« 狐・梟・鯨 | トップページ | 楽在其中 »

2013年2月 6日 (水)

内房駅舎

暖かい日が続いていたのに

今日は寒くなるとか、今のところ雪は降っていません

これから降るのでしょうか

立春も過ぎ、これからこうして寒い日と暖かい日がやってきて

次第に暖かくなっていくのですね

---------------------------------------

いつものように少しだけ古い家を彫ってみました 

  

「内房線の駅」       

020c003     青い瓦屋根の内房線の駅舎

    数台の自転車が並んでいる

    駅前には家族を待ってるであろう

    車が停まっている

              内房線のこのタイプの駅舎の屋根の色は

              何故か青色なのです

  

「いすみ鉄道駅近くの商家」

022c003    暖簾が掛かっているので

    多分商家でしょう

    ガラス戸と格子の綺麗な

    老舗商家です

「蔵のある風景」

021c003    白壁の蔵の横に

   2階が漆喰で塗られた家

   四国のどこかの町で見かけた

   風景です

---------------------------------------

和綴じ⑥           

20130111_7

 完成した四つ目綴じです

 この後、本の題名をつけます

 左上でも真ん中でも

 好きな場所に本の名を書いた

 紙を貼れば完成です

 

   

--------------------------------------

内房線岩井駅の屋根瓦の色

20130127  南総里見八犬伝の

 伏姫と八房の像がある

 岩井駅の屋根瓦の色は

 青色ではなく

 こんな色でした 

|

« 狐・梟・鯨 | トップページ | 楽在其中 »

遊び印(その他)」カテゴリの記事

コメント

内房線で東京まで行ったことは一度もありません。
ですから岩井駅がどの辺りにあるのかわかりません。
それにしても岩井駅はおしゃれですね。2階はレストランですか。
それに比べると鴨川駅舎はお粗末。プレハブの仮の駅舎みたい。
乗降客の差なんですかね。それともハマコウさんの政治力なのか。

雪は降らなかったが朝から冷たい雨。いつまでも
雨戸を開けなかったら隣の里芋似のバアさんが心配して
様子を見にきた。カソ庵は鍵がないのでいつでも入ってくる。
布団にもぐり込まれると大変なのであわてて起きた。

投稿: 山豚火 | 2013年2月 6日 (水) 15時21分

train山豚火さん

内房線の青堀~安房鴨川までの普通の駅舎は
平屋・青い屋根が一般的ですが
富浦・岩井・館山・千倉は新しくなり
それぞれ特徴ある駅舎になっています

>レストランですか。

 そんなおしゃれなものはありません
 観光案内所・事務室・待合室・トイレで
 構成されています
 売店はありません、駅前のお店で買ってください
 乗降客は安房鴨川駅の方が何十倍も多いと思います

>朝から冷たい雨

 こちらも朝からの雨がまだ降り続いています
 明日は晴れて、明後日からまた寒くなるでしょう
 明日は早起きして雨戸をあけて冬の冷たい
 空気を部屋中に入れましょう
 津波は来たかな?

あそこは採石場だったのか、ソーダ沸石の鉱山だったのか
調べても判りません????
採石場が正しいのかな

投稿: 房州や | 2013年2月 6日 (水) 17時31分

岩井は小学生の夏休みに、臨海学校で行きました!「のうじゅうふくまつ」さんの家でした。(もしかするとこの名前の家は、御岳山の林間学校の時に泊まった家だったかも知れません)

当時は両国発の汽車でした。機関車が煙を吐いて走る奴です。トンネルに入る度、窓を閉めないと大変でした。勿論冷房なんて有りませんから、窓を開けなかったら、暑くて倒れます。

中学の時にキャンプでも行きました。高校の時は保田でキャンプしましたね~!

最近は鋸山までは行きました(息子の組合の保養所が有るのです)その時に町の魚屋で買った太刀魚が大変美味しかったです!

投稿: 閑おじ | 2013年2月 6日 (水) 17時57分

train閑おじさん

今でも岩井や富浦は東京の子供たちの
臨海学校の場所になっています
大きな体育館まであって
学生も大勢合宿しています
先日は楽器を抱えた女子大生が沢山いました

鋸山の玄関口「浜金谷」には
有名な寿司・ピザ・バームクーヘンの店があり
ボリュームのある食事ができるレストランもあります

館山まで行けば「さかなくん」のホームグランドです
会えるかもしれません

投稿: 房州や | 2013年2月 6日 (水) 22時58分

きのうの津波で南太平洋の流木が流れ着いているかも
知れません。一仕事終わったので今からカソ村海岸を
見回ってきます。
また後ほど。

投稿: 山豚火 | 2013年2月 7日 (木) 14時19分

train山豚火さん

津波は5000kmを7~8時間で
到着しますが、流木は2ケ月以上かかるでしょう
今日は強い南の風で春一番かも知れません
気温は高くて散歩日和なのですが
強い風で波しぶきを浴び砂粒を浴びて
体中が塩辛くなりますよ

お気をつけて

投稿: 房州や | 2013年2月 7日 (木) 15時31分

カソ村海岸の砂浜にこの辺りまで波が到達した、という
形跡はありますが流木はなし。
流木は2ケ月以上かかるのでしたらあるわけがないですよね。
もう、台風シーズンまで待つしかありませんね。

暖かだったので海岸を端から端まで(シーワールド辺りまで)
歩いたら疲れました。テニスで鍛えている房州やさんなら
どうってことないんでしょうがねぇ
今日は早めに風呂に入り寝ましょう。

投稿: 山豚火 | 2013年2月 7日 (木) 23時27分

train山豚火さん

砂浜歩きは気持ちよかったでしょうね
波は穏やかでしたか?
亀〇病院の先まで歩ける砂浜は続いてますか?
今度は青年の家のがけ下の海岸と
トンネル横の溶岩を見に行こうと思ってます

仕事も一段落し散歩の心地よい疲れで
ぐっすり眠れたでしょう

投稿: 房州や | 2013年2月 8日 (金) 07時55分

内房線は1回館山まで行った記憶があるくらいです。
先日保田へ水仙を見に行きました。車です。
高速ができたので我が家から1時間とちょっとでした。
帰りに菱川師宣記念館に寄ったら、見学者は一人でした。
見返り美人(複製かよぉ~)がありました。
本物は東博らしいです。

投稿: 章魚庵 | 2013年2月 8日 (金) 12時08分

train章魚庵さん

保田の水仙は満開でしたか
手前の駐車場に車を止めて
ブラブラ歩いて途中の休憩所で
暖かいものを頂いて頂上まで歩くのが
冬の散歩にはちょうど良いのですが

>菱川師宣記念館

 日本で一二を争う淋しい道の駅です


館山の博物館には南総里見八犬伝の資料が
少しですがありますよ
お城から眺める館山湾・富士山は絶景です
躑桜も良し躑躅も良し薪能また良しです

投稿: 房州や | 2013年2月 8日 (金) 17時03分

千葉ってほんの入り口しか知らないのです。
でも千葉には知り合いがたくさんいて、各地のいい話をいっぱい聞きます。

館山・・行ってみたいものですね。

投稿: mimi | 2013年2月 9日 (土) 00時25分

trainmimiさん

春が近づくと
テレビの旅番組で房総半島が
良く取り上げられます
暖かいなどとよく言いますが
北風が吹くと冬はやはり寒いです

投稿: 房州や | 2013年2月 9日 (土) 13時36分

和綴本はこれで完成ですね。
数年前、新宿区のカルチャースクールで和綴本の
1日教室があるので見学に行きました。集まったのは
おばさんばかりが8人ほど。仲間に入る勇気がなく
ちらっと見てやめました。今だったら女ばかりの大奥で
慣らされてしまってどうってことはないのでしょうが・・
今思うとその時に和綴本習っておけば、房州やさんより
上手かったかも。残念でした。

ハンコの「蔵のある風景」が一番風情がありますね。
古い家も沢山彫ったのでしょう? ここに載せるのは
その中のごく一部。いずれ和綴本になって版元つたやから
発売になるのですね。「殿さまの五七五」と発売が
一緒になったりして。

投稿: 山豚火 | 2013年2月 9日 (土) 17時36分

train山豚火さん

一日教室でも簡単な四つ目綴じなら
出来るようになります。
・一般的な四つ目綴じの他に
  
・角布部分に糸を通す康熈綴じ
・麻の葉文様に綴じる麻の派綴じ
・甲羅のように見える亀甲綴じ等が
 あります。
それぞれ試しにやってみたのですが
四つ目綴じが単純で一番美しいと思います

>古い家も沢山彫ったのでしょう

 数えたことはありませんが
 下町100軒の実績位の数はあると
 思います。

>「殿さまの五七五」

  山頭火の句を
  いろはで分類したら
  「ゐ」の字がないだけのようです
  殿さまの句も「いろは」で
  分類しては如何です
   

投稿: 房州や | 2013年2月 9日 (土) 20時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 狐・梟・鯨 | トップページ | 楽在其中 »