« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月30日 (火)

婆と章魚

楽しい行楽から一転

御嶽山の噴火で大勢の方が亡くなりました

亡くなった方のご家族・親戚・友人の方に対し心が痛みます

救助活動をされている自衛隊他に二次災害が無いように祈ります

-------------------------------------------------------

さて

以前に登場したお婆さんの妹とお友達です

また、お婆さんの人形じゃ興味ないかもしれませんが

2014093020140930_6

彩色釉薬を持っていないので、顔に釉薬をつけない位が精いっぱいです

ウニのように後で彩色すればもっと変化させられるのでしょうが

 

最後はタコ壺のたこです

20140930_3 20140930_4 20140930_5

タコ壺はザラザラにしたり、フジツボをつけたりして遊んでみました

     

No.1056

      

これまでに登場したものですが、根付風にしてみました

20140906_2

 根付にはならないでしょうが、

 勇気があれば、腰からだって首からだってぶら下げることだけは出来ます

 根付紐は東急ハンズで108円(消費税込)で売ってます

 こんな変な物、使えるか使えないかは

 使う人次第、私は使いませんが

   

こんな変なものを見た後にもっと変なものが見たくなった時に見る本

20140925002

             「なんだ! これは」と思う人が増えますように

             変な形にはそれぞれ変ではない意味があります

             この本を借りるのは2度目です

             読みたくなったあなたも変な人かもしれません

| | コメント (14)

2014年9月26日 (金)

梟梟梟梟

昨夜の雨は止み、今日は晴れのようです

       

ホーホーホーホー

おおきなふくろう・ちいさなふくろう・みみのないふくろう・みみのついたみみづく

20140930_11 20140930_12 20140930_13 20140930_14 20140930_15 20140930_16

        ちいさなフクロウのほとんどに根付紐を通せる穴を開けてます

        根付紐があれば根付みたいなものとして通用するかもしれません

        陶の根付は落としたりするおっちょこちょいには向きません

No.1055

   

本格的な秋を迎え   

彼岸花はそろそろ終わりになり

空には 鰯・鯖が浮かび、

店先には秋刀魚が並びます

散歩の途中で運動会の練習もみうけます

晴れた日には外に出て体を動かしたくなりませんか

残念ながら雨が降った日には、

こんな本をパラパラめくってみるのも面白いかもしれません

20140925001

       今年3月に亡くなったイラストレーターです

       本の表紙やエッセイや小説でご存知の方も多いと思います

       名前は知らなくても、イラストを見れば

       ああ、この人か!と思うでしょう

| | コメント (12)

2014年9月22日 (月)

再々陶印

色んな形で陶印を作りました

   

20140930_7              かえる・かえる・うさぎ・かめ(ウサギとカメのカメです)

             緑のカエルはアマガエルと呼んで良いでしょうか

20140930_8

              ふくろう✖5  横向きの梟は倒れやすい欠点が

                       あることに気付きました

20140930_9              ひと・あし・うし・て

  ひと:ブランコに乗ったおじさんの予定でしたが、予定変更しました

  あし:何故足かって? う~ん  

  うし:おじゃる丸に出てくる、平安時代のうしです

     現代のうしではないので正座が出来ます

  て:分厚い手です、働く人の手です

こんな形の印を作りました、次の写真はこれらの陶印を捺したものと

並べていますので、どんな文字が彫られているか考えてください

20140930_10 

        わかりましたか 答えは

          富・富・福・福・学

          夭恙(つつがなし)・道・雅・遍

          大吉・う・平安・永

        形と文字があっているのもあればそうでもないのもある

        それでよし、遊びだから

No.1054

   

房州やの手抜き和綴じ表紙の作り方④

20140918

         右から左へ表から裏になります

         3番目と4番目の間に印譜が挟まります

| | コメント (10)

2014年9月18日 (木)

棘物七態

秋です

里山散歩の楽しい季節です

稲刈りの終わった田んぼ・苔むした石仏・色づき始めた柿

忘れずに咲き始めた彼岸花・秋桜・・

朝の涼しいうちに2時間ちょっとの散歩を楽しんでいます

最後の写真が散歩で見ている風景です

-------------------------------------------

今回は予告通り、棘ものばかりのご紹介になります

  1.太陽のような向日葵のような棘物①

20140930_3        

        割れたので作り直したものです

        太陽のような向日葵のような得体のしれぬ棘のあるやつ

        額の二つの点は、お公家さんの印ではありません

        紐が通せるように穴を開けています

 

2.細い棘の多い棘物②③

20140930_4         横に顔のある棘ものと体中が棘の物体です

         細い棘は焼く前に何本か消えてしまいました

         折れたり消えたりとにかく彼らは

         不思議な能力を持った者たちです

3.棘のないのに、あえて棘物に分類した④⑤

20140930_5

         棘が抜けたのか最初からなかったのか穴だらけが一つ

4.棘の真ん中に顔のようなものがある棘物⑥⑦

             20140930

          左側の棘棘の穴には、爪楊枝が刺さる予定でしたが

          なくても良いかなと思い直し、そのまま登場

          おまけにこんなものをご覧ください

         よろしかったらお一つお召し上がりください

    

    

 5.美味しそうに変身したら、こうなりました   

20140930_6

 

NO.1053

   

  七つの棘もののうち四つはぶら下げられるようにしました

  首からぶら下げる危険を冒す勇気は全くありません

   

    6.首に良し、壁に良し、携帯に良し

20140906

      

          根付紐・荷造り用麻紐・革紐(丸)を穴に通してみました

     この棘棘に決してハグ等しないように

------------------------------------------

20140918001

    毎日同じじゃ飽きるので、時々コースを変えて歩いています       

| | コメント (12)

2014年9月14日 (日)

七輪遊戯

世間は3連休とか、天気も良さそうなので

どこかへ出かけているのでしょうか?

3連休で肝心なのは15日の敬老の日です

ありのままに生きていることが、元気に歳をとる秘訣のようです

易しいようで難しいことだと思います

----------------------------------------------

再び、七輪遊びが始まります

後半登場する色んなものの集合写真です

顔が隠れているもの、後ろで小さくなっているもの、恥ずかしがっているもの

いろいろです

20140930

前列左から         ①棘のあるもの・・・・・7個

前列真ん中あたりから  ②陶印(かえる・かめ・・・ふくろう)・・・・・9個

2列目は左側から2/3が ③フクロウ(半分が根付仕様)・・・・・16個

2列目右側の6つが    ④お地蔵さん・・・・・6個

3列目左側は        ⑤みみずく・・・・・14個

続いて            ⑥陶人形・・・・・3個 

                ⑦たこつぼにタコ・・・・・1個

最後は            ⑧陶印・・・・4個

     

次回から少しづつ紹介していきます

    

 予告 

引っ張れるだけ引っ張っていますが  

棘のあるものを上から見たところがこれです(↓)

光っていて見にくいのですが次回が楽しみになるように

わざと下手な写真を出しています

20140930_2

      不手際で割れたものはどうやら再生能力が強いようで

      棘の数が増えてしまったようです

      ここでは相対的な大きさを感じてください

      次回は棘棘だけで出演します(ほとんど同じですが)

No.1052

   

   

房州やの手抜き和綴じ表紙の作り方③

20140914_2

          上の3枚は糊付けしません、折っただけです

          下の2枚は糊付けします

          折った後のサイズが半紙 1/8になります 

| | コメント (8)

2014年9月10日 (水)

小枝竹根

9月8日は仲秋の名月でした

そして昨日の大きな月を見ましたか

      

朝から一日中このニュースでした

錦織圭さん全米オープン準優勝おめでとう

来年も決勝戦に行きましょう

     

夜はテレビを見てました 

サッカーは2:2の引き分けでした

守備のミスを減らさなくては

--------------------------------------

もう少し七輪遊びがあるのですが

ちょっと休憩の意味も込めて

小枝印や竹根印をご覧ください

印床に固定して(手を切らない自信ある人は手で持っていても良いのですが)

彫刻刀で彫りました。

消しゴム印よりは硬めで、石印よりも柔らかく、

とても簡単で短時間で、

おしゃれな印作りを楽しめます

----------------------------

20140730

                         お地蔵さん5態:山椒・紅葉の小枝を使いました

20140730_2

       竹根印6本(章・竹・竹・と・な・光)つい竹の字を彫ってしまいます

       小枝に比べ年輪がないぶん彫りやすいのかもしれません

               竹根に「竹」を彫るのは能のないことですね

   

捺してみるとこうなります

  20140910001

  

20140910001_2

    

  

石は石らしく、小枝は小枝らしく、竹根は竹根らしく

なっていれば良いのですが

さあ、やってみませんか?

No.1051  

 昨日は重陽の節句

   菊の節句・栗の節句とも言うそうです

  次回は棘棘の登場予定です

   

  

房州やの手抜き和綴じ表紙の作り方②

20140910

               定規とカッターを使いカットします

               右端の紙は使いませんが

       (何枚かたまると、これも表紙になりますので捨てないで)

| | コメント (6)

2014年9月 6日 (土)

陶遍路姿

喜ぶ人は皆無でしょうが

再びの遍路姿人形は前回の約半分の高さで小型です(5cmちょっと)

前回のお婆さんの人形よりも少しだけ大きいのですが

体にはいろんな道具を持たせています

20140821_6 20140821_7 20140821_8

ちっちゃな急ぎ足の歩き遍路陶人形を作りました

爪楊枝を切って金剛杖に見立てています

歩き遍路に必要な

菅笠・白衣・リュック・ずた袋等の一通りの遍路用品を身につけさせました

こんなのを作ると、また遍路に行きたくなってきます

No.1050

  突然ですが

  朝晩涼しくなり過ごしやすくなってきました

  ところで、秋の七草知ってますか?

   萩・桔梗・芒・撫子・藤袴・女郎花・葛

  万葉の昔から日本に咲いていたのでしょう

  万葉の歌人になったつもりで愛でてみませんか

  先日、すぐそばに秋が来ていました

  駐車場に赤とんぼがやってきてました

  指を立ててみたのですが、とまってくれませんでした

   

 

房州やの手抜き和綴じ表紙の作り方

20140906

          千代紙に表・裏表紙と補強紙を取るための

          線を引きます。

          この大きさは 半紙の1/8サイズになります

          

| | コメント (12)

2014年9月 2日 (火)

陶婆人形

9月になりました、昨日は二百十日でした

大きな台風が来なければ良いのですが

今年はどうなのでしょうか?

それにしても今朝も涼しい

--------------------------------------------

今回の七輪焼き物は少々地味です

まん丸い顔に眼鏡姿の可愛い品の良いお婆さんです

違う等と疑問の余地はありませんよ

20140821_3 20140821_420140821_5 

    粘土で作ったお婆さん人形(高さ5cm位)

    背中に開いた二つの穴は、根付紐を通すためのものです

    親孝行な人だけがつける根付です

    落としたりしない人だけがつけることが出来ます

No.1049

昨日は九月一日でした、九月一日と言えば、これです

 九月一日

 どっどど どどうど どどうど どどう

 青いくるみも吹きとばせ

 すっぱいかりんもふきとばせ

 どっどど どどうど どどうど どどう

 谷川の岸に小さな小学校がありました

  で始まるのは「風の又三郎」(宮沢賢治)です

   

遅くなりましたが、あぼうかいさんだけへの情報です

20140929005

  中央右に赤で表示されている路線が「いすみ鉄道」(旧JR木原線)です

  この路線と繋がっているのは、蘇我の先、五井から出ている小湊鉄道です

  両路線は半島の真ん中、「上総中野駅」で繋がっています、JR内房線

  「五井」からオレンジ色の電車に乗り「上総中野」で黄色いムーミン電車へと

  乗り換えると外房線「大原」に着きます

  話にありました、「久留里駅」は木更津から「上総亀山」までの久留里線の

  中間駅にあたり、いすみ鉄道への乗り継ぎは出来ません

  久留里は古い街で、美味しい水が湧き、お米もお酒も雨城楊枝等も

  よく知られています。是非一度お立ち寄り下さい

| | コメント (16)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »