« 宍喰尾崎 | トップページ | 神峯寺雨 »

2013年8月18日 (日)

奈半利迄

2013年5月18日

   

行程

24最御崎寺→25津照寺→26金剛頂寺→(吉良川町並)→奈半利   宿:山郷旅館

                                  約44km

昨日・一昨日はあまりにも楽をしたので今日はしっかりと歩くことにしました、

遍路さん用の早い朝食、支払い、そして身支度を整え、室戸岬に向かって歩き出す

100m位前を、昨日途中で一緒になったノンアルコールビールのお遍路さん

(ロッジ尾崎泊)が歩いている

おはようの挨拶くらいしたいのだが、歩いているとすぐには追いつけない

ようやく追いついたのが夫婦岩の近く、しばらく話をしながら歩いたが、

0572013c003(← 海岸に突き出た大きな岩礁先にしめ縄で繋がった岩が夫婦岩)

今日は私は沢山歩きたいので途中から先に行くことにした

左手に海を見ながら同じような海岸線をしばらく歩くと

「青年大師」の大きくて真白な像が見えてくる、その先にあるのが

1322013c003   

  ←大きな青年大師は海を見ている   

   

  

0592013c0030892013c003

  ← 御蔵洞(外から内から)

     中から空と海が見える向って右の洞は

     立ち入り禁止になっていた

空海さんが修行したという洞窟「御蔵洞(みくろうど)」だ

当然、洞窟の中に入って外を眺めてみなくてはならない、その後は

本来は遍路道を歩いて24最御崎寺に直行するのだが、

ここまで来てジオパークを見逃してはいけないので

岩礁地帯をぶらぶら歩くことにする、室戸岬は今でも動いているそうです

中岡慎太郎の像近くの展望台に上がったあと、

熱帯林のような遍路道を歩き最御崎寺にお参り、

その後、海が開けた自動車道を下り、津照寺へ

  0902013c003

  ←  津照寺の石段を見上げる

      境内のベンチでおにぎりを食べました  

  

金剛頂寺を下ると道の駅に出る、ここでしばらく休憩をとる

昼食をとった後、ゆずジェラートを食べ、ゆずジュースを飲み足を投げ出す

長い食事休憩も長い休憩時間も楽しみのひとつに変わっていきました

(歩きに徹するお遍路さんもいますが)

次は今日の楽しみのひとつである吉良川の街並みをゆっくり歩き

0602013c003

その後は今日の宿のある奈半利に向かってひたすら歩く、

歩かなくては寝るところがないなにしろ途中には

お遍路用の宿が無いのだから

          (吉良川の町の中に蔵を改装した喫茶&宿もあります)

  20130725001

 

16時頃に宿に到着し、タイミングよくお風呂に入ることが出来

洗濯も済ませくつろいでいると夕食ですよと声を掛けられた

今日の客は2人だけ、もう一人の方は20Km前後/日しか歩かないと決めているらしい

区切り打ちで、あと2日で一旦帰るそうだ、これも面白い

交通の便の良い所を区切りにして歩くのも一つの方法だ

|

« 宍喰尾崎 | トップページ | 神峯寺雨 »

遍路」カテゴリの記事

コメント

一日に20キロ前後しか歩かないと決めている。
そんなお遍路もありですか。
これならなんとか出来そうだ、と思ったが
考えてみたら、20キロといったらフルマラソン
の約半分。
やっぱり無理ですわ。

高校野球、木更津総合は大敗。残念でしたね。

投稿: あぼうかい | 2013年8月18日 (日) 18時02分

sandclockあぼうかいさん

20km/d=4km/h×5h/d

続けて20km歩こうなんて考えなくても
良いんです

午前に3時間
・途中で喫茶店に入りコーヒーを飲み
・食堂でお昼を食べ
午後に2時間
・どこかで3時のおやつを食べてれば
簡単でしょ
 
午後も3時間歩けば 24km/d
 
ほら、難しくはないでしょう

投稿: 房州や | 2013年8月18日 (日) 18時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 宍喰尾崎 | トップページ | 神峯寺雨 »