« 動物注意 | トップページ | 遍路四度 »

2013年7月14日 (日)

簡単陶印

七輪で陶印を作る前に

簡単に出来ると言われる

オーブンレンジでチンする簡単陶印を作ってみました

 

随分以前にハンズで買っておいたオーブン陶芸用の粘土を使いました

適当な形を作り、生乾きの時に、印面を平らにし、そこに

絵や字を筆で下書きし竹を削って作ったもので彫りました

20130709

    出来たものは一週間くらい乾かすと白くなります

        (↑ 乾燥中の陶印の元)

    この後は、①レンジで160~180℃で30分位素焼きをして

           ②防水液を筆で塗り

           ③再び160~180℃で焼成しました

    最初から印面の中央部がへこんでいたのか、乾燥途中で歪んだのか

    焼いている時に曲がったのかは判りませんが

    数本に中央部にへこみが見られましたが

    割れることもなくひびが入ることもなくできました

20130709_2

            焼き上がると、印の色が乾燥した時の白濁色から

            元の粘土の色に変わっています

            陶印らしい雰囲気に出来たのではないでしょうか?

20130709_3

             印面は焼成温度のせいか、粘土のせいか判りませんが

             焼いた後でも刃物で彫ることが出来ました

20130709_4

             形は適当に作りました、穴を開けたのは

             紐を穴に通して結ぶと面白いかなと思ったので

20130709_5

               最後に一同整列!、礼!   

               次は七輪陶印に挑戦です 

|

« 動物注意 | トップページ | 遍路四度 »

遊び印」カテゴリの記事

コメント

さすがは房州やさん、仕事が速い。
オーブンレンジでこれだけのものが出来るのなら
七輪はいらないのでは。
なかなかのよい焼き加減です。
焼いてから彫るのかと思ってたら、彫ってから
焼くのですか。
竹の根と陶印があれば、もう印石はいりませんね。
1センチ×1センチは無理ですか。

暑さ知らずの房州やさんに感服です。

投稿: あぼうかい | 2013年7月14日 (日) 07時19分

sportsあぼうかいさん

暑いですねーー
オーブンレンジ陶印は思ってたより簡単でした
「あぼうかいさん」もやってみませんか?

>焼いてから彫るのかと

 焼き方が甘かったかもしれませんが
 焼いてからでも、十分彫れる
 そんな感じがしました
 焼いた後に補正彫りをしましたが
 楽に彫れました
 落としても割れないので
 時々使用するくらいなら大丈夫なようです

>竹の根と陶印があれば

 慣れているせいか、石が一番安心して
 彫れるようです

>1センチ×1センチは無理ですか。

 それくらいの大きさのも作りましたが
 何の問題もありません

あぼうかいさんの挑戦を楽しみにしています

それにしても毎日暑い
熱中症にならないよう気をつけてください


投稿: 房州や | 2013年7月14日 (日) 19時45分

オーブン陶土は簡単で便利です。
七輪は熱が平均的でないので、難しいのかも知れません(やったことが無いのでわかりませんが)
炭で普通に焼けば、800~900度位にはなるので、素焼きなら十分です。
熱が高い分、乾燥が不十分だったりすると、ヒビが入ったり、歪んだりする可能性が有ります。
釉薬を掛けないなら構いませんが、釉薬を掛けて焼くなら、1000度位で溶ける釉薬を選ばないといけません。

楽茶碗は炭で一碗づつ焼きますが「ふいご」で風を送らないとなかなか1500度にはならない様です。

素焼きの後でもルーターなら彫れると思います(竹べらでは無理でしょう!)
頑張ってやってみて下さい!

投稿: 閑おじ | 2013年7月16日 (火) 18時12分

sports閑おじさん

オーブン陶土は扱いやすく
形作りも彫りもわりと楽でした
しっかり乾かしてさえすれば
上手くいくと思います
陶印以外にも何か作ってみたくなりました

さて七輪で陶印はどうなんでしょうか
乾燥脱湿が上手くいけば
なんとかなりそうな気もしますが
ドライヤーも使わず、低温焼成で
なんとか出来ないかと思っています

最大の問題はこのところの暑さです
火遊びするには暑すぎる
七輪に炭に魚焼きの網
炭はさみにアルミホイル
道具は揃いました

遊びの結果はいずれまた

投稿: 房州や | 2013年7月16日 (火) 19時45分

こんばんは~

久しぶりにお邪魔したので、
一挙まとめて読んできました。

四国のランチョンマットがありましたが、
あれいいなぁ。私も8月に高松に用があって行くので、今電車の時刻など調べているところです。電車の旅は久しぶりです。

陶印の形も可愛いですね。
古墳から出土した様な感じもステキ!
房州やさんアクティブに攻めていますね。

投稿: mimi | 2013年7月17日 (水) 22時35分

sportsmimiさん

高松に行かれますか
高速バスでも飛行機でも
瀬戸内海をマリンライナーで行くのも良し
楽しみですね
   
>陶印の形も

 普通の陶土では難しい形も 
 この粘土なら虫や魚の形も出来ると
 後で気がつきました
 オーブンレンジで出来るのが
 大げさな器具も時間もかからないので
 気楽に出来ます

 
 

投稿: 房州や | 2013年7月18日 (木) 10時05分

そうか!チンする陶印があったか!
なかなかいいものですねぇ。簡単そうで。
それにしてもこの数……

七輪やるのはチト暑いですねぇ…
アルミでくるんで素焼きをじわじわやって
そのあと本格的にドライヤーの風送って
ガーガーやった記憶があります。

ハンコは素焼き状態だといいんだけど
もっとガーガー温度あげると炭の灰が溶けて
灰釉(?)になって印面にかかってが具合
悪くなったのでこれをどうするかですかねぇ。

それにしてもやはり冬の遊びだと思います。

投稿: 章魚庵 | 2013年7月19日 (金) 10時03分

sports章魚庵さん

レンジでチンの陶印は楽で
形も決まりますが
面白みに欠けるような気がします。

七輪で作る「陶印」はドライヤーで
風を送らなくても、最後の焼成の時に
団扇でパタパタパタパタと強く
風をおくればいい感じの陶印が
出来るそうです。

暑い中汗をかきながらやってみようと
思います

投稿: 房州や | 2013年7月20日 (土) 18時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 動物注意 | トップページ | 遍路四度 »