« 楽此不疲 | トップページ | 陶焼鬼参 »

2014年2月26日 (水)

山頭火12

昨日は良い天気でした

このまま春になってくれればよいのですが

------------------------------------------------------

ほっと一息入れていたら

また、山頭火かよ、

ようやく終わったと思っていたのにと思わずに、ご覧ください

前回までと異なり、今回の山頭火の句印は陶印になります

   

1.ふくろう

336c003    

   

   

   

2.ふくろうはふくろうでわたしはわたしでねむれない

337c003

     文字が多すぎて途中でやめました

   

   

3.もりもりもりあがる雲へ歩む

338c003   

     山頭火11にも出てきましたね

     またもや  もりもりもり・・・

   

   

   

4.分け入っても分け入っても青い山

339c003   

     定番の「・・・青い山」は

     忘れるわけにはいきません

    

    

     

    

  ↑  これらの元は この陶印 ↓ です

20140226

             ふくろうはふくろうで陶印になる山頭火になる

      最近は麻ひもを通して完成にしています

  

No.1001

|

« 楽此不疲 | トップページ | 陶焼鬼参 »

遊び印(俳句)」カテゴリの記事

コメント

これが「ひとまず」だったか!油断していた!

「休む」と言っても言っても山頭火

ふくろうはふくろうで字数が多くて苦労で苦労で房州や

もりもりもりあがる山頭火の陶印の製作意欲

頑張って下さい!見る方も頑張るから・・・

投稿: 閑おじ | 2014年2月26日 (水) 09時38分

cherryblossom閑おじさん

「ひとまず」には意図はありません
たまたま思い出したのです
そうだあれがあったと
次回以降に繋がる山頭火の材料はありません

ようやく暖かくなりました
外での作業もはかどります
庭の掃除などをしておりますと
ようやく首をもたげはじめた
クリスマスローズを見つけました
咲くのが楽しみです

投稿: 房州や | 2014年2月26日 (水) 15時09分

陶印は陶印で私は私で作れない最近……字余り

我が家のクリスマスローズは結構さいてます。

キウイのわさわさの枝を何とかまとめようと苦心しました。本日は。

投稿: 章魚庵 | 2014年2月26日 (水) 15時46分

押した印もいいけど、陶印の形がいい。
ひもを通す穴はきれいに開いていますね。
左から2番目のフクロウの黒っぽい模様は
自然に出た模様ですか。そてとも描いた模様?
どちらにしてもい〜い仕事をしています。
もうこうなると陶印も芸術品です coldsweats01

投稿: あぼうかい | 2014年2月26日 (水) 16時57分


1.フクロウ
とっても、とても好き。
俯き加減の風情が何とも言えないです。
なのに、捺すと力強いんだもの…。
素晴らしいです。

やっと、クリスマスローズ開花っですか。
気候が、やはり随分違うのだなあと実感。
ニースは花の季節がやってきています。

投稿: ラピ | 2014年2月26日 (水) 17時18分

cherryblossom章魚庵さん

折角の良い天気も今日までで
明日からは雨模様の天気になるそうです
キウイのワサワサの剪定は週末は
出来ないかもしれませんね

今日は一月ぶりに七輪で陶印の焼成を
やりました
一日がかりで、大き目だったのでたったの28個
疲れました

投稿: 房州や | 2014年2月26日 (水) 23時00分

cherryblossomあぼうかいさん

フクロウの模様はすべて偶然の産物です
いまだにどうやったらどうなるのかが分りません
今日は一月ぶりの七輪焼成でしたが
今回も大きな印の中央部が凹む対策は
上手くいきませんでした
次回こそ成功させたいものです

投稿: 房州や | 2014年2月26日 (水) 23時03分

cherryblossomラピさん

クリスマスローズはよそ様の庭には
もう咲いているのですが
我家は何時も遅いのです
梅も桃もクリスマスローズも
今頃沈丁花が咲き始めました
スミレの花が咲いてます
これは早いのかな遅いのかな

投稿: 房州や | 2014年2月26日 (水) 23時06分

今にも降り出しそうな空模様。
うすら寒い。
こんな日は七輪の作業がいいですね。
>大きな印の中央部が凹む対策は
 上手くいきませんでした

その対策はかんたんですよ。芯に乾いた
粘土のあんこを入れます。その周りを
粘土で包みます。大福状態です。芯の
乾いた粘土の大きさ加減が難しいです。
な〜んて、わかったようなこと言っちゃいました。

投稿: あぼうかい | 2014年2月27日 (木) 09時43分

cherryblossomあぼうかいさん

なるほど、大福方式ですか

小さな印では今のところ特に問題はないのです
現在の対策
 深めに図柄を彫り、焼き上がってから
 平に補正しています
 垂直な彫りが出来れば問題ないのですが
 台形に彫れてしまうので
 文字の出来上がりが太目になってしまうのが
 問題です

今回は、
中に空洞を作って重量を軽くしたので
周辺部と中央部の乾きの差が顕著に出ると思い
印面にあたる部分の中心部を少しふくらまして(中央部を厚くして)
周辺部を少しだけ低くしてみました
また、若干ですが印面の図柄の影響もあると思われます
乾かし方にも工夫が必要かと思いますので
もう少し実験を続けようと思います

よいアイディアを募集します

投稿: 房州や | 2014年2月27日 (木) 12時12分

今ネットラジオで渋い曲聴きながら、読んでいます。
石原裕次郎さんシリーズ・・

曲の渋さと、陶印の渋さがよくあって、いい気分です(* ̄ー ̄*)

あの・・
今更素朴な疑問・・
文字が黒く捺されるってことは、文字を残して周りを掘るんですか?

投稿: mimi | 2014年2月28日 (金) 00時30分

cherryblossommimiさん

>今更素朴な疑問

 文字や絵の彫り方に2種類あります
 朱文と白文です
 1.朱文:文字を彫り残すやり方で
      捺した時に文字が印泥の
      色で表現されます
 2.白文:文字を彫るやり方です
      捺した時に文字が白く
      表現されます

 篆刻入門では白文で大き目の文字を
 柔らかめの石で彫ると簡単です

 朱文は細目に、白文は太目に彫ると
 捺した時に丁度良い大きさになります  

投稿: 房州や | 2014年2月28日 (金) 09時14分

happy01しばらくは山頭火の陶印ですか。

明日が更新の日ですね。
押した印だけでなく、今回のように陶印の
形が楽しみなんです。
くれぐても押した印と、陶印の両方お願いしますよ。

投稿: あぼうかい | 2014年3月 1日 (土) 18時03分

cherryblossomあぼうかいさん

山頭火の句を陶印にするのは
結構大変なのです
なので、しばらくは山頭火の句は
出てきませんのでご安心ください(?)
おまけに
明日は陶印ではありません
内容は明日の明日の朝のお楽しみです

26日に一文字の陶印とお地蔵さんと・・・を
作ったのですが、一番大きなものが大失敗でした
失敗の原因究明と対策を考えているところです
多分次回も失敗するでしょうが
こうして徐々に失敗の数が減ればいいのかな

投稿: 房州や | 2014年3月 1日 (土) 23時03分

朱文はやっぱり文字を残すんですよね・・
しかも細く・・

うわっ、雑な私には無理な作業だ(^-^;

投稿: mimi | 2014年3月 2日 (日) 00時46分

cherryblossommimiさん

柔らかめの石か
消しゴムを使って
白文から始めると
楽に彫れると思います

投稿: 房州や | 2014年3月 2日 (日) 20時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 楽此不疲 | トップページ | 陶焼鬼参 »