« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月29日 (土)

未完印譜

今年もまだ3日残っています

やり残していることのひとつが ↓ 印譜作りです 

面倒くさくてもやらなきゃいけない仕事なのにいつも後回しになってしまいます

思えば去年もこんな記事で年末を迎えたような気がします

いつもと変わりない年末を迎えることが出来ました

来年もよろしく

  

20121025_4

    内容ごとに分類してみました

    極端なほどに沢山彫ったものがある一方で

    数個しか彫っていないものもあります

    数個では綴じることはできませんので

    来年にまわることになります

20121025_5

    上の写真を横から見たところです

    多いものは極端に多いことが解りますね

    全部積み重ねると45cm位になります

20121228 

     千代紙を使って簡易和綴じの表紙を作りました

  今回の分は全部で54冊分あります

  これから先は機械的に作業をすればいいだけです 

  ①四つ目穴をあける

    ②四つ目綴じをする

  ③表題をつける

    この3工程を行うだけです 

----------------------------------------------

お正月前には、昔ばなしの「笠地蔵」でしょう?

ということで、随分前に作っていたものですが

20121106_3  ←

 笠を被せてもらったお地蔵さんたちは

 おじいさんに合掌

 

 ← その夜

 お地蔵さんたちは何かを持ってお出かけです

 

 ← お正月の食べものや宝物を持って

   おじいさんの家にやってきました

 

 ← お礼の品を届けたお地蔵さんたちは

  元来た道を歌いながら賑やかに

  帰っていきました

  めでたしめでたし

  

  

  

ということで  良いお正月をお迎えください  

| | コメント (20)

2012年12月26日 (水)

平々凡々

まるで篆刻に凝ってるかのように

吉祥熟語印もいくつか彫っていました

ついでに干支印も10個彫りました

ひと月ほど前には

こうだったのが

20121015  

  印面に朱墨を塗り

  鉛筆で下書きをして

  筆で清書したところです

  これで

  彫る準備は出来ました

  篆刻刀を研いで

  印床に固定するか

  手でしっかり持って

  彫ると

  次のようになります

  

   

固い粒があり、彫りにくかったのですが

割れても欠けても彫れなくても失敗などと思わずに   

なんとか彫り終わり

20121017  

  彫った後

  試捺しをして

  彫り足りないところ

  ゴミみたいに

  汚れているところを

  彫り足して

  彫りは完成です

  この後は

  印面を綺麗に洗って

  印泥をつけて

  捺します

同じように並べて  

捺してみると、こうなりました

20121017_2  

  捺してみると

  こんな感じになります

  いつもは

  こんなふうに捺すことは

  ありませんが

  どうですか

  篆刻のように

  見えるでしょう

  この後は

  パソコンに取り込みます  

  なんちゃって

  篆刻の出来上がりです

 

下絵と少々違っても問題ありません

 

左上から下にーーーー>以下上から下に

・遊雲魚→華好月円人壽→二耳之聴→幽意閉情

・人長壽→吉祥長壽→一笑百慮忘

・平々凡々→思言敬事→癸巳

・安楽→遊山澤見魚鳥→無盡蔵

    意味は適当に考えて下さい

いくつかは人に貰って頂き

一つは来年の年賀状にも使いました

おまけに

年賀状用の干支印として、こんなものも彫りました

20121017_3

     来年の干支(巳年の巳)       ↑ 彫る前の印面

20121025_2 

                        ↑ 彫った印面

20121025_3

                       ↑ 捺印

いつものように上手くできませんでした

次にこれらが日の目を見るのは12年後(生きていればの話ですが)

今年は使いませんでした

------------------------------------------

3.図書館で

20121219001

   図書館でこんな本 ↑ を見つけて借りてきました

   紹介されていた関東の6ケ所の内、房総半島が一ヶ所ありました

   さる「カソ村」の八岡海岸に「ピンク色の斜灰簾石が入った小石があるらしいのです

   目の前は雀島、一度行かないわけには参りません

| | コメント (10)

2012年12月23日 (日)

謹賀新年

少しだけ早いですが

xmasメリークリスマスxmas

cakewinebirthday

-------------------------------------------

1.年賀状にありきたりの言葉印

これで今回彫った年賀状に使える「遊び印」はこれで最後です

周囲を欠いたり文字の線を欠いたりしてません

机から落としたりぶつけたりしているうちに味が出てくるものですと

自分では思っていますが、どうなんでしょうか

そんなことはどうでもよく、ここでは、こんなに彫ったのかと

ただただ呆れてみてやってください  

   

132a001    謹賀新年

     年賀状によく書いていますね

     私も書いたことがあります   

   

133a001    恭賀新嬉

     これも年賀状の見本にありそうな

     文字ですね

    

134a001    恭賀新年

     あるある

     年賀状で見たことある

     でしょう

   

135a001    美意延年

     あまり普通の人の年賀状では

     見かけませんが

     こんな言葉を書く人もいます

136a001    一念三千

     これから先は

     普通の人の年賀状では

     見ないものです多分

138a001    緑酒松華春

      なんとなくめでたそう

   

  

139a001    光風動春

     いかにも春がやってきそう

   

   

140a01001    日々是好日

   

     三角の石に彫りました

     二の字は同じ文字を

     表す記号です 

   

  

 

   

141a02001       日々是好日

             好日が続きますように

   

142a01001    日々新

          日々新たな気持ちで過ごせたら  

     

  

  

143a02001     日々新

      「=」:前と同じ文字を表します 

     

   

もう、クリスマスですが年賀状は出しましたか?

-----------------------------------------------   

2.クリスマスなのでサンタクロースの登場です

随分前に彫っていた木彫りのサンタクロースにアクリル絵の具で色をつけました

やはり赤い色は周りを明るくしてくれます

(いろいろ並びを変えているだけですがご覧ください)

20121109_3

サンタクロースがプレゼントの包みを持ってやってきました

20121109_4

肩にかけた大きな袋はまだ膨らんでいるようです

20121109_5

大きなサンタクロースは飾り付けたモミの木を持っています

20121109_6

家の前に到着して煙突を見ているのでしょうか

20121109_7   

     少しはクリスマス気分になりましたか

いくつかは我家から旅立ってます

そしていくつかは我家の玄関に飾られています

| | コメント (2)

2012年12月20日 (木)

日就富貴

いろいろと気にかかる季節なのですが

師走も20日ともなれば、年賀状も気にかかる

机の周囲の汚れも少しは気にかかる

どんぐりだって木彫りの色付けだって気にかかる

ついでに連立政権も少しはきにかかる

そう思いながらなかなか思い通りに行かないのが私の師走なのです

気になることは新年になってから考えようか

---------------------------------------------

1.目出度い言葉

わざとらしく縁を欠いたり文字を疵付けたりしてみました

128a001         「日就富貴」

        富貴がずっと続きますように

        目先の利益追求のようで

        嫌ですか

   

129a001     「華色三春満」

    今回彫った中で最大の

    ものです

    ほぼ実物大かな

    花が咲き誇っている

                  これは陽気で明るくなる    

    

130a001        「益壽延年」

        良いことがずーーっと

        永く続きますように

    

    

131a001        孟春

        

   

   

   

わざと縁を欠いたりするのは好きではありませんが

まあこれも練習かと思って、篆刻刀でコツコツ叩いてみました

印面もツンツンと突いてみました

古めかしくなり篆刻らしく見えますか?

-----------------------------------------

2.材料乾燥中

20121218   

    50mm前後の長さに切断した小枝を

    なんとか印材に使えないかと乾燥中です

    割れが生じなければ良いのですが

20121218_2

    スライスした小枝を鋸屑と一緒に紙袋に入れ乾燥させてます

    表面をヤスリ掛けしたり皮を落としたりするのはまだまだ

         ずっと先のことです

| | コメント (10)

2012年12月17日 (月)

千萬千秋

昨日はクラブ・ワールドカップ・サッカー見ましたか?

  コリンチャンスが勝ちましたねーーー

衆議院議員選挙もありましたがちゃんと行きましたか?

  民主の大敗、自民の圧勝でした

当地は天気も良くて絶好の行楽日和でした。 

選挙で出かけたついでに散歩と買い物をしてきました

どんぐりに吹き付けるクリアラッカーを買いました

そして今朝は、資源ごみ集積ステーションの立会日です

----------------------------------------

1.年賀印

今回の年賀状のための遊び印のなかで

色をつけたのはこの2つだけです

 

   

124c003   千萬 

       千年も万年も

  億千万の胸騒ぎではありません  

  

   

125c003   千秋 

   長いこと栄えますように

     一日千秋なんて言いますね

   

   

2.年賀用の吉祥印

  

126a001  壽

   ことぶきです

   目出度いときは「壽」です

  

127a001  永壽

   永く良いことが続きますように

   さらに目出度いように

   

  

次回も年賀状用に彫ったものです

少しは参考になりましたか?

ならないだろうなーー

年賀状の投函までまだ1週間あります

なんとかなるでしょう、なんとかね

-------------------------------------

3.日本ハムの戦略

「大谷翔平君 夢への道しるべ」

 ~日本スポーツにおける若年期海外進出の考察~

   2012年11月10日

   (株)北海道日本ハムファイターズ

        チーム統轄本部

    (本文26ページ 別紙5ページ)

    興味のある方は、読んでみませんか?

    私には面白い読み物でした

| | コメント (12)

2012年12月14日 (金)

年賀印章

戻ってなかったら

今回も期日指定の投稿になってます

 

   

年賀状の準備は済みましたか

まだの人は少し慌ててください。

  

115c   来年の干支は巳だそうです

    ということで彫ってみました

    癸巳(みずのとみ)

    

117a001        巳

    

    

118a01001_2 119a02001   よくある

   「賀正」  

   面倒な時には

  賀正で済ませたような

                     後ろめたい記憶があります

   

   

↑これだけでは何となく寂しいのでおまけも彫ってます

121a02001 122a01001 123a001    

   

   

順番に「長幸」「大幸」「常貴」です

なんとなくめでたい言葉だと感じませんか

これらを年賀はがきにべたべた捺せば出来上がり

例えば    「賀正」を真ん中に

        最後に「癸巳」

        適当に散らして 「大幸」   

のつもりでいたのですがいつものように調子に乗って

いくつか作ってしまいました   次回以降クリスマス頃まで続きます

   

-------------------------------------------

ちょっと前に帰ってきました 15日 18:30頃更新

20121215004    

  留守の間、こんな文庫本を読んでいました

  ちょっとかわったおじさんの書いた文章は面白いものでした

  内田百閒 知ってましたか?

| | コメント (14)

2012年12月11日 (火)

不得手印

この記事は、日時を指定して投稿しています  

只今、パソコンを使えない環境にいます  

ごめんなさい、返事は後日いたします  

-------------------------------------------  

お正月が近づいてきたので

おめでたい言葉や文字を彫って捺せば

少し手抜きの年賀状が出来るかなと思って

いくつかの(かなり多め?)のお遊び印を作ってみました

本を真似して作ってみました  

摸刻ですが(似ていないのです)真似ただけですから

彫りの勢いも面白味もなーーんもありません

言葉だけを楽しんでください  

  

086a001    言葉:基致一也

   読み:その致はいつなり

    ・行き着くところは

   

087a001    言葉:仰観宇宙之大

   読み:仰いで宇宙の大を観る

    ・空の大きさを知り我が小ささを知る

   

088a001    言葉:永和九年

   読み:えいわきゅうねん

    ・平和は永く続いて欲しい

   

089a001_2    言葉:信可楽也

   読み:まことに楽しむ可きなり 

     ・そうです大いに楽しみましょう

   

090a001    言葉:不知老之将至

   読み:老いの将に至らんとするを知らず

     ・いつの間にか老いはやってきますぞ

   

091a001    言葉:所以興懐

   読み:おもい興す所以

     ・といった訳で

   

092a001    言葉:終期於尽

   読み:終に尽くるに期するをや

    ・終わりが近づいてくれば

   

093a001    言葉:天朗気晴

   読み:天気は清く晴れわたり

     ・空は晴れ雲はなし気持ちの良いもんだ

    

たまには彩色していない印影が新鮮に感じられませんか

     

ここまで彫って

う~んこれはあまり年賀状向きではないなーー

使えなくはないのだけれど場面が違うと思いましたので

謹賀新年とか賀正とか 一般的な年賀状向けの印も彫りました

次回はベタな年賀状向きのお遊び印ですのでご覧ください

   

----------------------------------------------

遊び印に飽きて

2.おまけの木彫り

20121016

     2種類の木を張り合わせています、上半分と下半分は別の木です

     尻尾のくるっと巻いているところはミニルーターを使いました

     黒檀だと思うのですがとても固い木です

     黒猫がじゃれているように見えれば大成功

ついでに

20121016_2

   これまでに寄木で作った猫みたいに見える細工物です

   

| | コメント (8)

2012年12月 8日 (土)

久留里城

昨日の夕方、地震がありましたが

被害はありませんでしたか?

-----------------------------------

久しぶりの建物のはんこです

内房線・久留里線が開通100年になるそうで

今年はあちこちで記念の行事が行われているようです

昔の房総西線が内房線に房総東線が外房線になってから

何年たったのでしょうか

内房線木更津駅で下車し久留里線に乗り換えて

久留里城を見に行ってみませんか?   

   

018c003   1.久留里城

    別名 雨城と呼ばれています

    里見家とも徳川家とも縁のある城です

久留里の町には、美味しい水が湧きだしており

名水百選に選ばれていることから

美味しいお酒の蔵元がいくつかあります

くろもじで作る良い香りの「雨城楊枝」も有名です

   

019c003   2.こんな蔵が並んでいる町を

  見かけたことはありませんか

  白壁の一部がはがれ壁土の

  黄土色が見えてたりしてるのを

維持するのも大変なんでしょうが

   

前回に続いて 

並べただけのもう一つの連結印(もう2つ)

20121011001_2  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

①枡形文様の中心を明るくした色合いと暗くしたものを組み合わせてみました

②小さな四角を沢山彫りいろんな色で埋めてみました

元は

016e005 016f006    

    溝の幅は 1mm弱

   

   

017f006 017e005    

  小さな四角の一辺は 1mm弱   

   同じはんこに色を変えて

                    1/4回転させ

                  色を変えるとこんな感じに

| | コメント (6)

2012年12月 5日 (水)

連結連結

     繋がってますか?

  誰かと繋がっていると思うだけで

  なんとなくほっとしたり安心したりするものです   

    あんなものもこんなものもそうです

1.新しい文様を繋ぐと 

   ↓ 少し拡大してますがこの二つの文様を

それぞれ、目見当でつないでみました

遠目で繋がっているように見えるでしょうか

014c003015c003   

    

       

     

   

↓ こんな感じで繋がりました   

 

20121006001

 青海波は横方向に

  

   

これは上下左右に

回転させたりしながら

つないでみました

   

 

 

印材の直角度を精密に出して、定規を使って下絵の線を引き   

定規を使って彫ればもっときれいにつながるでしょうが

手遊びの妙味がなくなるので止めておきます

と、つながらなかった言い訳を残しておきます

次はもっとうまくできるようになりますように

      

↓ なお、これが実物に近い大きさです

014c003_2 015c003_2  小さいけれど結構な量が

  彫れるとも彫れないとも

 

               言えそうな大きさです

        

size    15×15mm

   

2.ちょっと昔に作った文様を繋ぐと   

先に誰かさんが繋いでいましたが   

以前にお見せした模様印を繋いでみました

20120924001 つなぎ方  

   

 ・青海波紋×3

  左にずらし

  下にずらして

 ・波紋×2

  逆にして

 ・網代紋×17

  少しずつ回転させて

  繋いでみました

  

繋がっているようなそうでもないような

   

-------------------------------------------------

3.今年も「どんぐり人形」製作中

20121120

  また今年も、どんぐり人形が生まれています

  白塗り状態ですが、これから絵を描き色を塗り透明ラッカーを吹き付けます

  七福神・六地蔵・四季地蔵・クラシック楽団・軽音楽楽団

  フクロウ・サンタクロース・モミの木・雪だるま等々

  毎日少しづつ作って少しづつ増えています。 

| | コメント (16)

2012年12月 2日 (日)

雲湧秋雲

月日の経つのは早いもので昨日から12月に

色々なことがあった2012年も残り 1ケ月となりました

-------------------------------------

なんだかんだと  

一か月半続いた山頭火の句入り「遊び印」は

今回でひとまず終わりです、

テキトーな図柄でも、15mm角のなかに入れ込み

彫るのは結構面倒なものです

サンタの仕上げも残ってるし、どんぐりも溜まってきたし

暫くはほかの遊びが中心になりそうです

-------------------------------------  

1.山頭火の句  

199c003    「こころつかれて山が海がうつくしすぎる」

     心が疲れてなくても

     海も山も美しいと思います

     花だって草だって美しいと思います

              今日は今日の道を歩いてきた

  

200c003    「どこからともなく雲が出て来て秋の雲」

     いつの間にか高くなった秋の空に

     秋の雲が浮かんでいる

  

  

  

201c003    「ひょいと月が出ていた冨士のむこうから」    

      富士山のむこうから大きい月が

      上がってくる

      まん丸な月だ

  ひよいと繋がり   「ひよいと芋が落ちてゐたので芋粥にする」

              「ひよいと四国へ晴れきつてゐる」

サイズ 20×20mm

このサイズは私にとってはとても大きな石です

15mmでは入らなかったものをついつい入れてしまいたくなるものですが

ここはぐーーーーっと我慢して

 

---------------------------------------------

2.22文字の俳句×2

いつぞや、山豚火さんからこんな句があるよと教えてくれた句を

彫りにくい石でしたがやってみました

20121031001

     同じデザインで白文と朱文を彫ってみました

    「なむあみだぶつ なむあみだぶつ みあかしまたたく」

     平かなで22文字です

   

214c003 213c003   ← こんな感じです

   うまくはいかなかったけれど

   彫ることだけは出来ました

| | コメント (8)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »