« 連結連結 | トップページ | 不得手印 »

2012年12月 8日 (土)

久留里城

昨日の夕方、地震がありましたが

被害はありませんでしたか?

-----------------------------------

久しぶりの建物のはんこです

内房線・久留里線が開通100年になるそうで

今年はあちこちで記念の行事が行われているようです

昔の房総西線が内房線に房総東線が外房線になってから

何年たったのでしょうか

内房線木更津駅で下車し久留里線に乗り換えて

久留里城を見に行ってみませんか?   

   

018c003   1.久留里城

    別名 雨城と呼ばれています

    里見家とも徳川家とも縁のある城です

久留里の町には、美味しい水が湧きだしており

名水百選に選ばれていることから

美味しいお酒の蔵元がいくつかあります

くろもじで作る良い香りの「雨城楊枝」も有名です

   

019c003   2.こんな蔵が並んでいる町を

  見かけたことはありませんか

  白壁の一部がはがれ壁土の

  黄土色が見えてたりしてるのを

維持するのも大変なんでしょうが

   

前回に続いて 

並べただけのもう一つの連結印(もう2つ)

20121011001_2  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

①枡形文様の中心を明るくした色合いと暗くしたものを組み合わせてみました

②小さな四角を沢山彫りいろんな色で埋めてみました

元は

016e005 016f006    

    溝の幅は 1mm弱

   

   

017f006 017e005    

  小さな四角の一辺は 1mm弱   

   同じはんこに色を変えて

                    1/4回転させ

                  色を変えるとこんな感じに

|

« 連結連結 | トップページ | 不得手印 »

遊び印」カテゴリの記事

コメント

昨日、カソ村から高速バスで江戸に向かいました。
17時15分アクアラインのトンネルの中で震度4の地震に遭遇。
幸いにもハマコウさんが天井板をしっかり付けてくれ
ていたたので、落下せずに済みました。

連結印、右に傾いているけど地震のせい?

投稿: 山豚火 | 2012年12月 8日 (土) 11時25分

dramadrama山豚火さん

>右に傾いているけど地震のせい

 地震のせいです
 スキャナーにセットするときに
 曲がってしまったのです
 きっと地震にスキャナーが
 怯えていたせいだと思います
 そんなことってありませんか?

>落下せずに済みました

 無事に戻れて何よりです
 そのせいか、今日は鳥も飛ばされるほどの
 風が吹いていました
 その中でテニスのようなものをして
 遊びました
 いやぁ実に疲れた

投稿: 房州や | 2012年12月 8日 (土) 19時12分

>小さな四角の一辺は 1mm弱 
暗号の文字でも書いてあるのかと、
目を皿のようにして見たがなにもなし。
クリスマスになるとビルの窓の明かりを
調節してクリスマスツリーなどを描くので
それかと思ったがそうでもないxmas
20時過ぎるとなにか現れそう。楽しみだ。

投稿: 山豚火 | 2012年12月 9日 (日) 19時30分

dramadrama山豚火さん

模様にすればと
暗号にすればと

これを見て物好きにも
真似をするかもしれない人がいれば
是非やってみてください

こんなアホなことをする
アホな自分に気づきます
そんな人を是非見てみたい

投稿: 房州や | 2012年12月10日 (月) 05時52分

>こんなアホなことをする
そんな人を是非見てみたい。

是非見てみたい。なんて言われるとぜひ
やってみたくなる。今のところハートの
形しか思い浮かびませんが。

久留里城は10年ぐらい前に行きました。
下の駐車場に車を止めて、坂道をふうふう
いって上った頂上のお城が、余りにも
小さいのでびっくり。
帰りに近くのお蕎麦やさんでざるそば
食べて美味かった。

投稿: 山豚火 | 2012年12月10日 (月) 09時47分

bottle山豚火さん

久留里城も大多喜城もみんな小さいのです
大天守閣は大大名しか作れないのです
山豚火さんのお城は大大名クラスでしょう


>お蕎麦やさんでざるそば食べて美味かった。

 水の良い所食べ物は美味い
 コメも美味いし酒も美味い
 きっとお団子も美味いでしょうね

投稿: 房州や | 2012年12月15日 (土) 19時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 連結連結 | トップページ | 不得手印 »