« 暑暑暑考 | トップページ | 宇和島城 »

2013年8月28日 (水)

宇和御荘

2013年05月28日

     うわ・みしょう と読みます    一日中雨の中

行程  平田→宿毛→松尾大師(跡)→一本松→R299→40観自在寺  

                                    宿:山代屋旅館

                                     約27km

朝から雨、宿毛大橋を渡り、旧い街並みを抜け、

山越えの起点になるローソンで昼食他を買い、雨支度を整え、

山道に入る坂道を登る、今は大した雨ではないが草が濡れているので、

スパッツがないとびしょびしょになるだろう

1452013c003 何度か上り下りを繰り返し松尾峠を越える

一本松の街中を通り抜け上大道に向かう、まだ雨は止まない

満倉小近くの休憩所で一休み、先着の2人としばらく話し込む

ここは綺麗なトイレ・洗濯もできる水場・充電可能な電気設備が

揃った休憩所で快適な野宿も可能のようだ。

傘をさして僧都川沿いの道を歩き、観自在寺が正面に見える橋を渡る

お参りを済ませ、休んでいるお遍路さんと話をしていると、偶然

同じ宿とのこと、一緒に早めだが宿に入る

風呂に入り、洗濯はまたしても宿にお願いし、ビールを飲みながら

夕食を待つのんびりとした時間を過ごす、外はまだ小雨が降っている

20130718001   

        遍路中のメモ用紙の一枚目には宿の予約表を

        貼りました。

        遍路中は日にちや曜日があやふやになるので

        宿を予約するのに、この表を見ながら○月○日○曜日を

        確認しながら予約してました

追記(8.28.13:10) 予約表の色塗りは帰宅後に塗ったもので

           遍路中は筆ペンとボールペンで書いてました

        ※レシートによる:その日何を買ったか=行動記録

20130718001_2  

             どこどこ何時着は書いてませんので

             行動記録にはなりません

             殆ど宿について寝る前に書くのでそんなことは

             すっかり忘れています、小銭入れやポケットに

              入れていたレシートなどを整理整頓することなく

             ただ貼りつけましたが、これが記憶を呼び戻す

             助けになるのです

側には郵便局も薬局もあるので便利な宿です

普通なら10Kmほど先の内海まで歩くと翌日以降が楽になるのですが

何しろ今日は雨だし、毎回泊まっている宿なもので、この距離で終わりです

|

« 暑暑暑考 | トップページ | 宇和島城 »

遍路」カテゴリの記事

コメント

朝から雨。わたしなら宇和御荘にもう一泊です。
雨の中歩くのはいやだものね。スパッツってなんです?
遍路のメモ、いいですね。カレンダーは芸術作品。
荷物が少ないといっても、いろいろ色のぺんを
持っているではないですか。

今夜の宿、山代屋旅館。漱石の坊ちゃんにも山代屋旅館は
出てくるが、同じ宿なのかな。

投稿: あぼうかい | 2013年8月28日 (水) 12時47分

pencilあぼうかいさん

スパッツ=脚絆かな
小枝や岩で足を怪我しないように
雨に濡れないように
いろんなものが靴に入ってこないように
守ってくれるものです

>遍路のメモ

 色は帰宅後に整理の意味で彩色しました
 筆記具は筆ペンと
 4色+1シャープペンシルのボールペン

山代屋古い旅館らしく、食堂行くのも
お風呂に行くのも、洗面所に行くのも
大変不便です。

投稿: 房州や | 2013年8月28日 (水) 13時15分


━ 何だかな 圧倒される 昨今だ
━ 凄すぎて 途方に暮れる ワガ時間

━ 筆ペンを 使ったのは いつの日か
試したくとも 手には入らず     鵲

投稿: La pie | 2013年8月28日 (水) 18時32分

pencilLa pieさん

・筆ペンを我が朋にしてあぼうかい
・名人を気取ってみようと筆ペンを

・今日も一日歩いた遍路ならば
・雨降るもよし今日の道
・今日の宿は取れた
・今日も雨で濡れた靴履く

La pieさんは俳句も短歌もやってるんだ

投稿: 房州や | 2013年8月28日 (水) 20時03分

<短歌おば 作り始めて 四苦八苦>
1か月前に初めて短歌なるものを作ったんです。
友人に乗せられちゃって無謀にも。
で、短歌なるものをネットでサーチ。
なかなか、好みのものがないところ、
「筆ペン名人」発見。

洒落てるわあ~、まいったなあ~です。

ところで、都々逸はいかがでしょう。
これ、女性はダメだと思うのです。
男の色気が必須だと(思い込み?)。

房州やさん、おぼうかいさんの都々逸を聴きたいです。
できれば、一杯飲んだりしたら最高でしょうねえ。

投稿: La pie | 2013年8月29日 (木) 04時49分

pencilLa pieさん

私のは
俳句ではなく単なる言葉遊びですから
駄洒落にもならないものです
ましてや
おしゃれで粋な都都逸などは
到底出来るものではございません

投稿: 房州や | 2013年8月29日 (木) 06時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 暑暑暑考 | トップページ | 宇和島城 »