« 小枝印桜 | トップページ | 黄楊瓢箪 »

2014年7月28日 (月)

昔話真実

只今棘のある粘土細工は乾燥中です

-------------------------------------------------

日本昔話の原本をようやく手に入れることができました

その話からいくつかを小枝印にしました

どうぞ、先ずは小枝印をご覧ください

20140722

               印面を見ただけでは

               何が何やらわからないと言う人のために

               捺したのがあります ↓

1.一寸法師     (一番右の印)

034c003       一寸法師はお椀の舟に箸の櫂、京へ向かって

        行ったのですが、箸の櫂では無理だったようで

        途中で箸は急流に流され、水はお椀の中に

               水を掻きだしながら、海に流れていった

 (不安な一寸法師)   そして海岸で苛められているところを

               亀に助けられ竜宮城に行きました

 

2.竹取物語     (右から2番目)

035c003    光る竹を切ったら、小さな女の子が出てきたと

   言われてましたが、この本は違いました

   小さな光る竹の子だったと言うのが本当です

   どうです、可愛らしい女の子ではありませんか

             大きくなって、一皮むけたら、そりゃあ美人ですよ

             おまけに竹を割ったような性格でなのですから

                             肝っ玉母さんになったそうです

3.桃太郎      (左から2番目)

036c003     桃から生まれた桃太郎と聞かされてきましたが

    フナッシーのような体をした

    ユルキャラ伝説があります

            それがいつの間にか、変わってしまったのですね

            本当はこんな格好らしいです

            鬼退治に行ったかどうだかよく判りません

            桃イリュージョンが有名ですね

 

4.笠地蔵      (左端)

037c003      その日、笠売りに出たお爺さんは、売れ残った笠を

     担いで、背丈以上に降り積もった雪の道を

     急いでいましたので、お地蔵さんのこと等

            考える余裕もありません

            途中で転んだ拍子に笠がどこかに飛んでしまいました

            自分のつけていた笠まで

            難儀をしながら家に無事帰りついたそうです

            もちろんお地蔵さんは雪に埋もれて見えませんでした

            翌年、雪が融けると偶然笠を被ったお地蔵さんが

            現れたそうです 

            お地蔵さんがお礼に来たときには

            食料も尽きかけていたお爺さんとお婆さんでした 

No.1040

 

日本昔話は実に面白いですねーーー

貴重な資料ですが、恥ずかしいので他言無用に願います

日本昔話ではありませんが 

これらの本は、みなさんに教えてあげてください

最近借りてきて、なんとなく眺めている本の紹介

20140724001 20140724last002

        東日本大震災を風化させないために

        石巻市鮎川浜の漁師「齋藤富嗣」さんの」壮絶な体験談を

        絵本にしたものです

             話:齋藤富嗣

             絵:本多豊國

             発行:株式会社 ベイエフエム

                        ↑ 欲しい方はここに連絡すれば

                          何とかなるかもしれません

もう一冊はこれ

20140724003_2

     世界で一番美しいイカとタコを見たい人だけの本です

     見たい人は何人くらいいるでしょうか

     ↑ きれいなイカです、表紙を早く開きたいそう思いませんか?

|

« 小枝印桜 | トップページ | 黄楊瓢箪 »

遊び印」カテゴリの記事

コメント

小枝印、すっごくいいですね。可愛い~。
昔話の原本があるのですか?
房州やさんの可愛いはんこ見ちゃったら、私の中の昔話のイメージはこの絵になっちゃいました。

素敵な本の紹介もありがとうございます。
「トミジの海」はどうにかして読みたいと思います。
イカとタコも「世界で一番」と言われると見たいですね。

投稿: mimi | 2014年7月28日 (月) 23時46分

房州やさんはサッカーW杯は、ただ見ては
いませんせんでした。手は小枝印を彫って
いたのです。
房州やさんならそのくらいのことはできるのです。
それでこんなカワイイむかし話印ができあがり。
竹取り物語の女の子は可愛い。
むかし話の原本の方が面白そうですね。
原本を絵にしたのは、もしかしたら房州やさん
が初めて?
次回が楽しみになってきました。

今夜k市の花火大会。昨日から悪友2人
やってきてブログのコメントもかけません。

投稿: あぼうかい | 2014年7月29日 (火) 05時42分

bookmimiさん

>トミジの海

 墨彩風の絵に圧倒され
 津波の悲惨さも分ります
 本、見つかると良いですね

毎日暑い日が続きます
熱中症にならないように

投稿: 房州や | 2014年7月29日 (火) 07時08分

bookあぼうかいさん

今頃は各地で花火大会があるようですね
花火を見ていて、首が痛くなりませんでしたか

どうやら、原本は半分にちぎれていて
どこかに、残りの半分があるのでしょう
あぼうかいさん、古本屋で見つけたら
房州やに知らせてくれませんか?

投稿: 房州や | 2014年7月29日 (火) 07時12分

「トミジの海」は捜してみましょう!
世の中には、色んな生き物がいますね~!
水族館に行くと、良く「神様が遊び心で作ったんだろうな~」というような生き物が沢山います。
エビの仲間はきれいなのが多いですね!イカやタコも生まれたてはクリオネみたいでかわいいですよね!
たぶん、この本のイカやタコは、実物より写真の方がきれいに見えますよね!大きく見えるし・・・
この表紙の写真の生物だって実物が、何メートルも有ったら、怖いですよね!

投稿: 閑おじ | 2014年7月29日 (火) 09時34分

book閑おじさん

>「トミジの海」は捜してみましょう

 図書館にあるのでは
 ぜひ見つけて読んでください

>良く「神様が遊び心で作ったんだろうな

 時には遊びで作りたくもなります
 きっとリクエストもあります
 中には失敗作もあると思います
 それは陸の生物より海の生物に
 多いのは何故でしょう
 海の神さまは遊び好きに違いありません

>この表紙の写真の生物だって

 大きなものは何となく怖いですね
 優しい顔してても、長い脚の吸盤で
 捕まったら、可愛いだの綺麗だの
 言ってられません

追記(7.29.22:10)
   黄色の神様到着致しました
   魔除けにいたしましょう

投稿: 房州や | 2014年7月29日 (火) 15時03分

sun
日本昔話 原本。
>どうやら、原本は半分にちぎれていて
 どこかに、残りの半分があるのでしょう

日本昔話 原本、相当に古い本ですか
和綴じ本ですか 著者 出版社はわかりますか。
どこで手に入れましたか。そのへんの
ことが分からないと探しようがありません。

「殿さまの五七五」のように平成になって
から作られたらしい怪しい本ではないでしょうね。

「トミジの海」この話はあの震災の後
本人がテレビのインタビュウに答えて
いるのを見たことがあります。
絵本になったのですね。
残念ながら新宿区の図書館には置いて
ありません。

投稿: あぼうかい | 2014年7月30日 (水) 06時07分

bookあぼうかいさん

>怪しい本ではないでしょうね

 骨董には詳しくないので何とも言えませんが
 ところどころに筆の跡が残っています
 訂正印なのか「あ」の字も見受けられます
 名のある誰かの蔵書だったのを
 何かの争いに巻き込まれ、取り合った時に
 二つにちぎれたのではないかと推測してますが
 新しいものなのでしょうか
 「あ」の字の人がいたずら描きしたものでしょうか
 値打ちものなら、鑑定団に出しましょう
 
>トミジの海・・・本人がテレビのインタビュウに答えて

 であればなおさら見たいでしょうね
 あぼうかいさんの好みそうな絵だと思いますが
 わが町の図書館も捨てたものではありませんね


投稿: 房州や | 2014年7月30日 (水) 10時55分

happy01イカとタコだけの図鑑。
売れますかね。

山形の加茂水族館はくらげの水族館。
テレビで見たけどくらげってきれいです。
くらげの水族館でお客さんが入るかと
思ったら大人気だそうですね。

イカとタコだけの図鑑も、もしかしたら
売れるかも。

投稿: あぼうかい | 2014年7月31日 (木) 14時44分

bookあぼうかいさん

こんなにきれいなイカやタコは
めったに見られるものではありません
あぼうかいさんのような人には(どのような?)
ぜひ見て欲しい本です。

クラゲの水族館はテレビのニュースで見ました
行ってみたいのですが、遠すぎます
きれいなクラゲの本もあるのですが
イカやタコの本ほど豪華ではありません

この際
イカ・タコ・クラゲ図鑑にしましょう

ハイ、あぼうかいさん予約ですね

投稿: 房州や | 2014年7月31日 (木) 18時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 小枝印桜 | トップページ | 黄楊瓢箪 »