« 遍路前日 | トップページ | 陶印遍路 »

2013年8月10日 (土)

遍路初日

2013年5月10日(金)

行程

宿→01霊仙寺→02極楽寺→03金泉寺→04大日寺→05地蔵寺

   →06安楽寺→07十楽寺宿坊(泊)  

                                     約18km

毎回のことですが、足を慣らすが1日目・2日目の目的です       

今日は初日なので一番の参拝はぎこちなさがありました

             一般的な参拝の方法はこのようになります   

   1.原則として山門から入ります(駐車場入り口からは×)    0052013c003

     その時、立ち止まって

          頭を下げご挨拶をします

    

0062013c003    2.次に「手水」で両手と口を清めます

      左手・右手・掌に受けた水で口を漱ぎ

      最後に柄杓を洗います

 

0072013c003    3.鐘を打つ(一つだけ)

       時々、遍路の人が打つのを禁止している

       お寺もあります

       指示に従いましょう

            

0082013c003    4.ご本尊にお参り

       燈明・線香・納め札・お賽銭・読経・・・・

       堅苦しく考えないで、あなたのやり方で

       気持ちの問題ですから

                笠を被ったままで構いません

0092013c003      

    5.大師堂にお参り

       ご本尊さんとほぼ同じ

    

              6.納経所で納経帳に朱印を捺して頂く

                 必ずお参りの後で行きましょう

                 真っ直ぐここに来る方も時々見受けます

                ※霊仙寺と弥谷寺の納経所は靴を

                  脱がなくてはなりません

                  歩き遍路にとっては大変不便なお寺です

                  まぁこれも修行のひとつです

0102013c003     7.忘れ物はないかとよく確かめてから

        山門から出ましょう

        もちろん一礼するのを忘れてはいけません

     これら一連のことをすんなりできたとして最低でも約20分

              掛ります。

              計画を立てる時はこのことも十分配慮しましょう

   

極楽寺を出ようとしたとき、外国からのお遍路さんに声を掛けられたのです

ドイツからやってきたカメラマンのミヒャエルさんでした

話をしているうちに一緒に歩くことになりました

日本が好きで空海さんに興味を持ち、日本語の勉強に熱心な青年でした

並んで歩き、話しの中で出てきた言葉に疑問を持つとすぐに質問をしてきます

お接待ってどういうことですか?その意味はこういうことですか?

お年寄りや仕事をしている人の写真をたくさん撮ってました

温泉に入りたいという彼を6番に残し、7番まで歩くことにしました  

0812013c003    

  ←05地蔵寺奥の院(?)の五百羅漢   

    ※近くのコンビニには座って食べることの出来る  

    スペースがあります

初日なので距離は1/2、足の調子を考えながら、ゆっくりと歩きました

お寺の庭を見て歩いたり、羅漢さんを見たり、話をしたり

早めに宿坊に入り、風呂に入り、洗濯をし夕食の時間を待ちます

夕食の時間は同席したお遍路さんと今日の出来事や明日の路や宿について

話しが弾みます、もちろんお酒も入りますがほどほどです

天気予報を確認し9時前には寝てしまいます。

※十楽寺宿坊はまるでホテルです 

|

« 遍路前日 | トップページ | 陶印遍路 »

遍路」カテゴリの記事

コメント

友人はバスツアーでちょちょいちょい。
私は房州やさんツアーでほいさほいさ。

指の上に乗っかって
同行ふたりをさせていただきますデス。

霊仙寺と極楽寺は車でのぞいた記憶あり。
詳細は覚えておらず。
人の記憶は自分の記憶と致しましょう。

投稿: 七海 | 2013年8月10日 (土) 09時41分

友人にお遍路を誘われています。
足に自信がないので断っていますが、
房州やさんの連載を読んでから、考えましょう。

お遍路はTシャツ、Gパン、野球帽、リュックでは
いけませんか。

投稿: あぼうかい | 2013年8月10日 (土) 10時53分

happy01七海さん
 
霊仙寺から極楽寺への道は一般道を
歩いて行けば簡単に到着します
霊仙寺からも行けますが、極楽寺への道の
途中から第九の里ドイツ館へ行くことが出来ます
日本で初めて第九が演奏された捕虜収容所です

その気になれば、いろんな名所旧跡を訪ねることもできますよ

投稿: 房州や | 2013年8月10日 (土) 18時54分

happy01あぼうかいさん

>お遍路はTシャツ、Gパン、野球帽、リュックではいけませんか。

  最近のお遍路の服装は何でもありですが
  Gパンでは歩きにくいと思います
  雨に濡れた時は特に
  私はTシャツでしたが白衣は着てました

誘われた時がチャンスです
足は歩いているうちに丈夫になります
おまけに健康になって元気になって
帰ってきます

あぼうかい遍路紀行楽しみにしています

投稿: 房州や | 2013年8月10日 (土) 18時59分

ついに第1日目歩き出しましたか・・・
これからが楽しみです。
七海さんの様に、これ見て行った気分を味わうという、方法も有りですね!
とりあえず、私もその方向で・・・やじうま参加しましょう!
今、余り暑いのでサウナへ行って汗を流して、さっぱりして、ビールを飲んでいます。

投稿: 閑おじ | 2013年8月10日 (土) 23時07分

happy01閑おじさん

あまり暑すぎたので
テニスも大変でした
家に帰ってシャワーを浴びて
活きかえったそんな午前中でした

きっと
そんなに簡単なら俺にも出来る
そう思うはずです
お四国病の患者が増えることになりそうです
七海さんあぼうかいさんに閑おじさんで
3人増えることになります

投稿: 房州や | 2013年8月10日 (土) 23時41分

今日は、いやもう昨日は暑かった~

何やら楽しげな旅のようです。
遍路のさほうやらなにやらよくわかるなぁ。

一杯物語が詰まった修行の旅ですねぇ

ところで、私は四国病にかかるのでしょうか?think

投稿: 章魚庵 | 2013年8月11日 (日) 00時11分

happy01章魚庵さん

千葉県勢勝ちましたね
部屋の中の温度は32℃を超えてます

作法が判るようなら立派な
お四国病予備軍です
お体お大事に
 
考えれば大したことはないことでも
その時は不愉快だと思ったこともありますが
後から思い出せば、良いことばかり
旅とはそんなものです、きっと

投稿: 房州や | 2013年8月11日 (日) 10時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 遍路前日 | トップページ | 陶印遍路 »