« 陶印遍路 | トップページ | 焼山寺路 »

2013年8月11日 (日)

接待珈琲

2013年5月11日(土) 

   

行程

十楽寺→熊谷寺→法輪寺→切幡寺→(吉野川)→藤井寺   宿:旅館吉野

                                    約21km

足慣らしに道具の点検までさせてくれた2日目でした

前日からの雨が残り小さな雨が降って、道路は小さな水たまりが出来ています

一応、雨対策として、笠を被り、ザックカバーをつけ、雨具をいつでも

取り出せるようにして出発しました。

0112013c003

歩き始めると、昨日一緒に歩いたミヒャエルが前を歩いています

 「橋の上では杖をついてはいけない、その理由はね・・・・」と

 前日の続きのような会話が始まります。

0172013c003

「この風景は良い写真にならない?」とまた立ち止まります

切幡寺への道では一昨年の逆打ち遍路の時に出会ったおじさんに

声を掛けられました、不思議なご縁です。

130201309c003_2     

  ←09法輪寺前のお店 

  

(※明日は焼山寺へのウォークラリーがあることが判りました)

0832013c003    

   ←10切幡寺のはたおり観音  

   

0122013c003 切幡寺を後にする頃になり雨が強くなりましたので

雨宿りと昼食を兼ねて、遍路道沿いの「うどん家」さんに

一緒にあるいていた三人で入りました、

空いていた店は間もなくやってきた団体客で混雑

食べ終わって外に出ると女性の遍路が信号待ちをしています

声をかけ、今度は4人になって歩き始めます。

途中の商店(十川ストア)で店主と近所の人と私たち4人で

お接待の珈琲を飲みながら、小雨になるのを待つことにします

徳光さんの話も菅さんの話も出ましたが・・・雨はまだ降っています

長居しては迷惑だろうと、再び雨の中を歩いていると小雨に変わり

いつの間にか止んでしまいました、

0562013c003   

  ←阿波市から吉野川市へ潜水橋を渡る  

  

    

吉野川の潜水橋を渡り、藤井寺にお参りし、早めに宿に入ります

大抵の歩き遍路の2日目は藤井寺までを2日で歩くではないでしょうか

ここまで30数キロですから無理をしない足慣らしに丁度良い距離でしょう

(野宿をする人で健脚の人なら柳水庵迄行けそうな時間)

いよいよ明日は焼山寺への山登りです、最初のへんろころがしです

|

« 陶印遍路 | トップページ | 焼山寺路 »

遍路」カテゴリの記事

コメント

昨日の夕方の便でカソ村から帰京。
8時頃東京駅着。バスから降りたら
まるで蒸し風呂。気が遠くなりそうな
暑さ。東京は人の住むところではありません。

お遍路はそんなに仲間が出来るのですか。
なんかいいなぁ。
でも、30数キロが無理をしない足慣らしに
丁度良い距離とは恐ろしい。

投稿: あぼうかい | 2013年8月11日 (日) 20時01分

weepあぼうかいさん

暑いのはこちらも同じです
昼過ぎには部屋の中で体温を超えるまでに
なりました
サウナ状態でした

そうです
お遍路では一緒に歩く機会が多く
自然にいろんな話をします
聞かないのは
 ①遍路に来た目的
 ②家庭のこと

投稿: 房州や | 2013年8月11日 (日) 21時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 陶印遍路 | トップページ | 焼山寺路 »