« 十夜内子 | トップページ | 三坂峠越 »

2013年9月 1日 (日)

鴇田峠道

2013年06月01日

         峠を越えて奇岩の岩屋寺まで

行程

  大瀬→吉野川トンネル→三嶋神社→下坂場峠→鴇田峠→44大寶寺→45岩屋寺

                                   宿:国民宿舎古岩屋荘

                                     約34km

今日から6月、ここまでくれば遍路も残り2週間

遍路宿らしく早い時間の朝食(豆腐・湯葉・納豆い・卵・・・)の後、出発した。

昨日聞いてた通り、今日は鮎の解禁日なので遍路道沿いの小田川には

数多くの釣り人がアユ釣を楽しんでいるようだ

吉野川トンネルを過ぎると右手に新しい遍路休憩所があるが歩き始めてすぐなので通過

清流にふさわしい田渡川の左岸に沿って「鴇田峠遍路道」をこれから歩いていく

田渡小学校側の薬師堂やバス停は近くにトイレもあり恰好の休憩場所、

ここは今日も市が開かれていた歩き始めて7Km位だが、一休みする

三嶋神社辺りまではいくつかの休憩所があるので、下坂場峠に入る前に

もう一度は休憩したほうが良いだろう。

下坂場峠を下って部落に入り少し歩くと自販機がある、ここで飲み物を買っていると

近所のオジサンがやってきて、いつもの質問を始める

①どこから来たの、「大変だね」、「ご苦労様」、②一番贅沢な旅行をしているのだから

・・・・同じ質問にも、丁寧に答えなくてはならない

鴇田峠から44大寶寺までは一直線だ、ここで八十八か所の半分になる

半分+1番目の45岩屋寺への道は、お参りを済ませ、車の通る道に入り

遍路道に入れば峠御堂トンネルの横に出てくる、天気も下り坂なので

今回は八丁坂道を止めR12を歩いて45岩屋寺に行くつもりだ

今日の宿「古岩屋荘」の前を通りすぎるとやがて

岩屋寺の入り口の赤い欄干の橋が見えてくる、

ここからかなり長い上りが始まる、雨が降り始め傘をさして上る、

その道の途中で降りてくる人の中に先日のお遍路さんを見つける

0652013c003   

   ←45岩屋寺の梯子   

     恐いかもしれないが、是非登ってほしい

境内では数日前に会ったお遍路さんに再会、今日はいい日になった

今日の宿は、チェックイン時間にうるさく16時までは受け付けしてくれないので

名前を告げチェックインはせずに先に風呂に入り、洗濯を済ませ

缶ビールを飲みながら16時になるのを待つことにした

ずっと雨は降っておりテレビの天気予報では明日も雨とのこと

待ってる間に明後日の宿を予約する

( auの電波が届きにくいのか携帯での連絡は難しい

こんな時のためにテレフォンカードを持っていると便利だ)

明日も不安定な天気だとテレビの天気予報は告げている

  

  

昨日の遍路は「十夜内子」

|

« 十夜内子 | トップページ | 三坂峠越 »

遍路」カテゴリの記事

コメント

陶印の弟子入り第1号がきまりました。
しかも若い女性。
わたしが住み込みで頼みましたが、無視
されました。でも美人の弟子入り志望では
無視も出来ませんよ。師匠がんばって!

鮎の解禁日で、どこかの茶店で焼きたての
鮎を食べましたか。
お遍路ってせいぜい大変なのは坂道
くらいかと思っていましたが、ハシゴを
かけて登る急勾配の場所もあるのですか。
高所恐怖症にはとてもムリ。
回を重ねるごとに、お遍路の大変さが
わかってきました。

投稿: あぼうかい | 2013年9月 1日 (日) 19時24分

fishあぼうかいさん

鮎の解禁日は川によって異なるのです
この日から、山の中そして町の中を歩くので
鮎にはお目にかからずじまいです。

>高所恐怖症にはとてもムリ。

 この梯子はオプションですから
 高所恐怖症でも大丈夫です
 遍路は誰もが歩く道ですから
 危険な場所はありません
 安心して歩いてください

私は時々ですが
長い距離を歩いていますが
毎日40km位歩いている人もいますし
前にでましたが20kmと決めている人もいます
人それぞれに合った歩き方が一番です


投稿: 房州や | 2013年9月 1日 (日) 20時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 十夜内子 | トップページ | 三坂峠越 »