« 風の明暗 | トップページ | 深山転倒 »

2012年11月11日 (日)

木の実拾

もう拾わないと決めていてもついつい

どんぐりが落ちているのを見ると

ついつい手にしてしまいます

もちろん意思が固いので決してポケットに入れたりはしません   

昨年は1000個以上のどんぐりに絵を描いたような気がします

それに比べれば今年は半分くらいしか拾っていません大幅削減です

昨日は良い天気でテニス日和でした

そして今日の夜は雨の予報です

こうやって雨が降るたびに秋が深まり寒くなっていくのでしょう

-------------------------------------------------   

今回のメニュー

1.山頭火の句

2.木口に描いて色をつけたもの

-----------------------------------------------  

   

178c003    「木の実おちてゐる拾ふべし」

     山道を歩いていると

     木の実が落ちている  

     思わずしゃがんで拾っている自分がいる

  

179c003    「こころおちつけば水の音」

        部屋の中に座っている情景にしました

   

   

   

180c003     「寒い雲がいそぐ」

      どちらに歩かせようかと考えました

      雲の流れるほうにするか

      風の吹く方にするか

                結局前かがみで風に向かう姿のほうが

                らしいかなと思ったのですが 

    

句のない「遊び印」で遊んでください

  

203c003

  まだ地面はイチョウの葉っぱで黄色くなっていないようです

  なにか山頭火の句が浮かびそうですか?

   

-------------------------------------------------

木口に動物を描いたので一部に色をつけてみました

動物も数が増えました

この写真を撮る前に、ミニルーターで穴を開け紐を通し

壁に掛けたり、ストラップとして使えるようにしました

前に紹介したお地蔵さんも同じようにすることが出来ますね

  

20121104_4

       ↑ COPIC(フェルトペン)で着色してみました

         下地の木の色に溶け込んで

         少しはいい感じになってませんか

20121104_5

             ↑アクリルガッシュで着色してみました

               木地が見えなくなりましたが 

               鮮やかに感じが変わりました

20121105

          ↑  赤・青・黄不動明王は形の悪い木に描きましたが

             それなりになりました

  色のないのも素朴で自然で良いものですが

  色のあるのもいいものですねと自画自賛

|

« 風の明暗 | トップページ | 深山転倒 »

遊び印」カテゴリの記事

コメント

木口に描いた絵はますますカラフルに
なってゆく。
この先どうなってゆくのだろう。
房州や画伯の遊びがとまらない。

最初の頃の金太郎飴が懐かしい。
   rain

投稿: 山豚火 | 2012年11月11日 (日) 20時52分

search山豚火さん

素朴なのは少し残すけど
アクリル絵の具のテストで
次から次へと色をつけています
COPICの色が渋く感じられます
木彫りの仏像には色をつけないつもりです
ただし、不動明王だけは赤く塗ろうと思ってます

どんぐりに絵を描き始めましたが
手がやり方を忘れていたようで
最初は難しく感じられましたが
もう大丈夫です

投稿: 房州や | 2012年11月11日 (日) 22時37分

拾ったどんぐりは ポケットに入れなくても
いいのです。
ショルダーバッグに入れましょう。
ラケットのケースにも入れましょう。
帽子を脱いでその中にいれましょう。
近いうちに食料危機がきます。そのときに
最後まで生き残るのは房州やさん。
   coldsweats01

投稿: 山豚火 | 2012年11月12日 (月) 13時21分

search山豚火さん

房総の食糧危機に「どんぐり」
大奥の食糧危機に「カップ麺」
カソ村の食糧危機に「イセエビ」ですか?

その時は火をおこすのに
山豚火さん秘蔵の桜の小枝を使いましょう
良く燃えると思います

近いうちに
さらに加速されたカラー化現象の
写真を撮りアップしましょう

投稿: 房州や | 2012年11月12日 (月) 15時28分

山頭火の句
・「木の実おちてゐる拾ふべし」
  どんぐり落ちてる拾うべし 房州や
・「こころおちつけば水の音」
  房州やさん、水道の蛇口閉まってます?
・「寒い雲がいそぐ」
  寒波襲来、明日から寒くなる。いやだなぁ。

投稿: 山豚火 | 2012年11月13日 (火) 10時03分

search山豚火さん

・どんぐり落ちてる拾うべし
  ---入れるべき袋もなく鉄鉢もなく
・-----野宿の水は両手で掬う
・-----寒くなる枯草しいてけふの宿

東京も15度前後の日が続く頃となりましたね
最低気温も7~8度とか
そろそろ、珈琲の木の冬支度を考えなければ
今年の春より大きくなってきたので大変です
一本如何ですか?

投稿: 房州や | 2012年11月13日 (火) 11時27分

お金の掛からないオリジナルな創作物を考えて、残りの人生で没頭出来たらいいなと模索中です。
木口アートもいいな。
パクれないかな。

投稿: 峰猫 | 2012年11月13日 (火) 21時49分

search峰猫さん

部屋の中で出来るもの趣味
戸外で楽しむ趣味
一人でできる趣味
みんなで楽しむ趣味があればいいですね

彩色木口絵簡単では面白いです
どんぐり絵も直ぐに出来る良いものです
遊び印は上の二つに比べ少しだけ金がかかりますが深いです

墨で描く木口絵は素朴で簡単に出来ます
失敗したらオセロの駒に出来ます

投稿: 房州や | 2012年11月13日 (火) 23時36分

ゴミ屋敷の住人の心境に近づいていますね~
ただ、ゴミ屋敷にならないのは、拾ってきて、そのまま積んでおかないで、芸術品のような物に変えてしまう所が「さすが房州やさん!」ですね!
ただ、落ちているどんぐりを見ると、拾わずにいられない心境は、ゴミ屋敷の住人と相通じる物が有る様に思えます。
「バカと天才紙一重」という感じでしょうか?
ドングリにしてみれば、折角子孫を残そうと思ったのに、飾り物にされちゃった!と思っているかも知れませんが、アレが全部、木になったら、たまったもんじゃ有りません!
拾う人の事も考えて、ドングリも結実しているのかもしれませんね!

投稿: 閑おじ | 2012年11月13日 (火) 23時52分

search閑おじさん

そうです
私の部屋はゴミ屋敷同然です
石の重さに家は傾きかけ
どんぐり細工で平面は覆い尽くされ
小枝は散らばり
粗末にできない仏像みたいなものは出窓に鎮座し
根付は壁にぶら下がったまま
道具はまとめてはいるが整理はされず
今度は片付けを趣味にしようかな
一度閑おじさんの小道具製造工場を見に行かなきゃ
まさか同じじゃないでしょうね
厳選した趣味に集中すればこんなことにはならないのに

投稿: 房州や | 2012年11月14日 (水) 09時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 風の明暗 | トップページ | 深山転倒 »