« 櫻咲逢別 | トップページ | 小枝印作 »

2014年4月19日 (土)

夕空柚子

未だ体調戻らず、(初めての経験です)

なんとか長時間座っていることが出来るようになりました

来週には元気になっているかもしれません

------------------------------------------  

前回に引き続き   山頭火14

七輪陶印による山頭火の句印です

   

   

350c002     「萩がすすきがけふのみち」

    

      色は控えめに

   

   

   

    

   

  

346c002    「あんたが来てくれそうなころの風鈴」

    夕方酒でも持ってあなたが

    やってきそうな

    ふうりんがチリリンとなっている

    

   

   

351c002     「ゆふ空から柚子の一つをもらう」

      夕空に手を一杯に伸ばして

      柚子の実を頂いたのでしょうか

    

   

   

 

ほぼ実物大  

No.1015

     

 

|

« 櫻咲逢別 | トップページ | 小枝印作 »

遊び印(俳句)」カテゴリの記事

コメント

陶版画、すごい!
七輪から本格的な窯になったのではありませんか?
もう遊びではありません。
このサイズで山頭火を全部彫っちゃいましょう。
抑えた色彩もいいです。
房州やさん、風邪などひいてる場合では
ありませんよ。scissors

投稿: あぼうかい | 2014年4月19日 (土) 23時41分

柚に手を伸ばしている山頭火さん、動きがあっていいですね。
柚と言うことは、冬空かな?

ともかぎらないか・・
私、今春限定の「ゆずこしょう味柿の種」食べながら書いています。

房州やさん、体の具合はいかが?
よくなりましたか?

投稿: mimi | 2014年4月19日 (土) 23時56分

おはようございます

この陶印の雰囲気、いい感じです。
文字が風音や空音のように耳にのこります。
ブローチにして胸に留めたいデス。

おからだの調子はいかがでしょうか。
もうひと息のようなので安心しておりますが。

投稿: 七海 | 2014年4月20日 (日) 07時28分

pouchあぼうかいさん

相変わらず
寝たり起きたりテレビを見たり
本を読む気力はありません
ましてや新しいものを作ろうなんて
考えてもいません
明日あたり
近所を散歩にでも

投稿: 房州や | 2014年4月20日 (日) 18時26分

pouchmimiさん

高い枝からというより
高い空から頂くイメージで
背伸びをさせてみました

体調は確実によくなっているのですが
歳のせいかなかなか完治とはいきません
もう少しです

投稿: 房州や | 2014年4月20日 (日) 18時28分

pouch七海さん

大きな陶印を作ると
捺すのが大変です
何事もほどほどが良いようで
大きすぎるのも
小さすぎるのもよくありません
風邪を引くのもほどほどが
良いようです
長引く風邪は良くありません
気をつけてください

投稿: 房州や | 2014年4月20日 (日) 18時31分

昨日からカソ村。
昨夜は寒くてストーブと炬燵のやっかいに。
今年の天候はおかしい。
房州やさんも風邪ひくわけです。

カソ村のパソコン動きが超のろい。wobbly

投稿: あぼうかい | 2014年4月21日 (月) 21時18分

pouchあぼうかいさん

もうすっかり良くなりました
咳の数もずいぶん減りました
食欲だって随分出てきました

昨日今日は3月並みの気温でした
体がびっくりするのも当たり前です
・炬燵出させカソ村に穀雨降る
風邪引かぬよう散歩は控えめに

投稿: 房州や | 2014年4月21日 (月) 23時17分

○○の霍乱でしょうか。
良くなったとのこと、安心しました。
ぶり返さないよう、ご無理なさらずに。

さて、○○には何が入るでしょう。
「色男」「天才」etc……

とにかくお大事に。

投稿: 峰猫 | 2014年4月22日 (火) 22時35分

pouch峰猫さん

御仏の霍乱でしょうか
神さまでも仏さまでもきっと病気なるのでそう
それとも、美男薄命とも申しますので
房州やの寿命もこれまでかと思っていたら
なんと治りそうな気配が
困ったことでございます
季節の変わり目には病気になったり
無くなったりする人が多いとか
峰猫さんも体重体調管理に努め
あと100年ほどは長生きしてください

投稿: 房州や | 2014年4月23日 (水) 14時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 櫻咲逢別 | トップページ | 小枝印作 »