« 七輪福印 | トップページ | 毛世寸印 »

2013年12月 5日 (木)

伊呂波印

七輪で「伊呂波」の印を作ってみましたが

3個失敗しました

まずは、伊呂波の前半をご覧ください

   

20131110_3

            い   ろ    は   に   ほ    へ   と

       

20131110_4

           ち    り    ぬ   (る)   を   わ    か

20131110_5

           よ    た    れ   そ    つ    ね    な

20131110_6

         (ら)  む    う    (い)   の    お    く

仮名文字前半でした  

次回は世寸无迄です

   

三文字ほど欠けていますが、そのうち作りましょう

No.0979

色は匂へど 散りぬるを 我が世  誰ぞ常ならむ

有為の 奥山今日越えて 浅き夢見じ 酔ひもせず

   

   

   

問題は、これらの印を何時どんな時に使うかです

  

困った困った

 

|

« 七輪福印 | トップページ | 毛世寸印 »

遊び印」カテゴリの記事

コメント

いろは印、ひらがなかと思っていたら漢字でしたか。

>問題は、これらの印を何時どんな時に使うかです

房州やさんの手紙は全てこのはんこにしましょう。

すごく読みにくいでしょうね。
   wobbly

投稿: あぼかい | 2013年12月 5日 (木) 11時47分

ngあぼかいさん

仮名の元は漢字ですから
作るとしたら漢字からでしょ

置く場所にも困ってしまい
箱を作ろうかとも思いましたが
今は穴に紐を通し
小さな角材に画鋲を刺して
ぶら下げています

鬼さんもお地蔵さんもひっくり返って
ぶら下がっています

投稿: 房州や | 2013年12月 5日 (木) 13時12分

ぶら下げてある風景を思い浮かべてます。
すごいなあ。
(かけてる文字、揃ったら、もっと素敵)

でも、ホント、あぼうかいさんの心配がわかります。
この印で手紙が来たら暗号書のようだもの。
面白いなあ。

(房州やさんの文字って、しみじみチャーミング)

投稿: ラピ | 2013年12月 5日 (木) 16時48分

ngラピさん

2本の棒に約2cm間隔で
梱包用の麻紐を穴に通した陶印を
ぶら下げましたが
50cm以上の幅の場所がありません
なので、中途半端な状態になっています
整理用の何かを作らなければならないようです

投稿: 房州や | 2013年12月 5日 (木) 23時12分

北杜夫の「さびしい王様」という本の中に長い電報文が有ります。何ページにも渡って、全部カタカナなのです。
大変読みづらいです。

巻紙に童話か何かを、押してみたら如何でしょうか?
手始めに、山頭火なんかも面白いかも・・・

投稿: 閑おじ | 2013年12月 6日 (金) 11時23分

ng閑おじさん

カタカナ電文は確かに読みにくい
漢字カタカナ混じりも読みにくい
漢字ばかりはきっともっと読みにくい
万葉時代の人なら読めるかな

>山頭火なんか
 
   ・・・う~ん

投稿: 房州や | 2013年12月 6日 (金) 15時44分

次の次の投稿で、房州やさんの「伊呂波」印の
童話が見られます。
みなさ〜ん、楽しみに待ちましょう〜♪

投稿: あぼかい | 2013年12月 6日 (金) 18時14分

ngあぼかいさん

暇そうに見えて
これでも結構忙しいので
そのうち
全部そろったのを乗せますので
上手く並び替えて
作文してください

よろしくお願いします

投稿: 房州や | 2013年12月 6日 (金) 20時33分

今年の年賀状は全部、この陶印で作るのがいいと思います!

もしくは、暗号文にして日記に載せる。
お正月の暇つぶしになりそうです。

投稿: mimi | 2013年12月 7日 (土) 01時43分

よたれそつねが、全員左向けしてる。
なにを見ているのか気になるのですが・・・
   happy01

投稿: あぼかい | 2013年12月 7日 (土) 11時26分

ngmimiさん

>今年の年賀状は全部

 年賀状出すのを減らしといて良かったーー

>暗号文にして日記に載せる

 呆けてきているので
 まず本人が何を書いたのか
 分らなくなりそうです

投稿: 房州や | 2013年12月 7日 (土) 18時00分

snowあぼかいさん

>よたれそつねが、全員左向けしてる

 ほんにみな左をむいてますね
 今日は「大雪」で
 少し冷え込んできたので
 雪でもふらないかと外を見たところです
 イノシシが走っていったのではありません

投稿: 房州や | 2013年12月 7日 (土) 18時03分

やっと寒くなってきました。
七輪陶印にはいい季節です。
当分は陶印つくりに精が出る事でしょう。
でも焼き芋食べながら、朝から夕方まで
七輪を抱え込んでばかりいたらメタボになります。
時にはテニスをしたり、どんぐりや小石
拾いに出かけましょう。

よたれの「れ」はいい色しています。これも
手袋釉薬ですか。happy01

投稿: あぼかい | 2013年12月 8日 (日) 17時32分

snowあぼかいさん

七輪は歓喜の良い外の風が吹く場所に
置いて焼くので
これからはとても寒いのではないでしょうか

>手袋釉薬ですか

 よく分りませんが
 多分、焼く温度が低かったのではないでしょうか
 灰がかかり自然釉薬になったものとは違うのではないでしょうか

何が起こるか判らないところが面白い
あぼうかいさんもやってみましょう

投稿: 房州や | 2013年12月 8日 (日) 19時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 七輪福印 | トップページ | 毛世寸印 »