« 陶印四顆 | トップページ | 山頭火02 »

2014年1月 9日 (木)

山頭火01

山頭火の句を何回になるかはわかりませんが

久し振りなので、だいぶ溜まっていますから

しばらくの間、載せていきたいと思います

意味や内容は私にはよく分りませんので

句だけを書いておきます

あとはテキトーに解釈してください

   

1.「雨だれの音も年とった」   

251a001 251b002    251c003

   

   

      

2.「秋風行きたい方へ行けるところまで」

252a001 252b002 252c003

        

3.「生きの身のいのちかなしく月澄みわたる」

253a001     253b002 253c003    

    

   

       

4.「風ふけばどこからともなく生きていててふてふ」  

254a001    254b002 254c003

     

     

     

     

  

今回は23mm位の石の印材にに彫り

朱・黑・彩色の3種の雰囲気を味わっていただきたく並べてみましたが

どんな感じでしょうか?

No.0989

   

おまけ

先日、新宿山の手七福神めぐりをしました

飯田橋駅から牛込橋を渡り、神楽坂を上って・・・・・・・新宿御苑前(内藤新宿辺り)までの

約6Kmのコースです。

これがそのコース図です   (地図の右端のJR飯田橋駅からスタート)

20140109001

山の手と言うより下町(?)古い町並や路地・横丁が沢山残っていました

袖摺り坂をはじめ小さな急坂が沢山あり「坂愛好家」にはたまらないポイントでしょう

途中で「箪笥」という名に引き寄せられて新宿区の役所に入ってみました

引き出しのある一般のタンスではなく寺で使用する箪笥を作っていた町だと聞きました

ほかにも、いくつかのおやっ!と思うほどの古びた家が残されています

一番のお気に入りは「河鹿荘」、今にも伝説の漫画家が出てきそうな感じでした

新宿区役所近くのバッティングセンターも懐かしい光景です

上記のコースを歩けば発見できるはずです、行ってみたくはないですか

最後のお寺は太宗寺(布袋さんがいます)、ここには江戸六地蔵のひとつ

「銅造地蔵菩薩坐像」があります  これです ↓  とても大きいんです

20140109

追分の交差点辺りにあるのがこれです(追分だんごの近くです)

20140109_2

(世界堂を出て新宿駅に向かう途中の三越・伊勢丹の交差点です)  

|

« 陶印四顆 | トップページ | 山頭火02 »

遊び印(俳句)」カテゴリの記事

コメント

道路上の丸いイラスト。なんだこれは。
この辺りは自分の庭みたいに歩いて
いるのに、こんなの見た事ない。
房州やさんどこ見て歩いているんです。
新宿にきたら上を見ながら歩くのです。

きょうから京王でパートで全国駅弁祭り。
「いかめし」を買いにこれから出かけるので
追分だんごの辺りを気をつけて歩いてきます。
    happy01

投稿: 通りすがりの閑人 | 2014年1月 9日 (木) 09時46分

cd通りすがりの閑人さん

気になりませんか?
 マンホールの蓋模様
 手作りの住所地図
 ハテナ?と思う看板
 細い路地の先にあるもの
 坂のてっぺん

>「いかめし」
  いかめしは買えましたか?
  寒い中出掛けたので
  さぞかし美味しかったことでしょうね

通りすがりに
焼き芋・たい焼きは買いませんでしたか?
新宿御苑の中は歩きましたか?

投稿: 房州や | 2014年1月 9日 (木) 20時14分

山頭火の作品、見せてもらえてうれしいです。
そして、懐かしい地域の文章……。
大先輩が横寺町に住んでいた縁で、岩戸町に3年ほど、暮らしてました。
房州やさん、まさに住んでたところの前の道をあるいたんじゃないかって地図を拡大しちゃいました。
いい思い出の方が多い場所、とても、懐かしかったです。
(関東地区、寒そう。雪も降ってるんですか? お気を付けて)

投稿: ラピ | 2014年1月10日 (金) 05時57分

新宿の四谷区は町名が変わらなかったから、昔ながらの町名が残っています。
うちも戦前は津久戸町だったので、本籍は数十年前までは津久戸町でした。
父の死後、相続の関係で、父の戸籍を取りに新宿区役所へ行きましたが、多国籍の住民が押し寄せて、色んな言葉が飛び交っていました。

大久保周辺は「リトル韓国」になってるし、歌舞伎町では中国のお姉さんが沢山働いています。

地方と都心部の大きな違いのひとつに、外人の多さが有りますね。うちの前は毎日何人も外人が通りますし、週に何人かは店に入ってきます。黒人でも日本語ぺらぺらの人もいます。
年に何回かは全く日本語が話せないお客様が来た時は困ります。

講道館で国際大会が有ったりすると、いかにも!という体つきの外人が来ます。

投稿: 閑おじ | 2014年1月10日 (金) 16時21分

山頭火句、朱・黑・彩色の3種並べておもしろい。
細かい仕事はやっぱり石の印材ですか。
好みからいったら黒が好き。

マンホールみたいなイラスト地図、見つからなかった。
駅弁のいかめしは、なかなかの美味でした。happy01

投稿: あぼう・かい | 2014年1月10日 (金) 19時11分

ワタシ、2番目、3番目の房州やさん彩色って好きです。
墨は、見る人によって色が独自に浮かぶかなあ。

投稿: ラピ | 2014年1月10日 (金) 22時07分

cdラピ①さん

神楽坂のてっぺんまでは行ったことが
あるのですが
それから、新宿の町に入るまでは
初めて歩く場所でした
なんだか懐かしい香りのする
通りばかりで楽しかったです
さて、来年の七福神めぐりはどこにしようかな

投稿: 房州や | 2014年1月10日 (金) 22時56分

cd閑おじさん

うちの近所は
フィリピン・タイ・インドネシア・韓国
・中国からの人が多いと思います
タガログ語やらスペイン語やらハングルやらが中国語が聞こえてきます
大都市でも国際都市でもないのに
遊ぶ場所も仕事もそんなにないのに不思議です
市役所にはハングルと中国語と英語の案内書があります
あれっ!日本語のはあるのかな

投稿: 房州や | 2014年1月10日 (金) 23時02分

cdあぼう・かいさん

私の技術では粘土で細かなことは出来ません
扱いやすい石なら何とかなるのですが
円安の影響油代の高騰で石の値段も上がり
今は扱にくい粘土細工で遊んでいます

マンホールみたいなイラストを探しに
も一度出かけてみませんか
ヒントは伊勢丹を右斜めに見る交差点です
ガンバッテ

投稿: 房州や | 2014年1月10日 (金) 23時07分

cdラピ②さん

普通の印を彫る人なら朱色
紙によっては白・黒でしょうか
他には青・茶・黄・金・銀等も
印泥として売っています

房州やははんこに色があっても良いじゃないか
と、いうことで印に彩色しています

ラピさんも一度試してみませんか?

投稿: 房州や | 2014年1月10日 (金) 23時13分

陶印いろは印、無断使用と思って1文字ずつ
バラしたら、1文字のサイズが4ミリ×4ミリ。小させえ〜!
無断使用も楽じゃない。

それにしても寒い。外出の打ち合わせは
出来るだけ断って冬眠状たい。
   wobbly
   

投稿: あぼう・かい | 2014年1月13日 (月) 00時23分

cdあぼう・かいさん

こんな日は外に出かけず
じっとしているのが一番です

寒い中、ホームセンターに行き
ついでにじゃがいもの種イモを
買うかどうか悩んで
買わずに帰ってきました

投稿: 房州や | 2014年1月13日 (月) 17時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 陶印四顆 | トップページ | 山頭火02 »