« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月31日 (水)

山頭火51

大晦日です、当たり前ですが今年最後の更新となります

お世話になりました

来年もよろしくお願いいたします

   

やはり日本人らしく

今夜は年越しそばを食べ紅白を見ますか?

それともシャンパンを飲みながら年越しパーティですか?

年越しはコンサートという人もいるのでしょうね

いずれにしても良いお年をお迎えください

------------------------------------------

山頭火句印51   小枝印

山頭火30(10/8)から始まった「小枝印」による山頭火句印は

大晦日になってもまだ終わりません

でも、ご安心ください、残り2回となりました

彩色印をお楽しみください

----------------------- ------------------------

    

154c003   「日ざかりのお地蔵さまの顔がにこにこ」

   

    

    

   

155c003    「秋空ただよふ雲の一人となる」

   

   

    

   

156c003    「あすはお正月の一りんひらく」

   

   

   

   

157c003    「洗えば大根いよいよ白し」

    

    

    

158c003    「あるけばかつこう

      いそげばかつこう」

    

     

    

No.1079

 

・あすはお正月の・・・・・・  ぴったりの句がありました

                 締めくくりとしてはぴったりでした

   

   

来年の遊びの材料はこんなもの

   

20141029

            ↑ 乾燥中の竹根が15個程あります

           仮名を彫るには大きすぎるし

           まだ乾燥しきってません

           頂いた竹根はありますが沢山遊ぶには

           やはりデング熱を恐れず、寒い冬のうちに

           「竹藪に入らずば竹根を得ず」

20141029

                          ↑ 日光浴中の小枝です

              大小ありますが、一番多いのは

              百日紅の小枝を輪切りにしたものです

              百日紅・椿・山椒・梅・躑躅等々

              今までの浅い経験では椿の仲間や百日紅が

              彫りやすいと思います

              とりあえずもう少し乾燥させてます。

              いつ頃になったら戦力になるでしょうか  

              時々試してみましょう

20141028

        カソ村海岸から拾って来た小石で

        雨風にさらしたので塩分はもう抜けていると思ってます

        色や形、石の組成等で分けてみました

        魚になるかフクロウになるかお地蔵さんになるか

        まだ判りません

   

新年の更新は5日の予定です

みなさん良いお年をお迎えください

           

| | コメント (4)

2014年12月27日 (土)

山頭火50

昨日は晴れていたのに空気が冷たかったです

今週は今年最後の七輪焼き物を楽しみました

水滴×7 と 筆置×5 を焼きましたが

またしても望んでいるような色はでませんでした

そして、

今日はテニスの打ち納め、来年は10日が打ち初めになります

お正月の準備は始めましたか?

サンタを片付け、どんぐりの門松を飾りました

-----------------------------------------

山頭火句印50  小枝印

年末ぎりぎりまで山頭火の句印が続きます

勿論次回もです

今回は色なしです

-----------------------------------------

148a001 148b002    ・どこからともなく

     雲が出て来て 

       秋の雲

 

  

149a001_2 149b002   ・泊ることにして

     ふるさとの

      葱坊主

   

150a001 150b002_2   ・何を求める

     風の中ゆく

   

    

    

151a001151b002    ・もりもり

     もりあがる

       雲に歩む

   

   

152a001 152b002   ・分け入っても

     分け入っても

       青い山

    

153a001153b002

    ものすごく深い山だったので   

     同じデザインで作ったのでしょうか?

     時期は随分離れていると思うのですが

        

    

No.1078

   

   

彩色できなかった木彫りの不動明王

  

20141027 20141027_2        

    初めて作った

    仏像です

    木曽檜角材を

    使いました 

    不動明王1号

    剣と顔の間が

    狭すぎて

    彩色出来ないので

                                そのままにしています

 

     

金ぴかにしてしまった誕生仏  

20141027_3     

     本当はもう少しだけ大きいのですが

    小さいことを強調するためにあえて

         小さく載せました

         団体様記念写 真にも写っていますので

         比較してみてください

    

追記(2014.12.27 23:50)

  小枝印を作るときに出た切れ端でこんなものを作って遊んでいます

20141227

         暇な時に、アクリル絵の具で色をつけます

         簡単で時間つぶしになります

         お正月休みにやってみませんか

| | コメント (18)

2014年12月23日 (火)

山頭火49

クリスマス直前

世のお父さんお母さんお爺ちゃんお婆ちゃん

彼のいる彼女、彼女のいる彼は

プレゼントの準備に楽しくかつ悩ましい時間を過ごしているところでしょうか

今頃準備しても遅いですけどね

-----------------------------------------

山頭火句印49    小枝印

 山頭火にクリスマスは似合いませんが

 ・ケーキ売りの声する雪降ってきた

 いつものように関係のない句を並べています  

-----------------------------------------------------

 

143c003_2      

     ・かすんでかさなって山がふるさと

   

      

   

144c003    

   ・雲がいそいで よい月にする

   

      今年は皆既月蝕ありました

               赤い月を見ましたか?

145c003  

  ・さてどちらへ行かう風がふく

    

                好きな方へ足の向く方へ

146c003  

  ・生死の中の雪ふりしきる

  

   

   

  

147c003   

  ・月が昇って何を待つでもなく

   

    

   

No.1077   

   

  

クリスマス直前にやって来た、七輪で焼く前のサンタさんたちです

後で数えてください、何人集合したか

20141028

     色んな姿勢をしてますが

         1.大きな袋を担いでやってきました

         2.さあ、プレゼントだよ、何かなーーー

         3.さあ、どうぞ、クリスマスおめでとう

   

   

20141028_2 

            4.あーあ、疲れた、プレゼント配達も残り1個だ

                今年もようやく終わった!終わった!

             家に帰る前に、一休み一休み

             最後のプレゼントは我家で待ってる、あの子に

      

      

これらを   七輪を使って    

素焼きした後で色をつけてみました、

雰囲気が出たのかイメージを壊したのかはわかりませんが

 

20141031

 20141031_2   

                                 私はどのサンタか判るかなーー?

20141223

                   ↓お尻が冷えてきました

20141223_2

最後はサンタクロースの全員集合写真です

     

20141031_3

        真ん中に立っているのが 約10cmのサンタさんです

        他のサンタの大きさは想像してください

        随分前に作っていたのですが、早すぎるとサンタも笑うので

        アップするのを待っていたら、忘れてしまうところでした。 

   

追記(2014.12.24) 竹根印

 海庵さんのリクエストに答えて 竹根印を3顆 彫ってみました

 イマイチの彫りあがりですが

 上から  「松」 「ま」 「光」 です  読めますか? 

20141224

   出来立てのほやほやです

   クリスマスイブ することもなし 竹根彫る

| | コメント (14)

2014年12月19日 (金)

山頭火48

大雪と大風の大変な天候でしたね、被害はありませんでしたか?

当地はとても冷たく強い風が吹いていましたが

心配していたミニビニールハウスは飛んでいくことはありませんでした

天気の良いのも今日限りで明日には雨や雪に変わるそうです

--------------------------------------------

山頭火句印48    小枝印

  まあなんと、春に秋   

  季節に合わない句だらけです

  冬の次の春を思うか、過ぎ去った秋を思うか

  パスするか←(お勧め)   

----------------------------------------------

    

138c003            

   「ひさびさもどれば筍よきによき」  

     

     

      

     

139c003      

   「山のふかさはみな芽吹く」  

     

     

     

       140c003 

   「秋風あるいてもあるいても」   

    

       

     

    

141c003     

   「秋風行きたい方へ行きたいところまで」  

     

     

     

142c003      

   「うつりきてお彼岸花の花ざかり」   

      

      

      

      

No.1076         

   

今回が最後です  

色つき木彫りの仏さん③

20141027_12    20141027_13 20141027_14 20141027_16  

       

    

    

   

    

    

クリスマス前の仏さんたちの3回にわたるデモ行進でした

 この4仏の形も前回同様冊子に載っていた仏さんのアレンジ版です

  仏像のような人形なのかもしれません

   祈れば仏像遊べば人形、いかにでもして下さい

   

   

小枝のお地蔵さんの束(2014.12.19追記)

  

20141219

椿・百日紅の小枝で作ったお地蔵さんの束です

中心の柔らかい部分が邪魔になります

      

    

追記(2014.12.22冬至)

竹根を沢山頂いたので、日曜日に試彫りをしてみました

    ほぼ 実物大です

20141222 20141222_2

             お地蔵さん・平仮名・漢字 いろいろ彫ってみました

             もっと小さなものもありましたが、なかなか苦戦します 

| | コメント (16)

2014年12月15日 (月)

山頭火47

衆議院議員選挙も終わり・・・・・投票に行きましたか?  

年賀状の受け付けが始まり・・・私は書き終わりました、いつでも投函できます

サラリーマンのボーナスをあてにしたお歳暮商戦は終盤を迎え・・・関係ありません

クリスマスは真近に迫り・・・・・・七輪焼きと木彫りのサンタを飾りました

お正月の準備は・・・・・・・・・・・・まだ早いですか(どんぐりの門松を引っ張り出さなきゃ)

今年もあと半月になりました。

やり残したことは来年にしよーーーかな

----------------------------------------------    

山頭火句印47     小枝印

    色んな2色の組み合わせでどうぞ

-----------------------------------------------

   

132a001132b002             

  ・さびしけれどもしづかなり      

         

         

         

134b002134c003             

  ・しぐるるや死なないでゐる    

      

      

      

    

135c003135a001                  

  ・月かげのまんなかをもどる      

      

      

      

      

136b002136c003                

  ・月へひとりの戸はあけとく    

      

      

      

      

137a001137b002               

   ・春風の鉢の子一つ      

       

       

      

2色ずつしか出ていませんので、残りの色を想像してください      

例えば、最後の「春風の鉢の子一つ」には

137c003_2  

              房州やはこんな色にしてみました

    

No.1075  

    

   

彩色された仏さんたち②

20141027_7 20141027_8   20141027_11 20141027_10

    

    

    

    

    

    

大日如来・勢至菩薩・不動明王・虚空蔵菩薩のみなさん

初めてだったので、木彫りの冊子に載っていたものを

自分の腕でも彫りやすいように、少しだけ変えて彫ってみました

色は好き勝手に塗った全くのオリジナルです

これも小枝印です(小枝で作りました)

20141215  

           何の木でしょうか?、市役所の庭木の手入れで

           伐採しているものを頂いてきたものが

           「かそ」:きれいな海にカモメが飛んで

           「くの一」:十字手裏剣にピンクのくノ一

           「ん?」:・・・・?

           の3顆になりました、だからどうする

                        全く用途の思いつかない

           役に立たないはんこが出来てしまいました

           これが年末の暇つぶしというものでしょうか

           あの断捨離はなんだったのか

| | コメント (12)

2014年12月11日 (木)

山頭火46

山頭火句印46    小枝印

本日「大安」です

だからどうなんだと言うことですが。

-----------------------------------------------

 

128c003     

     「おとはしぐれか」      

     

                 これって、俳句?  短すぎる句

              「咳をしても一人」  尾崎放哉

     

129c003   

   「鴉啼いてわたしも一人」

   

        鴉はよく登場します   

    

   

130c003        

    「けふは凩のはがき一枚」

    

        今日は誰も来ない

   

131c003     

    「木かげ涼しく石仏おはす」

    

        一休みしましょうか

    

   

133c003     

    「寒い雲がいそぐ」

    

    

   

No.1074

  今回は 短い・短すぎる句が多かったですね

   

   

色つきの仏さん①

                                                  

20141027_2 20141027_4    20141027_520141027_6

    

     

    

    

      

     

     

   白衣観音菩薩・地蔵菩薩・地蔵菩薩・阿弥陀如来菩薩みたいな感じの

   木彫り極彩色仏さんご一行  

   (仏像製作ルールに基づいていません) 

   色をつけようなんて思わずに彫っていたから

   筆が太すぎて塗りにくいのがいくつもありました  

変なものを彫りましたが、これも小枝印

20141211001

          おはなし飛行船①

            わんわんランドセル

              創作集団ばやしの会 編

              P60  わんわんランドセル

                     作  西 美音

                     え  たけいあきら

          小枝印はこの本に登場する「ボビー」と「ランドセル」です

          詳しくは本を読んでください。

          ※ここに飛んでいくと解るかもしれません

                http://blog.goo.ne.jp/three_cats

            こんな犬とランドセルがいましたか?     

                     

| | コメント (20)

2014年12月 7日 (日)

山頭火45

冷たい週末でしたね

四国R192での大雪もびっくりでした

(四国遍路のお宿のすぐ側でした)

当地は晴れで、久し振りのテニスも楽しめました

     

      

山頭火句印45   小枝印

   今回は比較的知っている人が多い句があります

   ・分け入っても分け入っても青い山

   ・うしろすがたのしぐれてゆくか

印泥の色の順はランダムにしてみました、それほど新鮮ではないか

-------------------------------------------

   

123a001 123c003 123b002  ・分け入っても

    分け入っても

      青い山

      

      

  

124a001 124b002 124c003・分け入るみちの

     すすきほほけた

   

125c003_3 125a001_2125b002_4   ・秋風の

    あるいても

     あるいても

 

   

   

126c003126a001_3126b002

   ・いただきの

    青空

    昼の月

    

  

127a001 127b002 127c003

  ・うしろすがたの

    しぐれて

      ゆくか

                 自分の後ろ姿を自分で見ているのでしょうか?

    朱・黒・色の順番が今までと違うと少しは新鮮になります???

    

No.1073

   

今日は「大雪」     

  今の房州では考えられませんが

  本格的に雪が降りだすころの事らしいですよ

      

      

随分前に彫っていた小さな木彫りの仏さんたちに

でたらめな彩色を施してみました

こんなふうに

   

20141027

    彩色前の仏さん、彩色されて嫌な顔している仏さん

    金粉を塗られた誕生仏、もしかしてですけど昔の木彫仏は

    こんなだったのではないでしょうか?

| | コメント (6)

2014年12月 3日 (水)

山頭火44

お願い

先日、部屋がゴミであふれそうになってので

断捨離を実行(掃除を)した折、ゴミとして捨てると

市の財政をさらに赤字拡大させることになるため

近隣の市区町村に費用を分担して頂こうと考え

割れそうなものを含め送りました

受け取った方は身の不幸を嘆くことなく、適当なる処分方法を

速やかに検討されますようお願い申し上げます

また、送られてきたものに疵とか破損とか不用品とかありましても

当方は一切責任を取りません

なお、返送するとかクレームのメールを入れるとかブログに文句を書くとかは

おやめ下さるよう重ねてお願いいたします

おかげさまで、ゴミも半分ほど減りスッキリいたしました

-------------------------------------------------------

竹根がないなんて言ってたら

もう12月です、師走です、木枯らし吹いて忘年会の季節です

風邪など引かぬよう気をつけて、

良いクリスマスを、良いお正月をお迎えください

これで、年末の挨拶はよしと!

そろそろ竹根を掘っても大丈夫な季節でしょうか?

早く掘ってしまって乾燥中が3本分ほどあるのですが

まだ乾いていません

---------------------------------------------

山頭火句印44  小枝印

色つきと黒をいつもと違う順に並べてみました

色を取ったら→→→右の黒   

---------------------- ----------------------

      

      

118c003      118b002

    ・やつぱり一人がよろしい雑草

   

    

    

119c003 119b002   

  ・柳があつて柳屋といふ涼しい風

  

    

 

120c003 120b002    

  ・山のふかさはみな芽吹く

   

   

   

121c003      121b002

   ・雪がふるふる雪見てをれば

   

   

  

122c003 122b002_2     

    ・若葉のしづくで笠のしづくで

    

    

    

No.1072

    

   

これも竹根で彫りましたが、どうなんでしょうか

(かな文字を彫るには大きすぎて)

20141022001_2

                      「カソ村あぼうかい」

              「カソ村であそぼうかい」に見えてきた

               ほぼ実物大、これは竹根ではなく竹でした

              乾燥も悪く、表面はシワシワになりましたので

              皮を削ってごまかしています

              大きな印は新しく彫り、小さな印は少し前に

              彫ったものです

             (これを彫らなければかな文字もあと2つ彫れた?)

20141022001_3

              「房州」・「房」・「房州や」 これらも竹根印です

              「房州や」印はほぼ竹に育った竹根で(?)

              他の二つは本物の竹根でしょう

              いずれも補刀前です

| | コメント (16)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »