« 山頭火10 | トップページ | 楽此不疲 »

2014年2月18日 (火)

山頭火11

雪掻きも2度目となれば慣れたもの

少しは上手になりました

また明日には雪の予報が出ています

外れることを期待してますが

雪掻きも楽しみにしています

----------------------------------------------

一か月半ほど続きました、今回の山頭火シリーズは

11回でひとまず終わりです

お付き合いありがとうございました

-------------------------------------------------

291c003_3      ・もりもりもりあがる雲に歩む  

       もりもりもりが好きで

       何度か彫ってます

    

   

292c003_3       ・雪の法衣の重うなる

        湿った雪でしょうか

     

   

 

293c003_2       ・分け入っても分け入っても青い山

        おなじみの句で

        似たような絵ですが

               最後の句はこれでしょう

   

ご存じだった句はありましたか?

気にいった句はありましたか?

お疲れ様でした

    

No.0999

   

追加写真  (特定のお客さんへ)

   新宿某所の河鹿荘の写真です

20140220001

               中央奥の蔦に絡まれた建物です

               面白そうではありませんか

|

« 山頭火10 | トップページ | 楽此不疲 »

遊び印(俳句)」カテゴリの記事

コメント

キセルのような登場ですが、
ちゃんと読んでおりましたデス。

私も<もりもり>がすきです。
雲を見ながら、ちからこぶをつくります。
こころも<むくむく>膨らんできますから。


今年の雪、変ですね。
こちらでは、雪かきをしないで済みました。
房州で二度も?
もりもりをこしらえましたか?
それとも掌にお豆さん?

投稿: 七海 | 2014年2月18日 (火) 08時59分

・もりもりあがる雲に歩む
この句ははじめてお目にかかります。
入道雲でしょうね。

あれ、もりもりではないですね。
   もりもりもりと3回でした。

>今回の山頭火シリーズは
 11回でひとまず終わりです

ひとまずですね。
12回目の準備がもう始まっていますね。
ひとまずの朱色がその証拠。次回からは
当分陶印です。さらに進化した陶印です。
楽しみです coldsweats01

投稿: あぼうかい | 2014年2月18日 (火) 10時35分

cloud七海さん

随分と竹の部分が長い煙管ですね

三度目の雪もありかと
半分期待していたのですが
どうやら降らない様子になりました
来年の雪に備えて
老化著しい長靴を準備しておかなくてはと
思っている今日この頃

そちらに雪がないとは
楽しみにしていた除雪ができないとは残念ですね

投稿: 房州や | 2014年2月18日 (火) 15時00分

cloudあぼうかいさん

もりもり・むくむく・ふわふわ・ぷかぷか・寒い雲
なんとなく想像できます

陶印もなかなか難しく進歩はありません
山頭火の句を「はんこ」にしようなんて
思うことがなんだか変だと
早く気がつくべきでした
なので、しばらくお休みです

雪が止むまで休もうこの木のしたで

投稿: 房州や | 2014年2月18日 (火) 15時14分

>雪の法衣の重うなる
今の季節に読むとズーンときますね。
湿った重い雪なんでしょうね。
足からも凍みてくるだろうなぁ・・

こちらは例年に比べ、ほどほどの降雪でした。
まだ油断できないけどね。
中途半端な降雪だと、除雪車もなかなか出てくれなくて、困ることがありました。

投稿: mimi | 2014年2月19日 (水) 00時15分


「分け入っても分け入っても青い山」
やはり、ずしっときます。
果てがないから、辛いのか嬉しいのか。
何でしょうか?

11回続いていたなんてビックリです。
まだまだ、続いてほしいって感じてました。

ありがとうございます。

投稿: La pie | 2014年2月19日 (水) 01時31分

突然の大雪でしたね。
スタッドレス履いてても車は動かせないし電車も動かないし。
地震とか富士山噴火に備えて備蓄しなくてはと思いつつ、気を抜きかけていたときにこの大雪。
もりもり食べて、いつの間にか無くなっていった缶詰等をまた少しずつ買い足さなければ。

明日、明後日の予報は曇りになったようですが、どこまで信用して良いのやら。coldsweats02

投稿: 峰猫 | 2014年2月19日 (水) 01時47分

・雪の法衣の 重うなる

山頭火は雪の中を歩きました
笠にも雪がつもります
杖をつかないとすべります
木綿の法衣は水分を吸って重い
長靴を買うお金もない
お腹が空いた
吉野家もない

・歩いても歩いても雪のなか

投稿: あぼうかい | 2014年2月19日 (水) 08時09分

cloudmimiさん

指先が濡れてくると
ジンジンします
霜焼けになります
お風呂に入ると
また大変です

もう溶けてしまいましたが
あちこちに雪だるまやカマクラが
作られていました
めったに出来ない楽しみです

投稿: 房州や | 2014年2月19日 (水) 22時21分

cloudLapieさん

数だけは40顆を超えますね
数を作ればいいってものではありませんが
駄作でも多く作るのは大変です
またそのうち登場できればと思います

投稿: 房州や | 2014年2月19日 (水) 22時24分

cloud峰猫さん

ご近所は大雪で大変なようですね
スーパーもコンビニも
食料品が無くなっている映像が
テレビで流れていますが
ちゃんと食べてますか
あまりスマートにならないでくださいよ
逢った時にわかる程度にお願いします
こんな時は
猫は炬燵で丸くなるが一番です

投稿: 房州や | 2014年2月19日 (水) 22時27分

cloudあぼうかいさん

有楽町駅の側の宝くじ売り場の横に
托鉢の坊さん(多分)がいました
身なりが良かったので
山豚火さんではなかったと思います
吉野家で牛鍋を食べて出て来たところ
だったのでしょう
満足げな顔つきでした

久し振りの東京で疲れました

投稿: 房州や | 2014年2月19日 (水) 22時33分

わざわざ有楽町まで宝くじを買いに。
それはご苦労さまです。
1等が当たったらその身なりのいい托鉢の
坊さんと、あっしにお恵みを。

きょうは雪は降りそうもありませんね。
   sun

投稿: あぼうかい | 2014年2月20日 (木) 09時08分

山頭火ひとまず終わりですか?
山頭火の句はまだまだありそうですからまた楽しませてください。

私も先日からちょこっと山頭火描いてます。
私の場合はシリーズにならないのが悲しいところです……。

投稿: 章魚庵 | 2014年2月20日 (木) 10時02分

cloudあぼうかいさん

頂くか拾うかした宝くじが当たったら
あぼうかいさんには追分だんご3日分を
ご馳走しましょう
慌ただしくの江戸往復で疲れただけでした
来週は暖かくなりそうなので
七輪に火でも入れようかと思っていますが
全てはお天気次第です

投稿: 房州や | 2014年2月20日 (木) 19時56分

cloud章魚庵さん

久方ぶりに山頭火の登場ですか
墨彩画かな切り絵かな
楽しみです
是非シリーズ化しましょう
週1で年に50で良いでしょう
では早速来週からということに

今年の雪は凄いですねー
埼玉・山梨・多摩・・・
ご近所は何もなくて良かったですね

投稿: 房州や | 2014年2月20日 (木) 20時00分

>新宿某所の河鹿荘の写真です

あの辺りは今月2回行ってます。
河鹿荘は見つかりません。
房州やさんと見ているものが違うのでしょうか。
今月はいけないので、来月に入ったら
早速行ってみます。
写真で見るとレンガの歩道の奥ですよね
    wobbly

投稿: 特定のお客です | 2014年2月20日 (木) 23時37分

cloud特定のお客ですさん

抜弁天の社に向かって左手
余丁町通りを横切り法善寺に向かう細い道を
曲がる前の左手にあります
分るかな
今でも人が住んでいると思います
暇な折に訪ねてみてください

投稿: 房州や | 2014年2月20日 (木) 23時44分

あ、そっちの方には行ったことがない。
抜け弁天は家から歩いて30分。
房州やさんは家を出てから2時間。
30分人がが2時間の人に教えてもらったのでは
サマになりません。weep
ま,来月早々探しに行ってきます。

山頭火はひとまず今日でおしまいですね。
明日はなにが載るのか楽しみ。
多分、陶印だと思いますが・・happy01

投稿: 特定のお客です | 2014年2月21日 (金) 10時14分

cloud特定のお客さん

>サマになりません

 新宿山の手七福神巡りで
 見てきたばかりですから
 まだ記憶に新しいのです

>陶印だと思いますが

 粘土で形を作ってもすぐには
 捺すことが出来ないので
 結構時間がかかり面倒なのです 
 それに普通の印を作るのは飽きてきて
 何から出していきましょうか
 もったいぶったりして
 

投稿: 房州や | 2014年2月21日 (金) 12時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 山頭火10 | トップページ | 楽此不疲 »