« 最後一言 | トップページ | 返信変身 »

2013年1月 9日 (水)

雪舟望色

先日、友人と「深川の七福神」巡りをしてきました

それだけしか最近の出来事はありません 

------------------------------------------  

今回も又 最後の言葉で笑ってください

言ったかも知れない言うかもしれない最後の言葉です

最後の言葉じゃ笑えませんか?

「雪舟」       「 色のある絵を描きたい 」 って言ったとか 

109c003    

   あの水墨画の雪舟さんがこんなことを

   言うはずがない

   そうです、多分、嘘です

 

「石川五右衛門」   水ーーーーー!

110c003   浜の真砂は・・・・・では?と

  お思いでしょうが、本当は「水ーーーー!」

  だそうです

   「水みたいだ」とでも言いたかったのでしょうか

             そうです、嘘です

「平賀源内」     早く生まれすぎたかな 

108c003   

  稀代の発明家・戯作者・奇人変人・・・

   きっと、こう言ったに違いない

   本当は

                乾坤のてをちぢめたる氷哉 

               じゃなかったかな

  

-------------------------------------------------

深川七福神巡り

20130108_5

  昨年は谷中七福神でしたが今年は深川七福神を巡ってきました

  地下鉄「森下駅」から「門前仲町」までをブラブラ散歩の地図です

  地図で上から下に向かって歩きました

  20130108001

   芭蕉記念館にも行きました

   隅田川堤防道を芭蕉庵史跡公園まで歩くこともできます

20130108001_2 

相撲部屋もいくつかありました  尾車部屋・北の海部屋・錣山部屋等々

昼食は深川江戸資料館近くの「深川宿」で深川めしを食べました

「味噌仕立てのぶっかけどん」と「あさりの炊き込みごはん」のミニ丼が

セットになったものを選びました(2100円の贅沢です)

20130108001_3  

    この記事を読んだ人は、七難を除け七福を招くことになるでしょう、

|

« 最後一言 | トップページ | 返信変身 »

遊び印」カテゴリの記事

コメント

きょうの最後の言葉、3点とも
房州やさんの創作です。多分。
だから面白い、笑える。happy02

投稿: 山豚火 | 2013年1月 9日 (水) 09時41分

ticket山豚火さん

みなさん片道チケットを持って
行ったきりなので
本人に確認のしようがないのが残念です。
これらの言葉は房州やの情報網を駆使して
集めた情報なので1%~49%の確かさです
いずれ山豚火さんも最後の言葉が残るかもしれません
考えておいてください

投稿: 房州や | 2013年1月 9日 (水) 11時04分

やった~heart02
> この記事を読んだ人は、七難を除け七福を招くことになる
ありがとうございます

最後の一言 嘘のようで本当に聞こえるのは
房州やさんのお人柄でしょうか
今からEテレ見ます

投稿: auntkokko | 2013年1月 9日 (水) 22時53分

雪舟が「色のある絵を描きたい」って
言ったのは案外本当かも知れませんよ。
明けても暮れても墨一色では厭きてしまいますから。

ほら、房州やさんが遊印だけ彫っていればいいのに、
ドングリにサンタクロース描いたり、
小枝にお地蔵さん描いたりするのと一緒です。

案外雪舟さんも人に見られないところで
思いっきり色を使った絵を描いていたかも。

投稿: 山豚火 | 2013年1月10日 (木) 10時51分

ticketauntkokkoさん

運がよくなると思って
一年過ごしましょう
そうすれば
きっと良い年になります
多分

投稿: 房州や | 2013年1月10日 (木) 12時58分

ticket山豚火さん

山豚火さんに〇〇シリーズが沢山あるように
雪舟さんにも門外不出秘蔵の極彩色版が発見されるかも知れません
そういえば
魔女っぴも大きくなってるでしょうね
ひょっとして成人式ではありませんか

小石が無くなりました
寒いので八岡海岸まで出かけられません
散歩のついでに小石を拾って送ってください
5cm未満2cm以上をね

印材は買うには買ったが印面を磨いてないし
小枝はつるつるにしてないし
只今休業中のようなものです
しばらくは過去のものをご覧ください

投稿: 房州や | 2013年1月10日 (木) 13時06分

   sun
七福神めぐりってのは、ただの一度も行ったことが
ありませんね。スタンプラリーみたいなものでしょう?
なんせカソ村育ちですから、新年早々人の多いところに
出かける気にもなりませんし、苦手です。
新年はカソ村海岸で流木の写真でも撮っているのがいい。
カメラは砂の上に落とすと壊れます。
ネックストラップを使いましょう。
   

投稿: 山豚火 | 2013年1月11日 (金) 01時09分

雪舟が色のある絵を描きたいって言ってますが、ほんとのところは
結構雪舟さん色使ってるようです。
有名な天橋立もよ~く見ると色使ってます。
お寺が赤が入ってます。松もうっすら緑がさしてあります。
慧可断臂図のだるまさんの顔も色つきです。
この絵、慧可という坊さんが達磨さんに弟子入りする覚悟を見せるために
自分の左腕を切って右手で持って達磨さんに見せるというとんでもない
場面のようなんですがその切った左手の切り口にほんの少し血の赤が
入ってます。

そんなこんなで墨一色見たいな感じがする雪舟ですが
色使いの名人だと私は思います。

以上、猫姉様の断捨離物件
「週刊アーティストジャパン7雪舟」よりの考察でした。

ちなみに石川五右衛門は「アチッ!」
平賀源内は「ビリッ!しびれる!」
じゃないかと想像してます。

今年もよろしく o(_ _)oペコッ


投稿: 章魚庵 | 2013年1月11日 (金) 09時31分

ticket山豚火さん

七福神めぐりは
お正月のになまった体を引き締める散歩です
見知らぬ土地を歩くことで気分転換できます
名物を食べ老舗をのぞくことも楽しみです
房州各地にも七福神が祀られていますが
お正月の華やかさが足りないのでついつい
遠くに出かけてしまいます
カソ村周辺にも恵飛須さん・大黒さんを奉った神社仏閣がありますよ

投稿: 房州や | 2013年1月11日 (金) 11時56分

ticket章魚庵さん

雪舟さんが
室町時代でなく安土桃山時代に生まれていたら
琳派墨絵派になっていたのかもしれません

石川五右衛門は「アチッ!・・・水・・」
平賀源内は牢内でAEDを使った時に
       「ビリッ!しびれる!」
       「ビリッはエレキテルに限る」

今年もヨロシク 

投稿: 房州や | 2013年1月11日 (金) 12時09分

深川は結構馴染みなんです。私の出身校「都立商科短大」は深川越中島に有りました。
都立三商の敷地内に、狭い掘っ建て校舎を建てて、間借り生活でした。
最初の一年はまだ東西線が開通していなかったので、東京駅から「東雲都橋」行きの都バスでした。二年目の途中から東西線が出来て、門仲から歩きました。
門前仲町は酒屋で立ち飲み、パチンコ屋に通い本屋で立ち読み・・・
福住町の福住会館はコンパの会場でしたが、先輩達のバカ騒ぎ(ガラスを割ったり、飲みすぎて部屋でもどしたり)の為、「野球部です」と言うと貸して貰えませんでした!(当然ですが)
そこで、女の子に「コーラス部ですとか美術部です」と言って、借りて飲み会をやりました。

今年も元日にお参りに行きましたが、女房の実家のお寺は「円珠院」のすぐそばの「円隆院」というお寺です。
あそこの「深川めし」は高いので食べた事がありません!

五右衛門は「心頭滅却しても、火はすずしくねえ!」「江戸っ子はこんな日向水みてえなお湯にへえれるか!」(五右衛門は江戸っ子じゃねえか!)

投稿: 閑おじ | 2013年1月11日 (金) 16時13分

ticket閑おじさん

何気なく入った「深川宿」で
一番高い深川めしを喰ってきました
一年に一度のことですから
ロボット閻魔様をのぞいたり
富岡八幡の相撲関係の碑も見物しました
(背比べをしたり手の大きさを比べたり)
相撲部屋はお休みの様でした
ちょんまげの若者には出会いました
二所の関部屋が消滅するとか
大鵬さんなんとかしませんかねぇ

投稿: 房州や | 2013年1月11日 (金) 20時27分

更新が本当に中3日になっちゃいました。
それじゃわたしも見習って1日置きにしようかな。

深川七福神巡りの地図を見ていたら、スタートして
すぐの右の方に「のらくろ館」があります。
田河水泡の弟子だった先輩の漫画家、永田竹丸が
のらくろを描いてもいいという権利ををもらいました。
前からのらくろ館を見に行ってくれと言われていまし
たのに未だに行かずじまい。
あさり丼でも食べながら行ってみようかな。

投稿: 山豚火 | 2013年1月12日 (土) 10時37分

ticket山豚火さん

一昨年:中1日
昨年:中2日
今年:中3日
ベテランになると体力回復が遅く
  登板間隔が長くなるのです

山豚火さんは次から次へとアイディアが湧いてくるので
一日2回でも良いでしょう

>先輩の漫画家、永田竹丸
 さすがに交際範囲の広い山豚火さん
 田川水泡さんとも繋がっているのですね
 そうとわかっていれば見学に行ったのに
 残念なことをしました

投稿: 房州や | 2013年1月12日 (土) 14時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 最後一言 | トップページ | 返信変身 »