« 三坂峠越 | トップページ | 四遍路印 »

2013年9月 3日 (火)

松山遍路

2013年06月03日

     松山市内の札所巡り

行程 

48西林寺→49浄土寺→50繁多寺→51石手寺→道後温泉→一草庵→52太山寺→53円明寺

                                    宿:民宿上松

                                       約27km

1292013c003   

   熱心に祈るお遍路さん

  

6時から朝食を済ませ、早く出発、今日は殆ど街中の遍路となる

まだ開いてはいませんでしたが衛門三郎ゆかりの別格⑨文殊院でお参り、

札始大師堂へと遍路案内に従って進む

<<お奨めの公園>>

(※今回は行きませんでしたが

   重信川を越えて左側に弘法大師ゆかりの名水「杖ノ淵」があります

   湧水の綺麗な公園です

   「ていれぎの 下葉浅黄に 秋の風」  子規)

7時ちょっと過ぎに48西林寺に着き山門横の綺麗なトイレを借りてからお参りする

(トイレがあると、行きたくなくても、取り敢えず覗いてみる)

0662013c003 0952013c003 122201351c003   ←51石手寺

   大きな提灯・衛門三郎

   金色のオブジェ

   

51石手寺でしばらく休憩する境内をうろうろ歩き、参道の茶店で

ソフトクリームを食べたり、お餅を食べたりのんびりしてから、

道後温泉に向かう(お風呂に入るお遍路さんもいます)

道後温泉では年に一度の行事である簾をかけていた(TV局も来ていた)

疎水の横を歩き種田山頭火の終焉の地(?)「一草庵」で休憩する、

一草庵の横に観光客用の建屋で椅子に腰を下ろし

コンビニで買った昼食を食べる、日陰とイスとトイレと静けさがあるのがありがたい、

食堂やレストランでは味わえない風が吹く

52太山寺までは今日で一番長くて街中の暑い(熱いかもしれない)道だ

52太山寺は大きなお寺で伽藍も大きくて美しい

気持ちの良いお寺のひとつだ

123201352c003   

    ←52太山寺一の門

     この街並みの先に山門がある 

     帰りに山頭火の句碑を見つけた、

  

53円明寺までは一の門をくぐり左に広い道を歩いて2Km余だ

まだ、お昼過ぎなので伊予北条辺りまでは十分に進めるが、

予約しておいた宿に入る、今日もゆっくり休むことにする

お風呂に入った後の洗濯も忘れずにしました

ついついビールも頼んでしまいました

昼間っからお遍路さんがビールを飲んで昼寝するとは

お遍路さんの風上にも置けないですね

ここは食事は食堂ではなく部屋まで運んでくれる

   

 

昨日の遍路は「三坂峠越」

|

« 三坂峠越 | トップページ | 四遍路印 »

遍路」カテゴリの記事

コメント

道後温泉は入りました!
あんな何階建てもの石の風呂を昔、良く作ったものです!
お湯から出て、浴衣着て、お茶飲んでお饅頭食べて一休み・・・した記憶が有ります。

昔の日本人の良さが残っているのが、「お接待」ですね。

江戸時代、犬の首にお金を巻き付けて「お伊勢詣り」と書いておくと、ちゃんと伊勢まで何人もの人の手を介して、犬が代わりにお参りをして帰ってきたと言います。

勿論何人かは犬の金をふんだくった「不心得者」が、いたでしょうが、そんな罰当たりは極僅かで、ほとんどが善良な信心深い日本人だったんでしょうね!

投稿: 閑おじ | 2013年9月 3日 (火) 11時10分

<俳句が身近なお遍路路、なんですね>
一草庵の横に観光客用の建物……。
想像と違います、房州やさん。
けれど、こんなにも俳句が身近なんでいいなあ。
昼間からビール、、この件から一気に実感できちゃったり(苦笑です)。

閑おじさんの犬のお伊勢参り話も、すごいなあ。

知らないことばかりです。

投稿: La pie | 2013年9月 3日 (火) 14時00分

お遍路が4回目となると道後温泉にも
入らず素通りですか。
わたしが一度だけ四国に行ったのは
道後温泉のCMの打ち合わせに行ったとき。
打ち合わせの後、温泉に入って
美味い料理をご馳走になった。

今回はお昼過ぎに宿にはいったのですか。
お風呂に入ってビール飲んで昼寝して。
お遍路もいいものですね。

投稿: あぼうかい | 2013年9月 3日 (火) 17時37分

spa閑おじさん

道後温泉は浴衣を貸してもらった
記憶がありますが
閑おじさんの時もそうでしたか?
一番安い一階が400円位で
一番高い三階個室が1500円位だったと思います
私は二階の600円か800円のお風呂に入ったんだと思います
お風呂に入った後の歩きは調子がでませんでした。

江戸の昔は日本中豊かな心の持ち主が多かったのですね

投稿: 房州や | 2013年9月 3日 (火) 19時44分

spaLapieさん

>俳句が身近なんでいいなあ

 松山は正岡子規の故郷
 町中のあちこちに俳句の投句箱が
 置かれてます

>昼間からビール

 歩いている途中ではさすがに飲んだりは致しません
 今日の遍路が終わってからです
 ほかの人に比べ終わるのがちょっとだけ
 早かったので、昼間になっただけのことです

投稿: 房州や | 2013年9月 3日 (火) 19時48分

spaあぼうかいさん

>打ち合わせの後、温泉に入って

 きっと3階の個室風呂ですね
 天守閣みたいな窓から下を見て
 喜んでいたのでしょうね
 一人で入りましたか?

>お風呂に入ってビール飲んで昼寝して

 sun太陽の下で
 run適当な運動をして
 いい具合いにwobbly疲れて
 spa風呂に入れば
 beerビールでしょう
 心地よく酔えばlovely
 sleepy軽く昼寝でしょう

 「あぼうかいさん」
  遍路に行きたくなってきたでしょう

投稿: 房州や | 2013年9月 3日 (火) 19時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 三坂峠越 | トップページ | 四遍路印 »