« 象牙端材 | トップページ | 木片変身 »

2012年10月 6日 (土)

象牙指輪

何十年も前のことですが

松戸市長に松本清さんがいました

そうドラッグストアーの「マツモトキヨシ」の社長(?)だったかな

その時「すぐやる課」を始めました

どぶさらいをしたりスズメバチの巣を取ったりとニュースになりましたが

覚えていますか

その「すぐやる課」出来たのが1969年の今日なんです

(古い手帳のメモより)

----------------------------------------------

前回はざっくりとした説明で解りにくかったでしょうから

少し細かく手順を追って説明いたします

象牙の指輪はこのような作業手順でも作ることができます

材料の大きさ・形は違うので作業工程には若干の違いはありますが

こんな風にしても作れるよ ということを まとめてみました

(↓これは8号ではありません)

・・・・房州やの指輪の作り方

20120801_5 1、横幅25mm弱の中に(これ位の径)

  指輪の出来上がりの円を内と外の二重に

  大体の線を描きます、材料が生き物なので

  水分を吸収しやすい性質を持っています

  指よりも少しだけ穴の径を大きく作ります

20120801_6 2.この材は厚みは13mm位ありますので

  途中で2個にすることも可能です

  しかし象牙の端片の中には

  この厚みはなかなか見つかりません

  (ノギスは写真撮影のためと

             材料をまっすぐにするために使ってます)

20120801_8 3.鋸で外径を大まかに切断した後は

  鑢を使い外側の線にそって大体の形に

  整えます

  大体の円でOKです、勿論楕円でも12角でも

            好きな形にしてもいいと思います

20120801_94.指輪にするために内側をくり抜きます

  糸鋸でくり抜いても良いのですが

  根付のようなものを作るのに買った

  小型の電動ルーターを使い穴を開けました

20120801_10   ドリルで何回も穴を開けたので

  内面は凸凹の状態になってます

  これから先は根気のいる作業になります

  それでも指輪らしくはなったので

20120801_11    もう少し根気強く作業を続けましょう

  今は只の白い筒状の物体ですが

  そろそろ、どんな指輪にするかを

  イメージしていきます

20120801_12 5.鑢やナイフなどを使って(彫刻刀でも可)

  つける人の指のサイズに

  少しずつ焦らずに近づけて

  いきます

20120801_13 6.時々、指を入れて(彼女が側にいれば完璧)

  大きさを確認します

  ほぼ15mmになりました

  これから先の内径は微調整段階です

  (使う人の指のサイズに)

20120801_197.今回は

  幅が広かったので2分割することにしました

  ほぼ同じ幅で作ることにし

  分割の目安となる線を引きます

20120801_20   あわせて内径の調整も行うことにします

  小さくすることは出来ませんので

  少し削って調整するまた少し削るの

  繰り返しになります

20120801_21 8.鋸を使って分割しました  

  いよいよ仕上げに入ります

  外径を好みの形に作ります

20120801_22 9.今回は丸く仕上げたものと平らなもの

  2種類を作りました

  紙やすりや布で良く磨けば艶が出てきます

20120801_23    模様を彫っても面白いでしょう

  一日は十分遊べます

  暇つぶしにやってみませんか

  

太い指の人専用の指輪が出来上がりました。

-------------------------------------------------  

今回使った道具

1.素材     東急ハンズで買った屑象牙

2.道具

  1)鋸     細工用の小さくて薄い歯の鋸

          (これ位であれば外径は鑢だけでも十分です)

  2)万力   小型の万力(分割するときに使いました)

            無くても手で押さえるだけでもOKです  

  3)鑢     100円ショップで買った丸・平・三角のもの

  4)サンドペーパー  100円ショップで買った中・仕上げ2種

  5)ルーター ミニルーター(根付用で買ったものが役に立ちました)

          ※大昔、ミニルーターを持っていなかったときは

           錐で穴を開け彫刻刀で彫ったことがあります

           道具がなくてもなんとかなります

注6)ノギス    写真には写ってますが製作上は何の関係もありません     

※何かして遊べそうだと思って買っていた象牙の屑片が指輪やストラップに

なりました、

工夫すればまだまだ暇つぶしの材料はあちこちに転がっていそうです

誰かの暇つぶしに手助けになれば幸いです

指輪ができたらブログまで連絡ください

刃物を扱うので怪我をしないように !!

|

« 象牙端材 | トップページ | 木片変身 »

あれこれ」カテゴリの記事

コメント

カソ村が悪いのか、ポンコツPCが悪いのか、
亀より鈍いADSLが悪いのか・・・
房州やさんのブログに繋がらない状態から
なんとかいけるかな、テスト送信です。
一度コメント書いて絵文字を選んでクリックしたら
コメントが全部きえた。
これは2回目の挑戦、今度は絵文字は使いません。

投稿: さんとんか | 2012年10月 6日 (土) 10時46分

どうやら繋がりました。
でも絵文字は使えません。
コメント書き終わって送信をクリック
して載るまで40秒もかかります。

象牙は東急ハンズで仕入れましたか。
でもいつもあるわけではないんでしょう?
たまたま房州やさんが出かけた時、見つけたもの。
まず、象牙が手に入らないことにはね。
とても親切な作り方の説明。でもこれはプロだから
出来るので、素人はなかなかこうはいきませんよ。
手を切りそうで恐い。
それに、半端の象牙をハンズに出した象牙加工や
さんは、このブログを見て、半端で指輪つくりを
始めます。もう半端な象牙はハンズには出ませんよ。
手に入らなくなったら、密輸業者から仕入れますか。

投稿: 山豚火 | 2012年10月 6日 (土) 11時08分

clipさんとんかさん


取り敢えず読むことが出来て良かったです
亀より遅いですか
カソ村の亀は相当高速な亀ですね

海亀が海岸を歩いていませんでしたか
遅いというものだから
気になって状況を確かめに言ったはずですが

投稿: 房州や | 2012年10月 6日 (土) 16時50分

clip山豚火さん

端片の端片しかでなくなったら
もっと小さなものを作るなんて
出来ませんね
としをとり
めはかすみ
てはふるえ
こしはまがり
とても作業できません
業者の目に触れないことを願ってます

山豚火さんが作って
カソ村のご近所さんにプレゼントしては
如何ですか?

投稿: 房州や | 2012年10月 6日 (土) 16時55分

>山豚火さんが作って
カソ村のご近所さんにプレゼントしては

だから、手を切りそうで恐いんです。
それに肝心の象牙が手元にありません。
カソ村からは東急ハンズははるかに遠いんです。

それより流木をなんとか利用する方法を考えて
くれませんか。台風が過ぎて3日も過ぎたら
流木がけっこう流れ着いています。1週間もすると
観光協会がブルドーザーでかき集めてウミガメも
機雷も燃えるゴミで運んでいってしまいます。

投稿: 山豚火 | 2012年10月 6日 (土) 23時41分

clipカソ村の山豚火さん

カソ村には台風からの
予期せぬプレゼントがありましたか
それを一か所に集めて
流木タワーを作りましょう
誰もやってませんから
ギネス記録になり
観光客が増えカソ村は賑やかになります
なんてことはないなぁ

投稿: 房州や | 2012年10月 7日 (日) 09時02分

流木タワーはいいアイデアですね。
まだどこの海岸でもやっていません。
台風のたびに流れ着く流木をどんどん
高く積みあげて100メートルくらいの
高さにしましょう。「流木タワー」を見に
観光客が増えるかもしれません。

その脇で観光客相手に、どんぐり地蔵、
根付け、象牙の指輪を売らせてくれませんか。
   

投稿: 山豚火 | 2012年10月 7日 (日) 14時44分

clip山豚火さん

きっと流木タワーは有名になります
そしてどんどん高くなって
634mを抜く日がやってきます
そのうちアメリカに向かって流れて行った
東日本大震災の漂流物も故郷が恋しくて
帰ってきますので
ちゃんと仕分けしといてくださいね

投稿: 房州や | 2012年10月 7日 (日) 20時56分

カソ村観光協会が「流木タワー」の計画書を
作ったら文部科学省から待ったがかかりました。
あのおさわがせな大臣だ。
流木の一本、一本をボルトで固定すること。
そんなことができますか。
アクアラインを作った、あの代議士さんが
いたらなんとかなったでしょうに。残念。

きのう「ツールド千葉1922」で村中の道路を
自転車が走り回っていました。
房州やさん、自転車はやりませんか。

投稿: 山豚火 | 2012年10月 8日 (月) 10時54分

clip山豚火さん

さすが生真面目なカソ村観光協会
申請しましたか、そりゃあいけません
流木なんて波と風で自然と積み上がるもんなんです
砂浜が危険だからちょっと避けていたら
すぐに強風が吹いたり竜巻があって
流木が舞いあがることありませんか

しかたがない
都会から流木片付けボランティアを募集しましょう
東京駅からカソ村へ流木片付けボランティア
良くないですか

1.貸切りバスはバス会社のご厚意に甘え
2.お昼のおらが丼の30%割引券付きで
  観光施設も30%割引入場させましょう
3.イラスト入り軍手をプレゼントします
4.ゴミ袋はイラストが入ってます
5.イラストは住民山豚火さんが描きます
6.きっと帰りにはお土産も買って帰ります

カソ村には「すぐやる課」はありますか


ニュースです
震災の津波で倒れた防風林の倒木が
ブランコになりました
もいちど倒木タワーに挑戦しましょう
今のお役所ならどんなことでも震災関連になりますよ

投稿: 房州や | 2012年10月 8日 (月) 12時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 象牙端材 | トップページ | 木片変身 »