« 遍路冊子 | トップページ | 陶印三度 »

2013年9月28日 (土)

陶印三度

秋になりましたねー

今頃、欲しくもない七輪陶印が送り付けられたので迷惑してる人や困った人が

「いつ捨てようか、今でしょ」 なんて言ってることでしょう

なんと言われようと、めげずに

  (あまり良い天気ではなかったのですが)

三度目の七輪陶印を作りました、仕上がりは前2回よりは良好と自画自賛しています

  (三度目ともなれば誰でも房州やでも上手くいく)

全部で40個を作り、20個づつ、2回に分けて、先にお見せしました

  (一個の割れも欠けもなく、まずは大成功)

七輪陶印マニュアル(前々回の記事)にほぼ近いやり方で焼きました

今回は釉薬は透明を使用して、灰乳色になりました

出来上がりはこんな具合です ↓   (大きなマス目が50mmです)

大きな形にして色々と遊んでみましたが、ついつい真面目なものになってしまいました

20130912 20130912_2

         クジラ・波・雲・葉っぱ・足・げんこつ・・・・追加しました

  

気になるのは、捺した時の状態です

  ・焼成後に極細目の耐水性サンドペーパーで平らにしました

  (印面は、上手くいってたようなのでそれ以外の手直しはしませんでした)

  ・表面のざらざらや付着物はミニルーターを使ってとりました

---------------------------------------------------------

1、絵を印にしたものはこれだけです

20130912_3

              上段左端はオーブンレンジ印で特別参加

               雲は雲の形に・青海波は波の形に(当たり前?)

               お地蔵さんはお地蔵さんの形に(平凡?)

               ふくろうはちょと違う

               絵の印ですから形も少しは遊んでいます

----------------------------------------------------------

2.春夏秋冬・ご挨拶

20130912_4

            春は筍、夏は子供、秋はどんぐり、冬はふくろう

            印の形も控えめにしてます

-------------------------------------------------------

3.文字・成句を印にしたもの

20130912_5

       クジラ・切株・足・拳骨・・・・・形も文字もいろいろです

       上から 飛・蒼・雲・空・鼎・陶・流・金・和顔・海音

            歩〃到着・朋月交風・頑張・青波・鯨酔・月天中・竹風・深夜

       これまでの印影と同様に陶印と印影は同じように並んでいます

       穴には紐を通してみました、ぶら下げておくこともできます

       文字の意味と形が一致してないのはご愛嬌

     

陶印独特の味のあるものになったと思ってます

今は、形も文字もなんとかコツがつかめたような気がしてます

文字に石のようなスッキリした線が出ないところが面白い      

こんなこともしてみました  

大きなものや変わった形のものは上下を分割して成形し接着してみました

  ①上下の接着部分に格子状に線を入れる

  ②接着面にドロドロにした粘土を挟み

  ③上下から少し押しながら接着し

  ④はみ出た粘土を綺麗に取る

一般的な接合のやり方は判りませんが、この方法でも上手く行きました

アイディアがあれば教えてください。

No.0962

|

« 遍路冊子 | トップページ | 陶印三度 »

遊び印」カテゴリの記事

コメント

< わうっ!!>
すごいです。
ひとつ、ひとつ、見入ってしまいます。
あっ、涼という文字?
印篆文字、流、なのですねえ。
(小篆文字が好きで、そちらの文字が浮かぶ)

お地蔵様の可愛いことっ!
わるガキさんのお地蔵さまと似てる。
両方とも、とても可愛いくって愛嬌たっぷり。

しかし、40個をいっぺんに。
驚きです。

投稿: La pie | 2013年9月28日 (土) 15時59分

陶印も三度目になると、もう形を楽しんでいますね。
今年の春先でしたか、都美術館での「遊印展」で陶印を
出品していた先生の作品を見ましたがもう越えました。
あとは絵手紙に押せるくらいの小さい印に挑戦しましょう。
それができたら陶印の名人です。
まぁ時間の問題でしょうがね。

投稿: あぼうかい | 2013年9月28日 (土) 21時35分

先天性(後天性)多作症候群でしょうか?
病気ですね~(o^-^o)
今の医学ではなかなか有効な薬が見当たりません。
作りすぎには十分注意して制作療養に努めてください。

私が思うにはんこ自体の面白さと
印面に彫られた文字絵の面白さとが
妙にマッチしていて見ていて楽しいです。

さて、今日はなんといい天気なのでしょうか?
こんな時パソコンの前でいいのでしょうか?

投稿: 章魚庵 | 2013年9月29日 (日) 12時33分

午前中色々用事したり、公園散歩してきたので、私は天気の良い午後だけどパソコンの前でいいのだ~(* ̄ー ̄*)

ハンコの形と印面のマッチがおもしろいですねぇ。
私、縄文時代の火焔土器が大好きなのですが、いつも思っていたのです。「縄文時代のどんな感性の人がこんなの作るんだろうなぁ」って・・・
きっと縄文時代にも房州やさんみたいな人がいたんだね。

投稿: mimi | 2013年9月29日 (日) 14時17分

threeLa pieさん

粘土で印を作り始めてから
焼き上がるまでに
結構な時間がかかります
その間に蹴飛ばしてしまう可能性もあり
落として割る可能性もあります
それまでの時間に比べれば
焼いている間は全部で5時間くらいですから
大したことはありません
半分は七輪と炭任せではありますが

投稿: 房州や | 2013年9月29日 (日) 22時50分

threeあぼうかいさん

あまり小さな印だと
金網から落ちたり、七輪の下まで落ちそうで
まだやってません
仮名文字ひとつくらいなら出来そうですが

それより問題はプリンターです
まだ買っていません

投稿: 房州や | 2013年9月29日 (日) 22時54分

three章魚庵さん

>病気ですね~

 やはり病気ですか?
 手が震えたり、禁断症状が出ることは
 まだありません

>今日はなんといい天気なのでしょうか

 そんな時には
 板塀でも修理するのが一番です
 庭の草取りも良いでしょう
 明日の午後は雨の予報が出ています

投稿: 房州や | 2013年9月29日 (日) 22時59分

threemimiさん

>縄文時代に

 あれほど独創性にあふれ
 実用的で力のある縄文土器は
 現代の人にはとうてい真似できません

 縄文時代の人には暇つぶしなんて
 なかったでしょうから、暇つぶしなら
 勝つかもしれません
 

投稿: 房州や | 2013年9月29日 (日) 23時03分

房州やさん、先天性多作症候群でしたか。
病気でしたか。
まさか流行性多作症候群ではないでしょうね。
そうでしたら,送ってもらった陶印を
うれしさのあまりなで回してしまいました。
もう移っていますかね。潜伏期間はどのくらい
でしょう。まだ陶印を作ってみたい
という兆候は現れておりませんが。

投稿: あぼうかい | 2013年9月30日 (月) 00時05分

threeあぼうかいさん

ウィルスの特徴

1.二次感染三次感染を含め感染率ほぼ100%
2.特効薬はなく完治例をみない
3.潜伏期間不定、早ければ即日遅い例では3年
4.発症症状・形態は不特定
5.研究例では、感染者の文章を読んだ人にも感染したとの報告もある
6.感染の有無は外見での判定は不能
7.感染対策は見ない聞かない離さない触らない

等々の特徴があり、注意しても無駄だと思います
ただ、確認はされていませんが
3人に感染させると治るとの報告もありますが真偽のほどは?です

発症が楽しみです

投稿: 房州や | 2013年9月30日 (月) 07時23分

七輪焼きは鼠焼きでもあったんですね。
ふむふむっ。
文章を読むだけでって、ワタシも観戦(?)?

投稿: La pie | 2013年9月30日 (月) 15時05分

threeLa pieさん

>ワタシも観戦(?)?

 そうです、観戦するだけで
 間違いなく感染しています
 私の七輪陶印手順書を印刷しませんでしたか
 もし、印刷しているようでしたら
 近々発症するでしょう
 お大事に!

投稿: 房州や | 2013年9月30日 (月) 17時13分

沢山並んだトップの写真見ていて、ふと
思ったのですが、陶製の根付けも作れそう。
陶印4度目に挑戦するときに、根付けを
2っ3っ4っ5っ、ついでに焼いてみましょう。

わたしの流行性多作症候群はまだ潜伏中です。

投稿: あぼうかい | 2013年9月30日 (月) 21時53分

threeあぼうかいさん

なるほど根付みたいなものは出来そうですね
でも
根付はあぼうかいさんの発病製作に
お任せいたしましょう

今、ふと思いついたことの準備をしています
もし上手くいくと、
家に邪魔者が一つ増えてしまいます
上手くいかないと
ゴミが一つ増えてしまいます

町内の祭りや
どんぐり採集の季節になり
何かと忙しい秋です

投稿: 房州や | 2013年9月30日 (月) 23時08分

どんぐりの笠でストラップを作り、イベントで配布しました。

その折、声掛けで昔,根付、今ストラップと言いましたら、ヒンシュクをかいました。
未だに、理解できていません。

今年はどんぐりの絵付けを挑戦すべく、どんぐりを集めたいです。種類が沢山有るんですね。

投稿: ひよこ | 2013年10月 1日 (火) 10時17分

threeひよこさん

秋になりました
今日あたりの関西は暑いようですが

どんぐりも沢山落ちています
「虫が付きにくく細工しやすいどんぐり」は
”マテバシイ”でしょう

色をつける前によく洗って油分を取った方が
塗りやすくなると思います
”トトロ”や”サンタ”から始めて
慣れてきたら、他のモチーフに進むのが
楽だと思います

楽しみですね

投稿: 房州や | 2013年10月 1日 (火) 12時07分

<新しいことってワクワク>
ゴミが増える?
何だか愉しそうなことが始まる?

根付っていいなあ。
可愛いお地蔵さん根付やはにわ根付…。

ほんと、ひよこさんは何故、ヒンシュクをかったのでしょう。
ワタシも不思議。

投稿: La pie | 2013年10月 1日 (火) 16時25分

threeLa pieさん

いくつかの根付のようなものを作りましたが
根付を作るのは難しいです。
洒落っ気と遊び心とユーモア・・・
真似ならなんとかできますが
本物を作るのは
色んな要素が必要で、創意工夫できる知恵と知識と技術が必要だと感じました
本物は日本の誇るすごい芸術です

なんてことを思いつつ
”のようなもの”をいろいろ作って遊んでいます
「遊び印」もそう、「陶印」もそう

投稿: 房州や | 2013年10月 1日 (火) 22時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 遍路冊子 | トップページ | 陶印三度 »