« 添蚯蚓道 | トップページ | 熊井隧道 »

2013年8月23日 (金)

初七輪印

今日は遍路のメモとこの記事の2つを投稿しています

暑さでめげそうですが今日までは、中3日のほぼ定期投稿もなんとか続いています

    

   

初めて作った七輪陶印のほぼ全部です   

石の印材、竹の印材との違いが判るでしょうか?   

   

20130809001_5 20130809001_6

一部省略しましたが、こんな印が七輪で出来ました

この中のいくつかは、私に押し付けられて人手に渡っています

   

20130808   

    無彩色一段目中央  「陽」 

  こんな形の印でした

  捺しにくいが形はオモシロイ

  整理しにくいが

  取り出すのに判りやすい  

    

  

|

« 添蚯蚓道 | トップページ | 熊井隧道 »

遊び印(その他)」カテゴリの記事

コメント

七輪陶印、これだけ揃うと爽快です。
それにしても暑い中をよく焼きました。
これだけの作品、いっぺんに焼けるのですか。
魚の骨、右端の2点が好き。
「陽」は陶印の形がいいですね。どこかの遺跡から
出てきたみたい。

投稿: あぼうかい | 2013年8月23日 (金) 11時04分

info01あぼうかいさん

なにしろ初めてだし
教えてくれる人もないし
七輪陶芸の本は茶碗や湯飲みがメインだし
陶印のことは全くの手探りでした。

形もほぼまともだし
文字も絵も冒険しませんでした

>いっぺんに焼けるのですか

 七輪の内容量に限りがあるので
 3回に分けて焼きました
 約3時間×3回≒9時間程度でした
 真夏の昼間にやることではありません
 夕方からやれば楽しいかもしれません

柔らかく焼けば、焼いた後から彫ることも出来ます
今回は
生乾きの時に彫ったり
乾いてから彫ったりしましたが
それぞれの面白さが出るようです

焚火の中に放り込む縄文土器焼きのような
方法でも出来る気がします

投稿: 房州や | 2013年8月23日 (金) 13時05分

筆ペン名人さんのコメント読んでやってきました。
初めまして、La pie と申します。

陶印、すごい…(七輪ってのもすごい)。
焼き物の印があるのは知ってたけれど……。
可愛くて、味があって。

篆刻してるんです(ここ数年、ご無沙汰)。
La pie と名も篆刻のときの名「石鵲」から(鵲のフラ語は pie )。

ありがとうございました。
また、おじゃまさせていただきます。

投稿: La pie | 2013年8月27日 (火) 05時39分

info01 la pieさん

ようこそいらっしゃいました

朝から鵲の声を聞くとは今日はよい日になりそうです。

文字篆刻は難しいので、殆ど彫りません
ご覧になった通り、「お遊びの印」ばかりですが
時々お越しください

投稿: 房州や | 2013年8月27日 (火) 07時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 添蚯蚓道 | トップページ | 熊井隧道 »