« 桃色小石 | トップページ | 初夏到来 »

2013年4月27日 (土)

無駄即楽

昨日は恒例の「八重桜花見の会」は緑の葉の下でした

そして今日は自治会の総会です    (こんなことしてても役員さんなのです)

これで、四月の主な行事は終わり、しばらくはのんびり出来そうです

---------------------------------------------------

Ⅰ 役に立たないものを作る楽しみ

随分前に印面に字だけ書いておいたもの

房州××をいくつか彫ってみましたが

残念ながらなかなか面白いものにはなりませんでしたし

ばたばたと彫りましたので上手く彫れませんでした

1文字2文字3文字4文字色々試してみましたが

上手くいかない時はいかないものです

次回は少しは気にいったものが彫れるようにしたいと

思います(いつものことですが)

1.大きさは9mm

2013030609mm001  

  房州の「房」  房州やの房 

   

  山人の「山」

  

  房総老閑:房総の閑爺さん

  

  鴨閑人

  

  房総山人:房総の田舎暮らし

  

  我房州人:私は房総半島の人なり

  

  房州山人:田舎者

   

  房州閑人:閑人です

  房総山人

  安房閑人

 

     

2-1.大きさは12mm

2013030612mm001   

  安房山人

  

   

  安房白閒:百閒に一足りない

      百閒さんより少しは忙しいのです

   

  房州や:房州やでしょう

  

   

  房州風来:房州をふらついてます

         ふらついている感じに

  

  風来房州:風来坊衆といったところです

  

  

   房州住人(狂人ではありません)

      狂人のほうがよかったかな

  

2-2.大きさは12mm

2013030612mm001_2

   安房閑人:安房の国のとっても閑な人

  

  

   風来老人:徘徊老人ではありません

   

   

  尋常百姓:本当の意味の百姓です

  

   

  房州山房:房州の田舎やに住んでますぞ

  

  

  鴨川山人:鴨川に住むという田舎人

  

  

  房州老人:ただの房州の老人

   

   

使えぬはんこ・使わぬはんこを作って遊ぶ

無駄なものを真面目に作って遊ぶ

これは時間の無駄ではありません

右に左に傾いているのは、ブログ用に捺したのではなく

試捺しをしたものをアップしたからです

ちょっとした篆刻のコツ(↑の失敗例にならないようにするために)

***朱文は思っているより細目に彫りましょう

***白文は大胆に太目に彫りましょう

そうすれば、捺した時に良い大きさになります  

  

ここまで眺めた人は、よほどの閑人?

無駄なことにお付き合いをする

これほど良い人はいません

-------------------------------------------------

Ⅱ 気分が乗ったので石に穴を一杯開けました

  ついつい、ちょっと調子に乗って

  根付紐をつけてみました

20130417

  小石に穴を開ける×4

  割れることも欠けることもなく、時間のかかったのもありましたが

  なんとか4個を ↑こんな形にすることが出来ました

  硬い石でも時間をかければ何とかなるものです

  暇なのはお前だなと言われそうです

  誰か、やってみませんか?

  楽しいですよ

  でも、役に立つかどうかは判りません

  無駄なことに時間を費やす、これが楽しいのです

|

« 桃色小石 | トップページ | 初夏到来 »

遊び印」カテゴリの記事

コメント

うわぁ〜!  なんだこりゃ。
宝の山に踏み込んだ。
どれもこれも、みんないい。

>ばたばたと彫りましたので上手く彫れ ませんでした

なにをおっしゃいますか。これだけ彫れたら十分ですよ。

ところで相談ですが、このいくつかを
また使いますがいいですか。ダメ! といわれても
使いますからね。返事がなくても使いますからね。

きょうカソ村に出かける予定でしたが
ヤボ用で明日になりそうなんです。

投稿: あぼうかい | 2013年4月27日 (土) 09時24分

bicycleあぼうかいさん

>返事がなくても使いますからね

 使いにくいと思いますが
 気楽に使ってみてください
 「房州や」はダメですよ

>きょうカソ村に

 お祭りのパンフレットがありました
 地元の名士としては、壽萬亀の薦被りでも
 持参しなくていけないでしょう


投稿: 房州や | 2013年4月27日 (土) 17時30分

お祭りの4日、5日は私を入れて7人。
布団をどうする!
メシはどうする!

遊び印、OKがでたので気楽に使わせて
もらいます。房州が付く以外は順番に。
先ず、安房閑人、鴨閑人あたりから。

硬い小石によく穴があきました。あけるときに
石をどうやって固定するのですか。
秘密のすごい器具を持っていますね。
     coldsweats01

投稿: 山豚火 | 2013年4月28日 (日) 07時27分

bicycle山豚火さん

>秘密のすごい器具

 大体の皆さんが持っているものです
 私の場合は左手の親指・人差し指・中指と
 掌で固定します
 右手に持ったルーターでガリガリやってれば
 そのうちに穴があきます
 *反対側からもガリガリしますが
  位置を間違えなければ中央部で
  トンネル貫通の感激を味わうことが出来ます
 *穴の出入り口が欠けた時は少し大きめに
  削れば誰にも失敗したことは判りません

 では山豚火さんの健闘を祈ります
 

投稿: 房州や | 2013年4月28日 (日) 13時37分

>では山豚火さんの健闘を祈ります

健闘を祈りますと云われても、石ころはあるけ
どルーターなんてものはない。
持っていても、石を手で持ってガリガリなんて
そんな恐ろしいことはできませんよ。

でも石ころに穴は開けたいなぁ。
   coldsweats02

投稿: あぼうかい | 2013年4月29日 (月) 11時04分

bicycleあぼうかいさん

昔の人は道具が無くても
勾玉に穴を開けてたのですから
道具のある現代は楽なものです

房州やも
四つの石に穴を開けるのに
ルーターで指を挿したことはありません
指をかすったのは一度だけ
石を落としたのは数回だけ
まだ一度も怪我はしていません

固定するものがあれば怪我の可能性は減ります
万が一のために防塵メガネをすると良いでしょう(眼鏡をしているため使ってませんが)

何れも絵を描いてから穴を開けましたが
開けてから描く方がいいでしょう

さあ、頑張ってみましょう
一念岩をも通すといいますから
道具はなくても大丈夫

投稿: 房州や | 2013年4月29日 (月) 11時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 桃色小石 | トップページ | 初夏到来 »