« 初夏到来 | トップページ | 屏風一二 »

2013年5月 5日 (日)

小石絵遊

今日は端午の節句、朝から良い天気です

今日明日でGWも終わりになりますが

楽しい思い出が出来ましたか?

冗談じゃないよ、全部仕事だよという人もいるのでしょうね

わたしの場合は毎日がなんだかんだある日曜日という感じでしょうか

---------------------------------------------- 

Ⅰ 小石に絵を描いて遊ぶ

   小石に墨で絵だけを描きました

   小石の形を活かすか?

   小石に描きたいものを描くか?

   拾ったもので遊ぶ生活になってきました。

1.魚達

   最初は一個の小石に描いていたのですが

   途中から尾っぽをつけたり鰭をつけたり

   段々遊びも複雑化していきます

20130315

       こんな顔してたかなーーーーーーなんて思いながら

       魚みたいなものを描きました

       一旦、ブログに載せようとこの写真を撮りましたが

       面白かったので、少しだけのつもりで魚を作りました

       その結果、この2倍ほどになり画面からこぼれる位になってしまい

       いつものように置き場所に困ることになりました

       石の形や模様を活かすことがベースですが

       少し置き方を工夫するとこうなります  ↓

20130326

              額縁の海を泳ぐ魚たち  

2.ふくろう

      石の形を見てると、

      これはフクロウを作ろうと思いものがいくつかあり

      こんな風になりました

20130314_2

                石の形でなんとなく表情がかわります

                 問題は彩色です

                  梟も増えすぎて今は12羽を超えました

                             ↓ 少しだけ加工してみました

20130329

20130329_2

               枝に木工用ボンドで貼りつけてみました

               少しはふくろうらしくなりました

3.達磨さん

            ふと、達磨さんが出来るのではと思いました

            絵を描いてみると、思ってたよりも

            達磨さんと石は相性が良い

20130314_3 

                    さて、どんな色で塗りましょうか

                   達磨さんですから、そんなに自由な色は

                   塗れません。

                   赤と白と無地の

                   達磨さんが30体弱に増殖し

                   どうしようかと悩んでいます

                   置き場所に

              ↓ なんとかしようと色をつけて額に収めてみると

20130326_2

              ↑ 洞窟で修行中の達磨さんのつもりです

他にも、あれやこれや小石に描いてみたのですが

どんな絵もがしっくりくるとは限りません

そろそろ拾った小石も尽きてしまいます  

-----------------------------------------

Ⅱ 彫りにくくて使わなかった石に彫りました

  思いつく文字を彫ったので

  グループとしてまとまりのないバラバラの印

  になりました     大きさは15mm

20130325001_9   「山豚火」     三文字はやりにくい

   山型にしました

   

   「房州老」    三文字の置き方を変えました

   砂粒だらけで真っ直ぐ彫れないのです

   「山静」     山は静かだなあと思って

   

   

   「龍」       龍という字が好きなんです

   

----------------------------------------------------

Ⅲ 竹根印でひらかなを彫る

 前回、柔らかな感じになったので、今度はひらかなを彫ってみました

 完全に乾ききっていないのに、焦り過ぎましたかね

20130419_2 

 最初の頃に掘りだした

 竹の根に平仮名を

 彫りました

 石の印材と同様に

 裏文字を直接印面に墨で書き

 彫刻刀で彫ります

 生乾きのせいかとても柔らかく

 楽に彫ることが出来ます

 

----------------------------------------------------

Ⅳ  こんな案内が来ました

20130430001 20130430001_2

      もぐら庵さんの展覧会があるそうです

-----------------------------------------------------

Ⅴ お知らせ

  次回から暫くの間ブログ更新をお休みし

  ちょっとだけ休養します

追伸 (5/7)

  家にいても退屈なので 取り敢えず 9日から出かけることにしました

  チケットは取りました、では

 

   

|

« 初夏到来 | トップページ | 屏風一二 »

あれこれ」カテゴリの記事

コメント

いいお天気です。
とっても静か。

この連休は、好きなことだけしてます。
 ★一日を部屋着のままで過ごす
 ★グダグダと夜更かしする
 ★人騒がせな大工仕事をする
これで幸せとは、我ながら安上がり。

木枠に入った梟は、のどから手が出ます。
<龍>という文字はわたしも好きです。

投稿: 七海 | 2013年5月 5日 (日) 13時12分

fuji七海さん

こちらもとても良い天気です

安上がりの幸せ
周りも自分も最高ではありませんか

箱入り梟のコスト
 小石2個  拾いもの
 枝     拾いもの
 絵具    貰い物
 接着剤   少々  100均の残り
 額縁    50円 (2個100円)
 時間    少々

 額縁なしは上記の-50円で出来ます
 安いような高いような

今日は、頂いた粘土を練ったところで終わり
上手くいけばそのうちに
七輪陶印になるでしょう
まだ七輪を手に入れてませんが

投稿: 房州や | 2013年5月 5日 (日) 16時01分

今度は拾ってきた小石を使って、ハンコが出来ないものでしょうか?

硬くて大変でしょうが、房州やさんなら、何とか出来そうな気がするのですが・・・

ただ、自然石の遊印というのも面白いかな?と思っただけなので、無理に挑戦しなくても結構です。

今日もいい天気です。
ベランダの椿の剪定でもしましょうか・・・

投稿: 閑おじ | 2013年5月 6日 (月) 09時38分

fuji閑おじさん

連休は
飲み疲れ?
運動疲れ?
遊び疲れ?
どうやら仕事疲れではなさそう

拾った小石の
なんとまあ硬いこと硬いこと
石の印材が高騰しており
只の材料に目がいっております
小石の他には木の枝、竹の根、粘土等々

今日は良い天気なのですが
この辺りは南の風が強く吹いてます
昼からプリンターのインクを
散歩がてら買いに出かけようと思ってます

投稿: 房州や | 2013年5月 6日 (月) 11時43分

連休は客人の相手でくたくた。
昨日4人が帰り今日は大山棚田が見たい
という3人を案内して棚田からあの近辺を
3か所回り先ほど帰宅。これから昼寝です。

小石の作品なかなかのものです。
2カッと目の魚2匹が好き。
ブルーは塗ったのですか? 石の色ですか?

ぎっくり先生は治ったようですね。
さすがは日頃テニスで鍛えた腰です。

投稿: あぼうかい | 2013年5月 6日 (月) 16時08分

fujiあぼうかいさん

>連休は客人の相手でくたくた

 お客様はくたくたではないようですね
 60年に一度のお祭りを見ることが出来
 良かった良かったと言ってますよ
 60年後のお祭りにもきっとやってきますよ
 楽しみですね

>石の色ですか

 そうです、石の色そのままです
 凸凹も良いでしょう

>ぎっくり先生は治ったようですね。

 くしゃみをしてもなんともないので
 治っているのだと思うのですが
 無理な姿勢をとらないように気をつけています


投稿: 房州や | 2013年5月 6日 (月) 17時20分

ぎっくり腰になっていたんですか?
あらら・・お大事にして下さい。
休養して下さいね。パソコンのキーボード打ちはけっこう体に響きますから。

石のお魚の水族館みたいで楽しいですね~。
房州やさんの描く顔は、表情がコミカルで好きでーす。

投稿: mimi | 2013年5月 7日 (火) 00時40分

fujimimiさん

>ぎっくり腰になっていたんですか

 ほぼ完治ではないかと思います
 当分は行動が慎重になりそうです
 ※万一のために
   1)山用のストック
   2)ゴルフのパター
    どちらかを用意しておくことを
    お勧めします

>石のお魚の水族館みたいで

 魚の数も増えて、外に出しておけなくて
 箱の中に入れてます
 重くて持ち運びに不便だとようやく判りました

 

投稿: 房州や | 2013年5月 7日 (火) 09時56分

大山棚田はあちこちの田んぼで田植えを
していました。
小高いところの茶店でコーヒーを飲もうと
思ったら、田植えの人の貸し切りで入れません。
ザンネン!

9日からお出かけですか。
カナダから来ている客人が9日に帰るので
成田まで見送ります。
房州やさんとばったり出会うかもしれません。
合い言葉は「ユウ」 「イン」にしましょう。
   happy01 bleah

投稿: あぼうかい | 2013年5月 7日 (火) 19時17分

fujiあぼうかいさん

今年は苗の伸びがよく
例年よりも早く田植えを始めていました
早苗を見学できる一番良い時に
ぎっくり腰をやらかし
ふがいなさにガッカリの5月の初めでした
大山の千枚田に行ったのなら
大山のお不動さんにも行きましたか?

「ユウ」と「イン」あまりぱっとしない
合言葉ですが、新宿で出会っても使えますか?
似顔絵の缶バッチでもつけててもらえると
探し易いのですが

明日は荷物を詰め込みます
ああ忙しい忙しい

投稿: 房州や | 2013年5月 7日 (火) 20時25分

いよいよ明日出発ですね。
お土産は木口地蔵、どんぐり地蔵、
根付けのようなもの、竹根印ですね。
小石の魚やフクロウは重いので止めましょう。
これだけ持って行けばあちらの人に
喜ばれ大歓迎を受けるでしょう。
あとはあちらで木口やどんぐりに絵を描いたり
竹根を彫ったりの実演をしましょう。
もぐら庵さんの展覧会までには、帰国ですか。

成田での合い言葉を忘れませんように。
気をつけて行ってらっしゃい。
   good

投稿: あぼうかい | 2013年5月 8日 (水) 12時38分

fujiあぼうかいさん


遊べる小石も彫れる竹の根も描ける木の枝も
何処にでも落ちている訳でないので
金をかけずに遊ぶのもそれなりに工夫のいるものです

ぷかぷか漂流してみたいものです
3日か10日か1月か3月か半年か1年か

投稿: 房州や | 2013年5月 8日 (水) 14時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 初夏到来 | トップページ | 屏風一二 »