« 陶地蔵印 | トップページ | 七輪根付 »

2013年11月23日 (土)

鬼達陶印

お地蔵さんに続いては

シワシワの鬼さんたちの登場です

可愛い鬼は鬼らしくないし怖い鬼は印には向かないしと

中途半端なシワシワの鬼の印が出来上がりました

    

20131105_5

       2~4番目には後ろに根付紐が通せるように穴を開けました

       う~ん、やっぱり、鬼というよりもシワシワのお爺さんですね

         左端の鬼さんは、乾燥中に倒れて(倒して)角が折れてしまいました

        角がないけれど鬼の仲間に入れてます

No.0976

    

   

昨日は「小雪」だったとか

昔はそろそろ寒さが日に日に増してきて

雪がチラついていたのでしょうか

あれから随分時間が過ぎ、寒くなりましたが

あれから、屏風も作らず、巻物も作らず、3枚目の絵図を作ってしまいました

20131114

  

     今度は四種類の波を手描きにしました

      瀬戸内の穏やかな波・鳴門の渦潮・太平洋には青海波・足摺には波しぶき

        あと、ワンセット残っています

 

干支印補刀途上

     しっかりとした考えもなく、篆刻刀でコツコツ叩いてみました

     捺してみたら、大して変わっていないことに反省

     比較対象は 「干支印午」 11/15 です

     面倒ですが、戻ってみてください。 

20131123001

              もう少し、大胆にゴツンゴツンしたほうが良さそうですね

                              ということで、もう少しだけコツコツゴツゴツやってみます

20131123001

                               ということで、もう少しだけ、やってみました

              変ったような、変わってないような

              もっと大胆に、半分位欠いてみれば面白いかも

              しれませんが、今年はこれまでとしましょう

              

 

   今回は色々登場しましたが、もう少しだけ、七輪陶印が続きます

|

« 陶地蔵印 | トップページ | 七輪根付 »

遊び印」カテゴリの記事

コメント

鬼のはんこ。
だれが使うのかと思ったら
鬼澤さん
鬼丸さん
百日鬼さん
鬼神さん
鬼怒川さん
鬼平さん
天邪鬼さん
鬼子母神さん
からぜひ使いたいと申し出がありました。

足りませんので至急あと4個追加願います。
え、いまからテニスですか。

投稿: あぼうかい | 2013年11月23日 (土) 08時39分

cancerあぼうかいさん

鬼は愛嬌があってとても良い奴なのです (多分)
だから昔物語によく出てくるのです (多分)
鬼さんたちの陶印は作るのが面倒なのです   (絶対)
伊呂波印にもいくつか登場しますので
探してみてください   (後日)
まだ本物を見たことがないので本当の姿は分りません   (残念)

投稿: 房州や | 2013年11月23日 (土) 18時47分

お地蔵さんも可愛いけれど、鬼の方が好みです。
こぶとりじいさんに出てくる鬼は、こんな感じじゃないでしょうか。
毎晩楽しくパーティやってそう。
私も取って欲しいものがあるんですが。

投稿: 峰猫 | 2013年11月23日 (土) 22時51分

陶印の鬼さんたち、誰かに似てるような気がします。
鬼さんの方が、人間寄りって感じるのかも。
お地蔵さんの方が好みです。
愛らしいもの。
勝手なことを…、申し訳ありません。

投稿: La pie | 2013年11月24日 (日) 01時53分

「百鬼夜行」という雰囲気では有りませんね~
「四鬼」ですから・・・

小太り姉さんが腹の廻り(だけでも無さそうですが)の脂肪を取ってほしいそうです!

この鬼じゃ駄目そうですが・・・

左のは「ハクション大魔王」みたいですね!

投稿: 関おじ | 2013年11月24日 (日) 09時57分

みょうも絶好のテニス日和でもうお出かけ
でしょうね。あっしはまだ風邪が治らず
鼻水とまらない。
鬼さんなんとかしてくださいな。

押した鬼さんかわいい。こらでは風邪は
追い出せない。
角の折れた鬼さん、ボンドでくっつけて
もらいなさい。
左から2人目の鬼さんの鉄棒? これも
はんこで1文字「お」でしょう?
ハクション大魔王は歯っ欠けさん。

投稿: あぼうかい | 2013年11月24日 (日) 11時26分

鬼のはんこ面白いな~
でも、押しずらいことこの上ないだろうな~
たぶん手が痛くなる……(+_+)

投稿: 章魚庵 | 2013年11月24日 (日) 15時03分

cancer峰猫さん

小太り(瘤とり)爺さん
一寸法師
桃太郎
やさしい青鬼
鬼はみんな気の弱いものです

>取ってほしいもの

  レジ袋のパンフレット捨てたのですか?
  10Kgはあっという間です

投稿: 房州や | 2013年11月24日 (日) 19時28分

cancerLapieさん

誰かに似てる?
相棒に似てませんか?
あぼうかいさんかな?
決して房州やには似てません

投稿: 房州や | 2013年11月24日 (日) 19時30分

cancer閑おじさん

そういえば
確かにはくしょん大魔王
壺の中から出てくるときに角が折れたことにしよう

お地蔵さんより作るのが面倒なので
今回はこの程度で

投稿: 房州や | 2013年11月24日 (日) 19時32分

cancerあぼうかいさん

鬼は金棒を持って無ければなりません
鬼は無くしたものに執着しません
鬼には風邪は治せません
鬼は裸足なのでテニスコートには入れません
鬼はいつも悪者にさせられて困ってます
あぼうかいさん、なんとかしてください

投稿: 房州や | 2013年11月24日 (日) 19時36分

cancer章魚庵さん

鬼のはんこは作りにくい
鬼のはんこは捺す時は痛い
鬼のはんこは捺しにくい
鬼のはんこは飾ると面白い

投稿: 房州や | 2013年11月24日 (日) 19時38分

篆刻刀でコツコツで
いい味がでてきました。でも
まだおっかなびっくり感があります。
思い切りコツコツやっちゃいましょう。

きょうはお天気がわるいので、どこにも
出かけず、朝から陶印つくりなんでしょうね。
地蔵さん、鬼.次はふくろうですか?

投稿: あぼうかい | 2013年11月25日 (月) 12時15分

優しい鬼もいれば,もちろん鬼のような
鬼もいるのでしょうが 
鬼って一匹二匹って数えるんですよね。
ヒトじゃないからかしら。
閻魔様の手下で異界の生き物だから?

投稿: ひろみママ | 2013年11月25日 (月) 14時07分

cancerあぼうかいさん

もっと大胆にやるには
かなり力がいるのです
最初からデザインとして欠く場所を
決めていれば良いのですが
一度強くたたいたら、石の目があって
半分になったことがあります

投稿: 房州や | 2013年11月25日 (月) 23時09分

cancerひろみママさん

一匹・二疋は邪悪なものに対して
使うのだと思っているので
房州やの鬼は一人二人になるのでしょう

怖い顔を作ったつもりでも
こんな顔になってしまいます
鬼瓦やシーサーみたいな顔の鬼も
作ってみたいですね

投稿: 房州や | 2013年11月25日 (月) 23時14分

遍路地図、折角手書きの波を入れたと
いうのに大きくなりません。えーと
これが3枚目でしたか。もう一枚できたら
四国のあちこちで展覧会ですね。
来年の春がいいですね。暖かくなったら。

1週間も長居していた風邪がやっと出て
いってくれました。きょうから久しぶりに
ウオーキングです。

投稿: あぼうかい | 2013年11月26日 (火) 14時27分

cancerあぼうかいさん

>大きくなりません

 絵図を入れ直してみましたが
 大きくなりましたか?

・風邪完治流木探索風邪罹患

 病み上がりには無理をしないように
 ウォーキングも程々に

投稿: 房州や | 2013年11月26日 (火) 20時27分

おお〜! 大きくなりました。言ってみるものですね。
それぞれの波も、いいです。
雲もあちらこちらにかかっていて、これで完成品ですね。
来年の春頃の展覧会が楽しみになりました。
お遍路さんに行けば本物が見られるわけですね。

投稿: あぼうかい | 2013年11月26日 (火) 21時41分

cancerあぼうかいさん

OKですね

この絵図の札所は番号だけで
まだ名前を書いていません
字を書くのが苦手で
なかなか進みません
ここは筆ペン名人のお力を
借りたいものです

投稿: 房州や | 2013年11月26日 (火) 23時13分

しばらくご無沙汰していました。
おぉ~ 正月を通り越してすでに節分の域ですね。

房州やさんが作ると、鬼さんもユーモラスでのほほんとしていますね。

干支のハンコ、わざと欠いてみるの?
名前のハンコは切れ目がないのがいいと聞いたことがありますが、遊び印っていろいろ遊べるのねぇ。

投稿: mimi | 2013年11月27日 (水) 00時23分

cancermimiさん

来年の話をしたので
鬼さんたちは笑っているのでしょうか?

>干支のハンコ、わざと欠いてみるの?

 私は苦手なのですが
 雅印等はこれでもかというくらい
 (時には文字が無くなるくらい)
 欠いているのもあります

 欠けたところも含めて印なんでしょうね

投稿: 房州や | 2013年11月27日 (水) 12時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 陶地蔵印 | トップページ | 七輪根付 »