« 石鎚見ゆ | トップページ | 12㎜の仏 »

2012年7月 7日 (土)

あの山を

今日の一日一顆⑭    

162c003   

  あの山を越えてきた

    故郷が近づく

   

   

1週間ちょっとのつもりの一日一顆が2週間になりました

そろそろタネも尽きてきました

今日は七夕ですが天の川地方は曇り空との予報です

--------------------------------------------

久しぶりの木彫りです   

「木彫りのサンタクロース」(作業中)

突然ですが、サンタクロースを彫りました(一木造)

シナの角材をのこぎりで粗く切り落とし、鑿・彫刻刀で彫りました

この材料は材質が均質で彫りやすくて素人が彫るのには楽な木材です

20120619    

 未着色ですが

 プレゼントを両手にした

 サンタクロースを

 彫ってみました

 クリスマスまでには

 なんとか色をつけて

 飾ることができれば

 良いのですが

 うまくいくでしょうか

今年塗れなくても来年のクリスマスまでにはなんとかなるでしょう

絵具で塗っても大丈夫かな

下塗りなんかしなくてもいいのかな

   

   

|

« 石鎚見ゆ | トップページ | 12㎜の仏 »

あれこれ」カテゴリの記事

コメント

房州やさんはせっかちです。
半年も前に木彫りのサンタさんが出来上がりあした。
あとは色を塗るだけですね。
絵の具はアクリル・ガッシュですか。
2度塗り、3度塗りするのですね
仕上げはジェッソを塗りますか。
絵の具をしっかり安定させて光沢をだすのですね。
18日にはサンタが3人仕上がりますね。
でもクリスマスはまだずーっと先ですよ。

房州やさんはやっぱりせっかちです。
   coldsweats01

投稿: 山豚火 | 2012年7月 7日 (土) 14時53分

fuji山豚火さん

図書館で借りた本を見て彫ったのですが
大きさもバランスも適当に拡縮しました
木やプレゼントは別に作って
接合するようになっていましたが
一木で彫りました

・アクリル・ガッシュは持ってます
・ジェッソはありません

地を白で塗って
顔に肌色を重ね
服を赤で塗り
プレゼントの箱に絵を描きリボンをつけ
最後に髭や袋に木彫りオイルを塗ろうと思ってましたが
どうなんでしょうね
来年のクリスマスに間に合えばいいでしょう

投稿: 房州や | 2012年7月 7日 (土) 16時19分

三人もいるので、東方三博士の礼拝かと思いました。
サンタさんは一人で一晩のうちに世界中の子供に
贈り物を配らなければいけないので、贈り物が
小さかったり、配り漏れがあったりするかもしれません。
三博士なら、3人で一人の子供のためだけにもってきて
くれるので、たっぷりの贈り物をいただけます。
今からでも、表題と彩色を変更しませんか?

投稿: 埼玉の酔仙 | 2012年7月 7日 (土) 18時18分

fuji埼玉の酔仙さん

ご無沙汰してます
相変わらず元気に出かけているようですね

サンタさんと決めて彫ったので、そのうち
このまま赤い服を着せようと思います
小さい頃、うちには時々サンタさんが
配り忘れていたようですよ
酔仙さんちはどうでしたか?

投稿: 房州や | 2012年7月 7日 (土) 20時03分

このまま、木肌の色じゃダメ?
木彫りって言う感じも好きです。
「フランダースの犬」のおじいさんが彫ったみたい~

なんで一本の木からからこんなサンタさんが飛び出してくるの?
すごいなぁ。

投稿: mimi | 2012年7月 8日 (日) 01時04分

fujimimiさん

載っていた本の赤が
派手でなく落ち着きのある色だったので
挑戦してみようと思います

>飛び出してくるの

 難しくはありません
 本は途中から無視し
 彫っているのが正しいと思い込み
 ナイフや鑿や彫刻刀で何度か
 指を切ったり刺したりすればいいのです
 ちょっとだけ痛いのを我慢すれば
 時間さえかければ
 木彫りは出来上がりです

投稿: 房州や | 2012年7月 8日 (日) 08時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 石鎚見ゆ | トップページ | 12㎜の仏 »