« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月27日 (水)

七輪根付

粘土遊びのついでに

粘土細工で根付のようなものを作ってみました

それらしく見えましたらパラパラと拍手をお願いいたします

サイズは台の線で想像してください(線の間隔は50mmです)

20131106   

  1.みみずく

    中は空洞になっています

    頭に根付紐を通す穴があいてます

    予期せぬ色合いになりました

    

    

20131106_2

 2.なす

  長いのに丸いの

  黄楊で作ったものと

  ほぼ同じ大きさです

 

20131106_3   

  3.貝がら

    本物の貝みたい?

   

 

20131106_4 4.栗・どんぐり・たけのこ

透明釉薬では

それらしくありませんね

これらも黄楊で

作ってます

  

20131106_5   

  5.くじら

ナガスクジラに

見えますか?

前回の鯨の印はもう少し

太ってました

   

   

なんとか、それらしく見えますか?

釉薬が透明で彩色もないので見えにくかったかと思いますが

今のところはこんなものです

 

土を変えれば少しは面白いものになるかもしれませんね

   

   

No.0977

      

| | コメント (18)

2013年11月23日 (土)

鬼達陶印

お地蔵さんに続いては

シワシワの鬼さんたちの登場です

可愛い鬼は鬼らしくないし怖い鬼は印には向かないしと

中途半端なシワシワの鬼の印が出来上がりました

    

20131105_5

       2~4番目には後ろに根付紐が通せるように穴を開けました

       う~ん、やっぱり、鬼というよりもシワシワのお爺さんですね

         左端の鬼さんは、乾燥中に倒れて(倒して)角が折れてしまいました

        角がないけれど鬼の仲間に入れてます

No.0976

    

   

昨日は「小雪」だったとか

昔はそろそろ寒さが日に日に増してきて

雪がチラついていたのでしょうか

あれから随分時間が過ぎ、寒くなりましたが

あれから、屏風も作らず、巻物も作らず、3枚目の絵図を作ってしまいました

20131114

  

     今度は四種類の波を手描きにしました

      瀬戸内の穏やかな波・鳴門の渦潮・太平洋には青海波・足摺には波しぶき

        あと、ワンセット残っています

 

干支印補刀途上

     しっかりとした考えもなく、篆刻刀でコツコツ叩いてみました

     捺してみたら、大して変わっていないことに反省

     比較対象は 「干支印午」 11/15 です

     面倒ですが、戻ってみてください。 

20131123001

              もう少し、大胆にゴツンゴツンしたほうが良さそうですね

                              ということで、もう少しだけコツコツゴツゴツやってみます

20131123001

                               ということで、もう少しだけ、やってみました

              変ったような、変わってないような

              もっと大胆に、半分位欠いてみれば面白いかも

              しれませんが、今年はこれまでとしましょう

              

 

   今回は色々登場しましたが、もう少しだけ、七輪陶印が続きます

| | コメント (22)

2013年11月19日 (火)

陶地蔵印

例によって七輪でお地蔵さんを作りました

何の考えも工夫もないまま、再びの地蔵印です

20131105

           少し変わったお地蔵さんをと思い 

           粘土をくるくると棒状にして丸い頭を乗せただけのお地蔵さん

           底にお地蔵さんの姿を彫ってみました

20131105_2

            今まで作っていたのと同じ

            涎掛けを撒いて、衣の襞もいれた、

            少し小さ目ですがごく普通のお地蔵さんです

20131105_3

                 普通のお地蔵さんを少し手抜きして

                 顔も線彫りだけの簡単なつくりにしてみました

20131105_4

            今度はお地蔵さんの形を作るのも省略し 

            石にレリーフした感じで仏さんやお地蔵さんを

            描いてみました

No.0975

  

以上、晴れ間を見つけてのお遊びでした

陶印は、もう少しだけ続きます           

| | コメント (14)

2013年11月15日 (金)

干支印午

年賀状は書き終わりましたか?

いくらなんでもこんな質問は早すぎでしたか?

年賀状も買ってないし、住所録も整理してないし

何の準備も出来ていませんが

今年は更に枚数を減らします

それなのに干支印だけは彫ってみました

   

  

201311042014

               12mmの石に13個も彫ってみましたが

                     午・午・午・甲午

                     午・午・午・午

                   馬・馬・馬・馬・馬

               どうかんがえてもこんなに捺す訳はありません

201311042014001

              補正前ですが、捺してみるとこんな感じになります

                               印の縁をコツコツと叩いて欠いたり、

              文字にもちょこちょこ遊びを入れたり

              削ったりもしてみると、少しは

              篆刻らしく見えたりするものですが

              あまりやったことがありません

              一昨年(辰)昨年(未)も同じように沢山作ったのですが

              殆ど使いませんでした

              そして、今年もまた作ってしまいました。

                             サンドペーパーで3mmもゴシゴシやれば

              また、元の印材に戻ります

20131111001

                                       ↑ 自然石に群馬疾走の図を彫ってみました

                    馬のように見えましたら大成功          

                    年賀状に使えたらなおよし

                   きっと馬の数を数えたでしょうね

                            なにもかもが馬九(うまく)行き過ぎないように

                   

No.0974

| | コメント (16)

2013年11月11日 (月)

山頭火句

前回同様勝手に観て勝 手に解釈をしてください

句の入っていないのもありますので

思いつく句を浮かべて頂けたらと思います

          

245c003     椿ひらいて 墓がある

   

   

246c003      へそが汗をためてゐる

    

   

  

247c003      水にうつり散ってゐるのは山ざくら

   

   

248c003      空に若竹のなやみなし

   

   

   

249c003     <どんな句をつけましょうか>

    <考えてください>

   

            <これは手抜きです>

250c003    

   

   

   

  

かなり手抜きの記事でした

説明なしで、勝手に見て帰るのは良くないですか? 

 

No.0973

   

 

展覧会のお知らせ(千葉市まで来られる暇な方限定)

20131126001 20131126002   

    

    

   

    

    

    

     

    

    

    

                                                 

川瀬巴水天ー郷愁の日本風景ー

11月26日~1月19日     千葉市美術館    大人1000円

   

11月17日までは「ジョルジュ・ルオー展」をやってます

(あと一週間です、近在で暇な方はどうぞ)

| | コメント (10)

2013年11月 7日 (木)

山頭火句

これから2回は展覧会 にだしたものではありません

サイズは15mm角ですから

表示も前回までよりも小さくしました

句の説明も絵の説明もなしの方が自由に想像できますので

相変わらずの山頭火の句ですが

勝手に詠んで勝手に解釈して頂ければありがたく思います

    

239c003      明けてくる鎌をとぐ

      

                

240c003    笠へぽつとり椿だつた

    

   

241c003     風の明暗をたどる

   

   

242c003     今日の道のたんぽぽ咲いた

   

   

243c003     けさはよい日の星一つ

   

   

 

244c003      さくらさくら さくさくら ちるさくら

   

   

   

15mmサイズなので、これでも原寸よりいくぶん大きくなっています

やはり前回までと違って小さく感じますが、

短い句を選んではいますが句の文字は全て彫ってます

   

No.0972

今日は「立冬」だそうです

 いかにも寒くなりそうな気配のする言葉です

 木々の葉が落ち風に舞い襟を立てて歩く様子が見えてくるようです

 テニスコート周辺の山茶花が綺麗に咲いています

| | コメント (8)

2013年11月 3日 (日)

山頭火句

お待たせしました第五 回(最終回)です

今年の「遊印協会公募展」に出した一部をご覧いただきました

ありがとうございました

  

最終回です

       

235c003     わが手わが足われにあたたかく寝る

 

  

 

236c003    わがままきままな旅の雨にはぬれてゆく

   

   

   

237c003     分け入れば水音

    

     

    

   

238c003      をりをり顔をみせる月のまんまる

    

    

    

    

24句/5回   

最後の最後で「る」がひっくり返ってました

第五回ですべて終わりです

  

  

No.0971

 

次回は、私の普通サイズ 15mmに戻ります

| | コメント (6)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »