« 六曲二双 | トップページ | 無駄即楽 »

2013年4月23日 (火)

桃色小石

4月下旬になりました

そろそろ友人の牡丹園の様子を見に行かなくてはなりません

桜の開花が早かったので牡丹も早いかもしれません

------------------------------------------------

桃色の小石を日本の太平洋岸のある海岸で発見

20130419

   

20mm程度の小石です

写真写りが悪いのか、本物はもっともっとピンクの部分が

浮き上がって見えます

  

とある石ころ海岸で  

打ち上げられた流木に腰かけて

バナナを一口して下をみたら

ピンク色の石が目に飛び込んできました

バナナを置いて、ピンクの小石を拾い、あたりを探すと

他の3個の小石を見つけました

   

教訓「流木には腰を掛けるべし」

    「上ばかりでなく下も見るべし」

------------------------------------------------

随分前に彫るだけでほったらかしていた

根付のようなものに紐をつけた

20130315_2   

     たけのこ  4本

     なす     4本

     ひょうたん 5個  (うち  1個は象牙)

     彫りっぱなしだった黄楊の根付のようなものに

     夜叉液を塗ったり茶粉を塗ったりした後

     根付紐を通す穴をあけ紐を通して出来上がり

     (何度もやったおかげで上手にあけられるようになりました)

     筍は半分は夜叉液だけで仕上げ半分は茶粉塗りましたを

------------------------------------------

なんとなく印にしてしまった

20130323001_4  15mm

   

   

  

・馬耳東風    馬の耳に念仏というのもありますね

・掌見       働けど働けど我が暮らし楽にならずじっと手を見る

・友来遠方    友あり遠方より・・・・

     

|

« 六曲二双 | トップページ | 無駄即楽 »

あれこれ」カテゴリの記事

コメント

>とある石ころ海岸で  
 打ち上げられた流木に腰かけて・・

それ以来、『房州や先生腰掛けの流木』
と石ころ海岸の観光名所です。その近くで
バナナを売っている元漁師のおじさんや、
ピンクの小石を3っビニール袋に入れて
100円で売っている元海女のおばさんもいます。
でも観光客は日に3〜4人。
あいかわらずのカソ海岸です。
   sad

投稿: あぼうかい | 2013年4月23日 (火) 18時03分

shineあぼうかいさん

流木が流されていなければ良いのですが
100円は安いので、私なら3袋は買います
見つけたら代わりに買っといてください

そういえば
昔この辺りに
阿呆隗なる男ありて
砂浜に出でては流木を集め
石ころ浜に出でては小石を拾い
海に入ってはワカメを集め
暮らしておったと
港の入口の看板に書いてありました

先日は
バナナのオジサンも元海女もいなかった
お祭りに備えて休みを取っていたのでしょうか


投稿: 房州や | 2013年4月23日 (火) 20時13分

『房州や先生腰掛けの流木』は台風でも
流されないように、しっかり土台をセメントで
固めべぇ、
それと石ころ海岸に降りる階段を広げて
手すりもつくるべぇ、
と村の議会で決定。
その予算は房州や先生にお願えして根付けや
お地蔵どんぐりを売らしてもらって、
その利益を当てるべ。
というこになり、近々村長が直々に
初鰹を手土産に房州やさんの工房に
お願いに上がる予定らしいですよ。
   coldsweats01

投稿: あぼうかい | 2013年4月24日 (水) 10時17分

shineあぼうかいさん

あの海岸は津波の時逃げ場所がありません
あぼうかいさんの寄付で
是非逃げ道だけでも作ってください
エレベーターとかエスカレータとかの
贅沢は言いませんのでよろしくお願いします

流木は流木の都合があるので
ほっておくのが一番です
次の大波の日に行きたいとこへ
流れていくでしょう
次はカソ村砂浜海岸で一休みして
東北地方を応援しながらぷかぷか流れ
ハワイあたりに行きたいと思ってるかもしれません

・はつがつおああ初鰹はつがつお

投稿: 房州や | 2013年4月24日 (水) 12時44分

言われてはじめて気がついた。
津波になったら逃げ場のない海岸だった。
エレベーター、エスカレーターは無理でも
手すりの付いた階段は必要だ。
それには先ず予算。
房州やさんの根付け、地蔵どんぐり、
木口に描いた山頭火はどうしても土産物店で
売らせてあげましょう。根付けでもドングリ
でも後ろに「カソ村土産」と入れてあげましょう。
もそろそろ村長と係長が初鰹を手土産に着く頃ですよ。
   coldsweats01

投稿: あぼうかい | 2013年4月25日 (木) 14時31分

砂糖をまぶした豆菓子にしか見えません。
石なんですか。
教訓「海岸ではバナナを食べるべし」
ですね。

根付の腕前、どんどん上がってますね。w(゚o゚)w

投稿: 峰猫 | 2013年4月25日 (木) 21時44分

shineあぼうかいさん

逃げ道は3か所あります
 ひとつめは、崖をよじ登る、幸い転げ落ちるようなけもの道が一本あります
 ふたつめは、岸壁横のはしごを登り、家の間を抜けて登る道です
 みっつめは、流木にしがみついて、島に上陸することです

対策はあります
 流木をみんな集めて
 カソ村の大工をみんな集めて
 巨大で丈夫な津波タワーを作りましょう
 名前は「カソ村ツリー」にしましょう
 スカイツリーからも見えるでしょう
 

投稿: 房州や | 2013年4月26日 (金) 08時02分

shine峰猫さん


>石なんですか。

 噛んで確かめてはいませんが石でしょう
 ピンク色が混じっているだけで
 小さいだけで
 可愛いものに見えてくるから不思議です

>「海岸ではバナナを食べるべし」

  おにぎりでも大福でも良いのですが
  ピンク色の石を見つけたければ
  バナナでしょう
  座る場所は流木がいいでしょう
  気持ちが良いからといって
  寝てしまわないように
  潮が満ちて帰れなくなりますから

投稿: 房州や | 2013年4月26日 (金) 08時10分

昔「御浜小石」(みはまこいし)という砂糖菓子が有りました。
和歌山のお土産だったかな?
見た目、この石とは違いました。

昔は「碁石浜」とか「御浜」とか、綺麗な五色の石を浜で手で拾い集めて売っていました。那智黒なんかも少なくなりましたね。
40年位前迄は、お花の剣山や花止めを隠すのに瑪瑙石を使っていましたが、国産では高くて売れないので、中国から輸入した時期も有りました。那智黒や五色の石も使われましたが、最近は需要が無くなりました。

投稿: 閑おじ | 2013年4月26日 (金) 10時59分

小石海岸は不思議な海岸。
きれいな色の石ころはあそこの海岸しか
ないのだから。
房州やさんがバナナ食べながら拾ったら数年で
なくなりそう。
   banana
60年に一度の弁天島のお祭りは5月4日、5日。
カナダからわざわざそれを見にきた風来坊と
明後日からカソ村に出かけます。
   coldsweats01

投稿: あぼうかい | 2013年4月26日 (金) 13時20分

shine閑おじさん

100均でも瓶に詰めた石を売ってました
※金魚鉢には入れないでください
何か危険なものがついている石でしょうか
それとも金魚鉢に入れて割れたら責任を取らされるからでしょうか

篆刻の石の殆どは中国産、一部蒙古もあります
最近は、蒙古の石を買ってます、何となくですが

投稿: 房州や | 2013年4月26日 (金) 19時26分

shineあぼうかいさん

食べているのはバナナだけではありません
時にはおにぎり
そしてまた時には大福
海をぼんやり眺めながら食べるとなんでも美味しく感じられます

あぼうかいさんも流木に囲まれて
おにぎりでも食べませんか
きっと美味しいですよ

たしかにあの小石海岸はいろんな色の石があります
暇な時に、いい感じの石を集めて玄関先に於いといてください
暇な時に、探しに行きますから
住所は知らないけど

投稿: 房州や | 2013年4月26日 (金) 19時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 六曲二双 | トップページ | 無駄即楽 »