« 山頭火34 | トップページ | 山頭火36 »

2014年10月28日 (火)

山頭火35

昨日は、もう少し暖かい日かと思っていたら

わりと涼しい一日でした、今週で10月も終わります

----------------------------------------------

山頭火句印35    小枝印

これまでもこれからも山頭火の句を小枝に彫ったものが

延々と続きます

賢明な諸氏は終わった頃にまた覗きに来るでしょう

意地になって見続けてやると思う人もいるでしょう

人それぞれそれぞれのお楽しみ方で見ていってください

----------------------------------------------------

067b002     067c003      

    木の葉散る歩きつめる

      

      

    

068b002 068c003    

  木の葉に笠に音たてて霰

   

    

   

069b002 069c003  

  この道しかない春の雪ふる

  

   

   

070b002 070c003 071b002 071c003   

   

   

    

                     このみちどこへゆくふかく落葉して

   

072b002 072c003   

  さくらさくら さくさくら ちるさくら

   

   

  純黒と純黒彩色を並べてみました

 前回の美麗と純黒彩色とは雰囲気が違うと思うのは

 勝手な思い込みでしょうか   

No.1063 

    

今日は10月28日

まもなくハロウィンだとか

年賀状もそろそろ売り出されお正月ももうすぐです

その前に、2か月後にはクリスマスです   

ちょっと気が早いかもしれませんが、

またまたサンタクロースを作りました

   

20141006_3

          これが七輪で焼いたものだとは思わないでしょう

          押し付けてはいけませんが、木彫りのように見えませんか

          七輪で焼いてアクリル絵の具で色をつけました↑ 約10cm

20141006_4

     小さなサンタ達、大きなサンタと同じやり方、真ん中は陶印にもなってます

     測ってみると、背の高いのが5cm弱です

     向かって右の端は、前に登場したサンタです。 

20141006_5  

               頭の上の輪っかでもわかるように

               紐を通せばツリーにでも

               ぶら下げることも出来ますが

               ぶら下げる人がいるかどうかは判りません

               これも七輪焼きです、紙粘土のようにも

               見えなくはありませんね

               季節の先取りしすぎでしたか

追記(2014.10.31 21:00頃)

20141031_5

          トップのサンタさんの横顔です、このサンタさんは

          フードつきの赤いロングコートを着ています

          サンタさんに支給される防寒具は①ショート丈と

             この②ロング丈があります

        帽子も選ぶことが出来ます、サンタさんは結構おしゃれなんです

|

« 山頭火34 | トップページ | 山頭火36 »

遊び印(俳句)」カテゴリの記事

コメント

・純黒と純黒彩色もいい 山頭火
・木の葉散る歩きつめるは 秋の彩色
・石印もいい 小枝印もいい でも小枝
・房総の小枝に山頭火彫りつくす

・ブルドーザーで掃除始まるカソの海岸
sun

投稿: あぼうかい | 2014年10月28日 (火) 12時16分

xmasあぼう・かいさん

・砂浜にブルの足跡カソの浜
・浜の石持ち帰りきて何をせむ
・小枝切り乾き待つ間の七輪か
・いざ竹林の葉を踏みしめて竹根探さん
  
  
節の間50cm直径2cm以上の篠竹は
探してみたけど見つかりません
あぼうかいさんは秘密の場所を持ってますね

篠竹切りはいつ頃ですか?
竹根もきっと同じ頃でしょうね
見つけたら貯めといて下さい受取に行きます

投稿: 房州や | 2014年10月28日 (火) 12時50分

最近、3回くらいストーブ点けました。
寒くなりましたね。
ずいぶん前から炬燵が壊れていて、ホットカーペットの上に炬燵のふりしたものを置いていたのですが、今年こそは買おうと思います。
別に房州やさんのとこで決意を書くこともないんですが。

サンタさん、どれもいいけど、一番上のが威厳があって一番いい顔してます。

我家は去年までサンタさんが来ていて、子どもたちに金一封とお菓子を置いていきました。
今年は長男と次男が就職したので、さすがにもう来ないだろうと思いながら息子たちに、「サンタさんもう信じてないよね」と、聞いてみました。
長男 → 信じてるよ!
次男 → ………(無言)
三男 → なんと答えたらいいやら

さて、今年はどうするかな。


投稿: 峰猫 | 2014年10月28日 (火) 22時36分

前回の美麗はそれなりに主張しているというか、「単色だって素敵でしょ」と言っているというか…そんな感じ?

今回の純黒は「あなたはあなたの道を、私は私の道を」という感じがします。

サンタクロースもいいですね。ほんとに一番上のサンタクロースは木彫りみたい!

ところで、房州やさんのお宅の新聞は「千葉日報」?
もしそうなら、27日付けの新聞を取っておいてもらいたいのですが…
章魚庵さんのお宅は何新聞かなぁ。

投稿: mimi | 2014年10月28日 (火) 23時02分

もうすぐクリスマスですか・・・
ハロウィンなんて最近の流行ですが、ここ何年か定着した感は有りますね。
クリスマス、バレンタイン、恵方巻・・・
日本人の商魂が流行らせた物ですね!
金にならない日本独自の風習はすたれて行きます。

確かに季節感が薄れていくので、「暖かいお酉様」なんかは気分が今ひとつですね・・・

投稿: 閑おじ | 2014年10月29日 (水) 09時59分

やっと、秋冬らしい寒さになりました。
山頭火さんには厳しい季節でしょう。

年賀状とかの季節らしい天気ですが……
日曜月曜だけ傘マークが付いてます
何なんでしょうか?

サンタクロースは何か北欧とかポーランド製
みたいな感じがしますが……。

今日はキウイを採らないと行けません。
ゆずも黄色くなってきました。

投稿: 章魚庵 | 2014年10月29日 (水) 10時02分

sun
節の間50cm直径2cm以上の篠竹は
 探してみたけど見つかりません

って、篠笛を作るつもりですか。
「篠笛の作り方」で検索すると載っていますよ。

節の間は40センチで十分です。これならいくらでも
見つかるでしょう?
篠竹切りは寒い1月から2月。3年目以上の竹を3年以上
日陰で乾燥です。
竹根はあまり見たことがありません。近頃はヤマだにや
蛭が怖いので竹林には入りませんので。

投稿: あぼうかい | 2014年10月29日 (水) 20時40分

xmas峰猫さん

サンタ①:お金とお菓子を持ってやってくる
サンタ②:ケーキを持って帰る
サンタ③:サンタ見習いはお金とお菓子を
     欲しがる

サンタが来るまでにまだ2ケ月あります
それとなくそれとなく潜在意識に植え付けましょう

頑張ろう去年までのサンタさん

投稿: 房州や | 2014年10月29日 (水) 22時54分

xmasmimiさん

残念ながら「千葉日報」ではありません
どうやらご近所も違うようです
でも、
章魚庵さんがなんとかしてくれそうですね

投稿: 房州や | 2014年10月29日 (水) 22時56分

xmas閑おじさん

冬は冬らしく
夏は夏らしくですか
さっきまでNHK歴史ヒストリアを見てました
「遠野物語」です
今でも伝わり続けている
良い土地・良い人たちですね

投稿: 房州や | 2014年10月29日 (水) 22時59分

xmas章魚庵さん

そうですね日・月だけが
雨の確立50%ですね
晴れ女もいるということですから
何とかなるでしょう

notes雨に歩くのも案外楽しいかもしれません
寒くなければですが

投稿: 房州や | 2014年10月29日 (水) 23時01分

xmasあぼうかいさん

>篠笛を作るつもりですか

 いえいえ、作りませんよ
 近所のおじさんは尺八を作ってましたが
 今はどうなんでしょう
 竹に詳しい(?)あぼうかいさんなら
 竹根にも詳しいかなと思ったのです

 50cmもある長い笛を
 和田浦WAOで見たものですから
 その後、竹藪を見る度に
 ないなぁないなぁとついつい
 見てしまいました 

投稿: 房州や | 2014年10月29日 (水) 23時05分

竹は寒くなってからでないと、切れないそうですね!暑い時に切ると虫がつくそうです。

昔は竹の花入れなどが良く虫に喰われました。穴に注射器でシンナーとか注入して殺しました。
ノズル付きの殺虫剤スプレーが出てからは、それを使いましたが、最近は竹を薬品に漬けて漂白する為か?虫が付かなくなりましたが、その分?割れます。
昔の様に、火で焙って竹の油を抜いてから、日に晒して、白くして、1年以上乾燥させると良い竹材が出来るのですが、値段が高くなります。

炭も葉が付いている木を切って炭を作ると、皮が剥がれてパチパチはねる炭になります。寒くなって落葉してから切るそうです。

今、東北は放射能汚染で炭が焼けないのです。
だから、炭が不足して高騰しています。
安いのは中国製です。

投稿: 閑おじ | 2014年10月30日 (木) 09時51分

wave

陶印作家も炭が高くなって たいへんですね。
安い中国産の炭はPM2.5が吹き出すといけません。
高くても国産の炭を使いましょう。
どうでしょう、炭焼き窯を作って炭焼きから始めませんか。
炭にする小枝は近所の山にいけばいくらでもあるでしょう。

日曜日に帰京の予定が、ヤボ用が出来て午後から急きょ帰京です。
そんなわけでこれから部屋の掃除、洗濯です。では。

投稿: あぼうかい | 2014年10月30日 (木) 10時19分

xmas閑おじさん

さすがお茶道楽の閑おじさん
竹についても詳しい

茶筅・茶匙・花活け・箸
耳かき・孫の手・扇子・団扇
竹とんぼ・紙飛行機
筍ご飯・若竹汁・筍煮物
ついでに竹根印

人形に竹の小道具は幾つ作ったのでしょう

竹根取りも枯葉が落ちた冬かな

投稿: 房州や | 2014年10月30日 (木) 12時14分

xmasあぼうかいさん

起きた時は寒かったのですが
お昼は過ごしやすい気温となりました

ぐだぐだ生活を止めるほどの
野暮用とはなんでしょう?????
野暮用じゃなくて雨の予報だが傘がない??
ささっと掃除を洗濯を済ませ
カソ村駅前発江戸行きのバスに乗りましょう

炭は栃木の(多分)国産の
少々高めの木炭を買ってます
お茶用の立派な炭も
良いものを手に入れるのは大変なようです
お遊びの七輪焼きの炭も
それなりの良いものは高くなりました

・炭焼きのけむりたなびく朝の道

投稿: 房州や | 2014年10月30日 (木) 12時27分

新聞の件、ありがとうございました。

やっぱり千葉は都会だなぁ。
今回、千葉在住の方数人にお聞きしたのですが、だーれも「千葉日報」取っていないの。

新潟県は石投げれば「新潟日報」取っている人にあたります。たぶん…
メジャーな記事よりローカルな記事が好まれるのでしょうね。家も新潟日報でーす。

投稿: mimi | 2014年10月30日 (木) 22時33分

xmasmimiさん

>やっぱり千葉は都会だなぁ

 千葉の都市部は、浦安から千葉までの間だけで
 房総半島・九十九里辺りは
 田舎の風景が広がる、住みよい場所です

>だーれも「千葉日報」取っていないの。

 私の知っている地方紙は
 館山の房総日日新聞があります
 行事や観光地を知るのに役立ちます
 インターネットで読めるのが便利です

投稿: 房州や | 2014年10月31日 (金) 16時07分

happy01
久しぶりの東京は暖かいですワ
トップのサンタさん あまりの暖かさに
帽子を脱いだ それとも忘れてきたの

サンタさんはやっぱり帽子をかぶった
方がよく似合う

コメント届いてくだされ 

投稿: あぼう・かい | 2014年10月31日 (金) 20時03分

xmasあぼうかいさん

いえいえ帽子を脱いだのではありません
証拠の写真を追加しときました
このサンタさんはロング丈のコートで
フード付きを着ています

暖かくて何よりです
明日からは雨の予報ですが
傘さしてお出かけですか
風邪引かないように

投稿: 房州や | 2014年10月31日 (金) 21時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 山頭火34 | トップページ | 山頭火36 »