« 屏風一二 | トップページ | 屏風五六 »

2013年5月19日 (日)

屏風三四

前回の続きで  三番目と四番目になります

  

20130325001_3

20130325001_4

         筆ペンで描いた絵をみて、山頭火の句を思い浮かべることが

         出来たらよいのですが

出掛けているのか、家にいるのかそんな詮索は無用ですよ

休暇中に付き、返事はご容赦願います

-------------------------------------------------

千葉市美術館でこんな展覧会をやってます

20130504001

        ※黄緑色の蓮弁は入場券

        ※入場料は1000円

        ※場所は千葉市美術館

          波の伊八の作品も見られます

          ぎっくり腰のある日、見てきました

          興味のある方は是非

|

« 屏風一二 | トップページ | 屏風五六 »

遊び印(俳句)」カテゴリの記事

コメント

いまどの辺りをさまよっているのでしょう。
ギックリは再発しませんか。
どこかの街角で木口地蔵を並べて旅費を稼いでいませんか。
竹の根にその場で一文字彫って、一晩泊めてもらったお礼に、
していませんか。
飲み水には気をつけていい旅を続けてください。

カソ村は4日続きの好天気で、先日のお祭りで泊まった
客人の布団干しです。
早朝海岸をウオーキングしておますが流木は見つかりません。

投稿: あぼうかい | 2013年5月19日 (日) 07時09分

屏風の大きさはどんなだろう?

寝っ転がってのぞきこみたいな。
向こう側から
小さな山頭火があらわれそうです。

いまどのあたり?
房州やさん、
夢に出てきて教えてくださいannoy

投稿: 七海 | 2013年5月19日 (日) 08時53分

句を想像させる・・にくいなぁ。
山頭火の句、調べ直してみようっと。

投稿: mimi | 2013年5月24日 (金) 00時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 屏風一二 | トップページ | 屏風五六 »