« 菩薩四体 | トップページ | 団栗置台 »

2012年8月28日 (火)

極薄瓢箪

ロンドン・パラリンピックが明日から始まります

私から見れば変わった競技が沢山ありますね

私たちの市からも「ボッチャ」に2回連続出場することになった選手がいます

-----------------------------------------------

偉そうなことを何回か言った言葉の印の後は

ちょっとした気晴らしです

根付のようなものを作った時に余った黄楊の薄板を使って

こんなものを作ってみました

デパートの催場で「匠の技展」なるものをやってました

そこに、うすい象牙の板で菓子切、爪楊枝等々を作っているのを見て

これなら私にも出来るかなと思ってしまって、↓こんなものを作ってしまいました

20120709

1.黄楊の薄い板  縦35mm~45mm 横20mm~30mm 厚3mm~5mm  を使って

2.瓢箪の絵を切り抜き

3.周囲を滑らかに削り

4.サンドペーパー磨きました

これから

(5.夜叉を塗り)or(無垢のまま)

(6.根付紐を胴のくびれたところに巻いて仕上げようと思ってます)

               ↘ こんなふうになります(イメージ)

20120709_2

  未塗装の状態での出来上がり予想ですが  使えますかねぇ?

  根付にはならなくても携帯のストラップや財布にぶら下げてはどうでしょう

|

« 菩薩四体 | トップページ | 団栗置台 »

あれこれ」カテゴリの記事

コメント

ネットカフェからのコメントかと思ったら
帰ってきているのですね。
帰って来て早々、もうひょうたん5点。
相変わらず手が早い(この言い方は変ですか)

左から2番目の木目の見えるのがいいなぁ。
「巧みの技展」次回デパートで実演のときは
お知らせ下さい。happy01

投稿: 山豚火 | 2012年8月28日 (火) 10時12分

t-shirt山豚火さん

この板切れは7月だったか8月だったかに
デパートで匠展があり
良い篆刻刀が出ていないかと
サッカー応援のついでに寄った時に
ヒントを得て直ぐに作ったものです
ついつい色んな形に作ってしまいました
上が細長いものは紐が落ち着かずボツにしました
根付の余材で作るため大きさ形が一定せず
同じものが出来ません
薄い余材はもう残っていませんので
同じようなものは根付のようなものを
作るまでのお楽しみです

投稿: 房州や | 2012年8月28日 (火) 12時11分

昔、千成瓢箪を作ったことありますが
1000個もならなくて……
水につけて実を腐らせて(?)
これが強烈に臭い……
種取りだして、完成したのが今でも3個有ります。

匠の技も要りませんが…
使いようもありません。

投稿: 章魚庵 | 2012年8月28日 (火) 12時17分

t-shirt章魚庵さん

千成瓢箪は決して千個は生りません
もし千個生ったら大変なことになります
小さな我が家は埋め尽くされます
その前に腐らせるときに隣近所が
大騒ぎになるでしょう
昨年は小さな瓢箪の種を蒔いたのですが
40cm強の大きなのが数個生り困りました
随分前にも植えたことがありますが
その時は20個程度出来ました
いまでもその時の瓢箪が一個だけ残っています

投稿: 房州や | 2012年8月28日 (火) 12時35分

木目が美しいのも素敵だし、木目が見えないのも本物の瓢箪っぽい。
私は真ん中の瓢箪みたいな体型になりたいです。

投稿: 峰猫 | 2012年8月28日 (火) 23時12分

今、三井記念美術館で「日本デザイン大辞典」という展示をしています。その中に、安藤緑山という人の「牙彫」(げちょう)の作品が有ります。
http://www.google.co.jp/search?q=%E7%89%99%E5%BD%AB&hl=ja&prmd=imvns&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ei=EO88UNK2EoiyiQfsq4GABQ&sqi=2&ved=0CDEQsAQ&biw=1257&bih=707
ここに出ていますが、果物など、本物そっくりです。弟子もいなかったので、彼の技術は途絶えたそうです。
房州やさんも挑戦してみたら如何ですか?

投稿: 閑おじ | 2012年8月29日 (水) 01時26分

房州屋さん、いよいよ安藤緑山の「牙彫」に挑戦ですか。
でも、あんまり手を広げない方がいいですよ。
遊印と象牙と、どんぐりと木彫りの仏像と、きょうの
ストラップで手がいっぱいでしょう。
テニスやツーリングを楽しむ時間がなくなりますよ。
    wobbly

投稿: 山豚火 | 2012年8月29日 (水) 03時14分

t-shirt峰猫さん

>真ん中の瓢箪みたいな体型になりたいです

 大丈夫です
 すでに胸とお尻はなっています

それにしても瓢箪は種を取り出すのに
面倒くさい形になっているのでしょう
口は小さいし胴は細いし

投稿: 房州や | 2012年8月29日 (水) 07時47分

t-shirt閑おじさん

>挑戦してみたら如何ですか

  凄いの作ってますねーーー
  謹んでお断り申し上げます

>緑山という

 きっとこの名人は
 暇つぶしが上手だったのでしょう
 暇つぶしに弟子など必要ありません
 閑おじさんも名人と呼ばれていませんか?

投稿: 房州や | 2012年8月29日 (水) 07時53分

t-shirt山豚火さん

それ以外には
サッカー観戦・根付のようなもの
鉛筆スケッチもどき
小さな地べたでの園芸
見るもの聞くものでなんとなくやれそうな
物には手を出してしまいそうで困っています
でも
緑山さんのは真似できません

投稿: 房州や | 2012年8月29日 (水) 08時00分

わたしのケータイのストラップは10年前にシドニーで
買ったブーメラン。
バンクシアいう硬い木で出来てます。ブーメランの先に
穴をあけて紐が通してあります。
10年もケータイにぶらさげていますがびくともしません。

このひょうたん、鹿野山とかマザー牧場の売店に置きま
せんか。売れますよ。先ず私が1っ買いますから。coldsweats01

投稿: 山豚火 | 2012年8月29日 (水) 10時57分

t-shirt山豚火さん

国際人のサントンカさんは
10年物の硬くて丈夫なブーメラン型携帯ストラップを
大事に使っているのですね
ただ
安物の黄楊で作った薄っぺらな瓢箪は
きっと疵付きやすくて割れやすいと思います

このコメントでわかったこと
1.サントンカさんは物を大事にする
2.サントンカさんの携帯ストラップはブーメラン型である
3.新し物好きの冒険家でもある

投稿: 房州や | 2012年8月29日 (水) 12時03分

房州やさん、こんにちは。
毎日暑いですよね~
近くにある海さえも遠くに感じます。
はよ、秋よ来~い!なのです。

キレイにくびれたウエストに
ギュッと素敵なベルトをつけて
何だかカッコいい姿☆ happy01
いつもながら、何でも上手にササッと
作ってしまわれる房州やさんに感動です。

↑ の方々のお名前がやけに懐かしくて (*^m^*)
皆さんもお変わりないようで良かった♪ *^^*

投稿: 月うさぎ | 2012年8月29日 (水) 17時26分

t-shirt月うさぎさん

お久しぶりです
今日も江の島の夕焼けは綺麗だったでしょうか
私の感じでは
〇〇庵さんも〇おじさんも元気すぎて
夏バテなんか関係ない
そう思います

>何でも上手にササッ

 出来そうなものだけを選んで
 テキトーに作ってます
 写真では手抜き具合が見えないのが
 ありがたいです

投稿: 房州や | 2012年8月29日 (水) 22時57分

このひょうたんなら、不器用なわたしでも
作れそうな気がします。
先ず糸鋸でひょうたん形に切り抜く。
ヤスリでふちを磨く。
こんな所でいいのでしょうか。
裏表がありますか?coldsweats01

投稿: 山豚火 | 2012年8月30日 (木) 12時53分

t-shirt山豚火さん

そうです
誰にでもできる簡単な工作です
今からでも夏休みの工作にも間に合います

>裏表がありますか

 裏表のないように均等に丸みをつけます
 仕上げは番手の多いサンドペーパーで磨いてあげましょう

 材料としては少し密度のある硬い木が良いと思います

それでは成功を祈ります

投稿: 房州や | 2012年8月30日 (木) 17時30分

わぁいいなこれ。
ほしい・・・lovely

夜叉ってなんですか?ニスとかじゃないんですか?

投稿: kitanopolaris | 2012年8月30日 (木) 18時51分

t-shirt kitanopolaris さん

ヤシャブシはカバノキ科の木の実で
煮出して木材を染める時のタンニン系の染料です

この瓢箪作りは簡単で
薄い板に型どりして鋸で切って
磨けば出来上がりです
1日あれば何個も作れます
一度工作をしてみませんか?

投稿: 房州や | 2012年8月30日 (木) 20時29分

わぁ、かわいい~

私は根付けやストラップは、こういう素材で角のないものがいいと思っています。
金属製だったり、尖っていると、携帯やデジカメが傷つくでしょ?
持ち歩いてるUSBにもつけていますが、なかなかこういう素材で、ほどほどの大きさのストラップってないんです。

先日観た「あなたへ」という映画の中で、山頭火の句がいくつか出てきました。
房州やさんのハンコの絵が目に浮かびました。

投稿: mimi | 2012年8月31日 (金) 01時28分

t-shirtmimiさん

残念な報告です
黄楊で作ったうすっぺらな瓢箪は
硬くて角のあるものには意外と弱いことです
相手が角のないものか柔らかいもの限定ですね

「あなたへ」にも山頭火の句が使われてますか
最近は山頭火の句を彫っていません
暑くて考える気がしません
涼しくなったら何か彫ってみたいですね


追記(「あなたへ」の登場した山頭火の句を調べてみました)

〇蜘蛛は網張る私は私を肯定する
  けふもよく働いて人のなつかしや
〇分け入っても分け入っても青い山
〇こんなにうまい水があふれてゐる
〇行き暮れてなんとここらの水のうまさは
〇からむものがない蔓草枯れてゐる
  風鈴の鳴るさへ死のしのびよる
  鶲(ひたき)また一羽となればしきり啼く
〇うれしいこともかなしいことも草しげる
  ひとりとなれば仰がるゝ空の青さかな
〇それもよからう草が咲いてゐる
〇捨てきれない荷物のおもさまへうしろ
〇このみちをたどるほかない草のふかくも
〇雨ふるふるさとははだしであるく

  〇印は「遊び印」にした句です

投稿: 房州や | 2012年8月31日 (金) 06時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 菩薩四体 | トップページ | 団栗置台 »