それはもう、様々な羊がいました。
まるで絵のようなものから、「羊」「未」という文字、色がついたものとか、、、、
見ていてとっても面白かったです。

中には、どう見ても「芋」としか読めない羊もいたりして・・・

投稿: モネ | 2015年1月21日 (水) 23時19分

rainモネさん

羊はおとなしそうで可愛い動物ですから
色々とイメージが湧くのでしょうね

「未」「羊」は左右対称だし描きやすいのかもしれません

モネさんは色んな展覧会に行ってるのですね
近くに展覧会を開く場所が殆どありません
都会にはめったに出かけないので
なかなか見ることはできません
うらやましい

投稿: 房州や | 2015年1月22日 (木) 12時22分


rain
錦織が勝ちましたね。
夜のニュースステーションで見ました。
逆転勝ち!
いい試合だったようですね。
夜のニュースで見るのもいいものですよ。
昨日も書きましたが2分で見られるのですから。

イスラム国に捕まった日本人2人。
ゴルゴ31はどこへ行ってしまったのですかね。

投稿: aboo-kai | 2015年1月22日 (木) 23時27分

sunaboo-kaiさん

本日、青空なり

本日、アジア杯決勝トーナメント1回戦
   対 UAE戦なり
   忙しいaboo-kaiさんはダイジェスト
   暇な房州やはテレビ観戦

高倉ゴルゴ13はすでに死去、困った困った

明日は錦織圭3回戦なり
  房州やは朝から江戸へ
  代りにaboo-kaiさん見といて

投稿: 房州や | 2015年1月23日 (金) 12時13分

suntyphoon
サッカーアジアカップは
どうなりました?

イスラム国に拘束された人質は
どうなりました?

白鵬は優勝しました?

世に中はいろいろあって忙しい。

投稿: aboo-kai | 2015年1月23日 (金) 21時03分

moon3aboo-kaiさん

世の中いろいろあって面白く忙しいのです

今日は
オフロードバイクからスクーターに乗り換え
保険の契約変更を行い
七海さんから面白いものが届き
白鵬は取り直しの一番で優勝を決め
日馬富士が負けて
豪栄道は残り二日勝たねば大関陥落で
サッカーは得点力不足でPk戦で負け
人質はよく判らないがとにかく不明で
明日は
錦織が3回戦に出場で相手は38位の選手で
房州やは朝から東京に行くことになりました

aboo-kaiさんは明日も忙しいのでしょうか

投稿: 房州や | 2015年1月23日 (金) 23時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 山頭火53 | トップページ | 放哉句01 »