« 陶印三度 | トップページ | 陶印三度 »

2013年10月 2日 (水)

陶印三度

台風の影響で朝から雨です

  

同じことで、3度は遊ばなきゃと

三度目の七輪陶印で二度目の記事です

      

「陶印三度」:ひとつ前の記事と見比べながら見ると、分りやすいと思います

正面や上面はこんな感じの外観なのですが

20130912 20130912_2   

   

   

斜めに写した記事と合わせてみた方が、理解しやすいと思いますので

ご迷惑ご面倒をおかけしますが「陶印三度」とあわせてご覧ください

今回は彩色後でご覧ください

   朱泥で捺した時とはかなり異なって見えると思います

1.雲や波や鯨などの部

   

294c002   「青海波」

    印の形:「波」:左から2番目

         北斎の神奈川沖のような

    

  

295c002       

          「瑞雲」

           印の形:「雲」:左から3番目

                雲のようにみえれば大成功

             ただ、大きいので使い道に困ります

      

      

297c002             

            「青い山」

              印の形:「葉っぱにてんとう虫」

               山の形にすれば良かった

                        一番左の端   

305c002            ご存知ですか 「鯨海酔候」:山内容堂

                   

             「鯨酔」 酔っ払いの鯨

              印の形」「長須鯨」:4番目

                少し割れが入りましたが 

                        ころんとした鯨です

                        この印は捺しにくい

2.手足の部  

312c002     

             「頑張」

               印の形:「拳骨(ぐー)」:6番目  

                         握った拳で頑張るぞー

333c002

              「歩々到着」

                印の形:「足」:5番目

          仏足石のように偏平足ではありません

          足の甲を押さえて両手で捺印します

   

それぞれ、ほぼ実物大に近いと思います  

今回は余裕が出来、色んな形で遊んでみました

色がつくと、また感じが変ります、いつもこの手でごまかしています   

   

No.0963

|

« 陶印三度 | トップページ | 陶印三度 »

遊び印」カテゴリの記事

コメント

大分余裕が出て、凝ってきましたね~!まさに「遊び印」を極めた感が有ります。

次は粘土を買わずに、房州の山中で探して、採掘(盗掘になるのでしょうが、少量なら・・)して、土から手作りで陶印を作るというのは、如何でしょうか?

「酔鯨」ですか・・・高知の酒ですね!最近飲まないな~!(最近焼酎が多いので・・・)

投稿: 閑おじ | 2013年10月 2日 (水) 09時41分

cloud 瑞雲と鯨酔が好きですかね~

使い道に困りますか?使いましょうか~?

今日も雨です。雨に恨みはないけど晴れてる方がいい。catface

投稿: 章魚庵 | 2013年10月 2日 (水) 11時23分

朱泥が悪いのか
紙がダメなのか
押し方が下手なのか
修業が足りないのか
なかなかこうは押せません。

もうひとつ原因があるとすると
あの、竹の子の皮の台(名前を忘れました)
を使ってない。これかな。
   rain

投稿: あぼうかい | 2013年10月 2日 (水) 13時11分

<自分らしく>
軽々と彩色…。

捺印の難しさを思い出しました。
ほんと、ワタシ、いい加減でカスレも味っとかのナンチャッテ性格。

篆刻の師は亡くなる何年も前から「寿」という字を彫り始め、
きっちり千を数を完成させました。
それを押した軸が、また、見事で……。

房州やさんも、しっかり、ご自分。

目ざしましょう。
今日は真面目になってしまった。
良いものを見せてくださって感謝です。

投稿: La pie | 2013年10月 2日 (水) 15時48分

cloud閑おじさん

>大分余裕が出て

 最初はわからないのでシンプルに
 二度目は少しだけ形だけの冒険を
 三度目はひょっとしたらできるかもと
 さて四度目はどうしましょうか

土佐ではもっぱら土佐鶴でした
酒の味は判りませんが飲みやすいお酒でした
 

投稿: 房州や | 2013年10月 2日 (水) 22時16分

cloud章魚庵さん

>瑞雲と鯨酔が好きですかね

 くじらを大きくしすぎました
 胴体を持つと捺しにくいので
 
 一番困るのは仕舞って置く場所です
 飾っておくと落として割ってしまいそうです

四度目はそんなことがないようにと思ってますが
そろそろ、どんぐりの季節になります
暇なのか忙しいのかわからない秋です

投稿: 房州や | 2013年10月 2日 (水) 22時20分

cloudあぼうかいさん


綺麗に捺せないのは

・印泥はしっとりしてますか?
・印泥をまんべんなくつけてますか
・紙は固すぎませんか
・真下に力強く押してますか

×鉄亜鈴を持って歩く
×手首足首には鉛の板をつけて歩く
×毎日特捺し千回をする

どうしてもだめなら
*印褥を使うと少しははっきり出るのではないでしょうか
*バレンで擦ってみてはどうでしょうか

投稿: 房州や | 2013年10月 2日 (水) 22時37分

cloudLa pieさん

>きっちり千を数を完成させました。
>それを押した軸が、また、見事で……。

 寿百字は何度か見たことはありますが
 みな大きな長方形の石で彫っていて
 私の彫っている15×15mmの正方形では
 いくつか彫ってみましたが字のバランスが取りにくく
 中断したままです

>カスレも味っとかの

 彫るときに割れたり欠けたりしたのも
 彫り残しでも
 捺すときにかすれてしまうのも
 いい味だと思えばいいのでしょう
 

投稿: 房州や | 2013年10月 2日 (水) 22時45分

収納はきれいな紐で結んで、吊し雛の様にして、暖簾にしたら如何でしょうか?

ハンコとして使用する時は、印泥と紙を持って脚立に乗って・・・やればどうでしょうか?

投稿: 閑おじ | 2013年10月 3日 (木) 09時57分

cloud閑おじさん

>暖簾にしたら

 提案ありがとうございます

 根付のようなものは
 まさに、暖簾状態でぶら下げています
 陶印の大半は
 紐を通せるように穴は開けてはいるのです
 何個かには紐やリボンや革紐を通していますが
 まだぶら下げていません

 ぶら下げる材料を探しに行くか
 

投稿: 房州や | 2013年10月 3日 (木) 13時51分

夕方5時の高速バスでカソ村に向かいます。
そんなわけできょうは失礼いたします。
   

投稿: あぼうかい | 2013年10月 3日 (木) 16時07分

cloudあぼうかいさん

今頃はバスの中でしょうか

明日明後日は天気が悪いようですよ
カソ村の別荘で仕事三昧ですか
それとも流氷いや流木が気になってですか
隣の婆さんが帰って来ないと寂しいと泣いているからですか

海を見て美味いもの喰って英気を養ってください


投稿: 房州や | 2013年10月 3日 (木) 17時25分

陶印しまっておく場所がなくてお困りのようですね。
保管引き受けましょう。その代わり保管料として
自由に使わせてもらいますけどいいですか。

東京→カソ村行きの高速バス、また久留里城の辺りを
通りませんね。道路の工事がまた始まったみたい。
おかげで10分早く着きます。
きょうのカソ村は寒い。炬燵を出しました。

投稿: あぼうかい | 2013年10月 4日 (金) 21時43分

cloudあぼうかいさん

>保管引き受けましょう

 早速荷造りを急がなきゃ
 クリスマスまでにはなんとか
 その前に、あれとこれを片付けて
 プリンターを買って・・・

>道路の工事がまた始まったみたい

 クリスマスまでは通行止めです

 10月27日(日)は久留里城祭りがあります
 美味しいお酒と水を飲めますよ

>炬燵を出しました

 ちょっと早すぎませんか
 冷房を入れて、かき氷を食べながら
 炬燵に入ってるのでは
 明日は雨がふるそうです
 風邪など引かぬように炬燵にもぐり込んでください

投稿: 房州や | 2013年10月 4日 (金) 23時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 陶印三度 | トップページ | 陶印三度 »