« 横峰星森 | トップページ | 七輪印再 »

2013年9月 7日 (土)

延命寺先

2013年06月07日

昨日の遍路は「横峰星森」

  今日の遍路は    R11に沿って歩きに徹する日

   

行程  伊予小松→64前神寺→武丈公園→中萩→宮原→関川→別格⑫延命寺

                                  宿:松屋旅館

                                     約33km

自転車遍路の彼女は宿に教えられた歩きやすい道を辿って横峰へ向った

再会したお遍路さんは後から歩くそうなので

一人で6時30分頃出発した

昨日の道を逆に歩いて64前神寺へ、そのまま遍路道を歩けば

(昔は石鎚温泉(スーパー銭湯:宿泊可)が駅前に在って便利だったのです)

一度泊まったことのある「湯の谷温泉」が一段低い田んぼの中に見えてくる

案内標識に従い川を渡り桜の名所武丈公園へ、

ここからしばらくは田んぼや畑の間を歩く歩きやすい道が続く、

少しだけR11に出るがすぐに遍路道は国道と並行する道となる

途中の商店街のアーケードの広場で朝市が開かれていた

公園も併設されていてトイレもあるので休憩にはちょうど良い

舞台のような場所に腰をおろし、すこし早い昼食にする

そのまましばらく朝市の様子を眺めながら休憩する

じわじわ登っていく坂道を進むと坂の頂上辺りにスーパーがある

見通しが良いので誰かお遍路さんが来ないかとみていたが誰も来る様子がない

坂を下りはじめると、逆打ちの外人のお遍路さんが歩いてきた

声をかけると「ボンジュール」と返事が返ってきた。

日本語も英語も話せないそうだ

それでもこうして一人でお遍路をするとは大したもんだと感心する

握手をして別れた(力強い握手だった)、

再び遍路道に入り別格⑫延命寺をお参りして東屋で横になって休む

宿に入るには少し早いが、快く受け入れてくれた

早く風呂に沸かしてもらい、洗濯中に近所を散歩する

宿の裏のスーパーをぐるっと一通り見て

宿の隣のスポーツ用品店では椅子を薦められ座って話し込む、

宿のお向かいの酒屋のおばちゃんも話好きだった、

今日の宿は一人だけ前回泊まった部屋で今日も寝ることになる

0932013c003

   今日は一日中一人で歩いたが

   ←こうして二人三人で歩くこともある

     この辺りまで来ると、高野山の話が出てくる

   

|

« 横峰星森 | トップページ | 七輪印再 »

遍路」カテゴリの記事

コメント

そこらじゅうお遍路さんだらけかと思っていたら
1日中会わないこともあるのですね。
女性の自転車のお遍路さんもいるのですか。
昨日の難所横峰の登りは、自転車遍路は
どうするのです?

>宿のお向かいの酒屋のおばちゃんも話好きだった

山頭火の
よい宿でどちらも山で前が酒屋で
って句がありましたね。
お遍路句は詠みませんか。

投稿: あぼうかい | 2013年9月 7日 (土) 10時02分

こんにちは、はじめまして。
1ヵ月後、区切り打ちですが、59番国分寺から歩き始め、88番まで行き、できたらそのまま高野山まで行きたいと、計画していることろです。

お遍路のブログ楽しく拝見しております。これからの行程も楽しみにしています。とても参考になります。

房洲やさんは4巡目なのですね。しかも通しで、すごいですね。私はまだ1巡目です。

投稿: ののあだばなこ | 2013年9月 7日 (土) 12時03分

日本語も英語も話せないフランス人のお遍路さん?
やるなぁ。ちょっと真似できませんなぁ。
ま、私も英語もろくにわからないので、外国に行けば同じようなものですが・・

香川行ってきました~
暑いから金比羅さんは諦めていたのに、なんとちょんぼして500段目にある資生堂パーラーまで車でピューッて登っちゃった。
残り250段だけワッショイワッショイ登りました。

投稿: mimi | 2013年9月 7日 (土) 13時39分

房州やさんのお遍路紀行も頷きながら読んでいますが、コメントも面白い。
山頭火って、チャーミング。
お遍路は何巡目と数える、ふむふむ。
金毘羅さんの途中には資生堂パーラー?
そして、今日のふむっ、は、
ひとりお遍路とふたりお遍路。
その差は大きいでしょね。
全行程となったら…、人生さえ一緒みたいな?

投稿: La pie | 2013年9月 7日 (土) 16時11分

snailあぼうかいさん

一日中会わないのは、遍路の季節外れに
歩いている と、いうことです

女性のお遍路さんにも時々会いますが
なかなか若い女性の一人遍路は少ないです

横峰で一度であった自転車遍路の人は
麓の宿に自転車を預けて登ってきてました
中には強者もいまして、自動車道路を自転車で登ってくる人もいるそうです。
ちなみに、この辺りの郵便配達さんのバイクは
オフロードバイクです

>よい宿でどちらも山で前が酒屋で

 a good inn
mountains on both sides
and facing a sake shop

一回目と二回目に遍路した時には
恥かしげもなく俳句のようなものを
書きとめましたよ
読み返すのも恥ずかしいです

投稿: 房州や | 2013年9月 7日 (土) 17時00分

snail ののあだばなこさん


59番からだと10日位で結願ですか、
秋の良い季節に歩くのですね

すぐに高野山へお参りですね
①10番~1番にお礼参りで歩き高野山へ
②直接1番に向いその後高野山へ
③一番に行かず直ぐに高野山へ
どのコースをとるのでしょう

 コミニュティバスの本数が少ないので
  10時に乗れれば難波経由高野山一泊も可
  13時に乗れれば難波泊まり翌日高野山
 88番近くのお店でうどんを食べ
 民宿に泊まるのもありですね
  
御無事で結願されますように 
 
 

投稿: 房州や | 2013年9月 7日 (土) 17時08分

snailmimiさん

面白いでしょう、いろんな人に出会えます
外国の人、日本各地の人、若い人同年代の人先輩方
一言でもいいから、なるべくお話をするように心がけています
言葉の通じない外国人だとしても
同じ遍路に来た仲間ですからね

>金比羅さんは

 途中からとは心残りですね
 琴平の芝居小屋・旧い街並みも良いし
 上からの眺めも良かったでしょう
 私は大雨の中、傘さして駆け足で
 上りました

 資生堂パーラー判らなかったなー

 途中で飴貰いませんでした?

投稿: 房州や | 2013年9月 7日 (土) 17時17分

snailLapieさん

通しで歩く人は、殆ど一人だと思います
二人で歩く人は、区切り打ちだと思います
ご夫婦の場合は区切り打ちだと断定できます
(まだ通し歩きのご夫婦に出会ったことがありません)
①歩くスピードが違う
②体力差で歩く距離が違う
 (休憩した・もっと歩きたい・・・)
③興味のあるものが異なる
 (寄り道したい・・・・)
④食べものの好みが違う
 (うどん食べたい・ラーメンが良い・まだお腹が空いてない・・・・) 
⑤つまらぬことに腹が立つ
 
 等々の理由だと勝手に推測しています
 他人事なので 

歩くには時々二人時々一人が丁度良いバランスではないでしょうか
宿で数人の仲間とわいわいやるのも良いものです

投稿: 房州や | 2013年9月 7日 (土) 17時27分

お遍路句、ぜひ、公開を願いたいです。
(日本は恥を知る文化。ふ~ん。ウチのフラ人は前世自分は日本人だったと申 しております、で、ワタシの前世はフラ人……あれっ?)。

投稿: La pie | 2013年9月 7日 (土) 19時49分

snailLapieさん

>お遍路句

 言わぬが花は見ぬが良い
 これはその俳句ではないようなもの
 
 遍路の日記のようなものですから
 外部には出てこないものなのです

投稿: 房州や | 2013年9月 7日 (土) 22時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 横峰星森 | トップページ | 七輪印再 »