« 遊印手順 | トップページ | 顔と虫と »

2012年5月30日 (水)

彫り直し

トーテムポールみたいな虚空蔵菩薩が気になっていたので

他のものと同じくらいのサイズにして新たに作りました

途中経過を写真にとってアップしようと最初は考えていたのですが

彫りはじめるとすっかり写真を撮るのをすっかり忘れてしまいました

ということで、彫り始めと彫り終わりのみの写真となりました。

  

彫り始めはこんな風です

(先に載せた「木仏手順」と同じです)

20120501  赤・橙・黄に塗られている場所は

  粗挽きするときに切り落とされる

  ことになリます

   

   

    

   

   

    

切り落とすと

20120501_2   

   

   切り落とした後には

   すぐに

   縦横の基準線を引き直し

   姿を描きます

   もう少し彫ってからでも

   良いのかもしれませんが

   慣れないのでこうしてます

   

こんな木片が

20120501_3    

   

   

   

   

   

   

   

   

  

↑檜なので木片から良い香りがして、捨てるに捨てられずとっています

 それに遊びとはいえ仏さまですからね

 

途中経過が無くていきなり完成です

何処にあるかを探してください

  

20120501_5   

  少しだけ

  前回と並びが

  変わっていますが

  なんとなく

  判るでしょう

   

   

   

   

20120501_6    

   もうわかりましたね

   最後列の右端に

   座っているのが

   今回新入りの

   虚空蔵菩薩坐像です

   まだ冠や腕輪などを

   彫りすすめなければ

なりませんが、ここまでくれば出来たも同然です

といって、ほかのものも仕上げをしないでいます

もう一体彫り直ししたいのがあります

それは「不動明王さん」です

次に彫ってみたいのは「誕生仏」 天上天下唯我独尊 

赤ちゃん体型のものを彫ってみたいですね

近日登場予定ということで

それまでは   

暫く仏師もどきでの登場はお休みです

|

« 遊印手順 | トップページ | 顔と虫と »

あれこれ」カテゴリの記事

コメント

昨日の遊印の彫り方。
レバルが高いのか珍しくコメントなしですね。

で、半病人がひとこと書いておきました。
今から病院にいきます。
   

投稿: 山豚火 | 2012年5月30日 (水) 11時17分

shadow山豚火さん

病院に行って
看護婦さんに手を握って貰えば
その風邪みたいなものは
治ってしまいますよ

今朝から鼻水状態です
あ~あ

投稿: 房州や | 2012年5月30日 (水) 12時26分

丁寧な仕事やってますねぇ。
途中のかたまりが都庁のビルのようだったり
メキシコのピラミッド(?)みたいですねぇ

天上天下唯我独尊はなんとなく想像できますね~
藪内佐斗司さんのような感じでしょうかねぇ。
彼の作は好きです。せんとくんはどうかと思うけど。

投稿: 章魚庵 | 2012年5月30日 (水) 14時39分

shadow章魚庵さん

四角から丸くしていくのが
とても面倒で手も痛くなるし
怪我もしやすいのです
鋸を使ったり
鉋を使ったり
鑿を使ったりしますが
あまり楽しい作業ではありません

天上天下唯我独尊
右手は上にあげて人差し指を立てて
左手は下に下げて・・・・
手はどうしてたか?

投稿: 房州や | 2012年5月30日 (水) 16時11分

かかりつけの医者に行きました。
看護婦さんが手を握ってくれました。
風邪みたいなものが少し治って来た気分です。
看護婦さんは医者の奥さん。58才くらい。

房州やんよかったら紹介しますよ、ここの医院。
   lovely

投稿: 山豚火 | 2012年5月30日 (水) 21時15分

shadow山豚火さん

大分調子が良くなったようですね
治りかけたからといって無理をしないように
今日一日はお団子食べてお茶を飲んで
のんびりしていましょう
女子高前コースのウォーキングも我慢しましょう

朝起きたら
医院を紹介いただく前に
鼻水は止まっていました
手を握って頂くチャンスを失いました


投稿: 房州や | 2012年5月31日 (木) 06時33分

木彫り仏像教室、いよいよ開講です。

最初は、四角い木に先生が升目と色分けを作ってください。赤・橙・黄の色分けもお願いします。
どの部分を切り落とすか、手取り足取り指導してください。
もしかしたら、仏像らしきものが出来るかもしれません。

完成したら檜の木片を入れた、檜風呂がいいですね。
   happy01

投稿: 山豚火 | 2012年5月31日 (木) 12時49分

shadow山豚火さん

面白いことに
仏像みたいなものを彫り始めて
ついつい横や後ろが
どうなっているだろうかと
ついつい気になってしまいます
山豚火さんのイラストの後ろ姿はとか
そうせき君の後ろ姿とか
まだマス目を通して見るようにはなっていませんので
修行が足りないのだと思います

彫りはじめは
普通なら檜チップ風呂の元が沢山出来ると思います
私の場合は血の滲んだものもありましたが
山豚火さんの場合は意外と簡単に出来ちゃった
となるんでしょうね

投稿: 房州や | 2012年5月31日 (木) 18時07分

何処までが「仏師もどき」でどこからが「仏師」なんでしょうか?
仏師は水を浴びて体を清めてから、制作にかかるのでしょうか?
私は、手を洗わずに粘土でお地蔵様作りました。
土古香野神社作った時も身を清めたりしなかったな~
私は基本的に「なんちゃって作家」ですから、本格的な事は苦手です!

投稿: 閑おじ | 2012年5月31日 (木) 23時54分

shadow閑おじさん

とても難しい問題です
立派な仏師は水垢離をし
普通の仏師は白装束を着て
駄目な仏師は仕事終わりのビールを考え
でも仏師は仏さま彫り一筋です
      

なんちゃって・似たような・らしいもの仏師は
変なところに凝ったりおふざけが好きで
真面目に遊びながら楽しんで
色んなものに手を出してしまいます

投稿: 房州や | 2012年6月 1日 (金) 05時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 遊印手順 | トップページ | 顔と虫と »