« 山ふかく | トップページ | 蟻の行列 »

2012年4月30日 (月)

秋風の石

四月最後の日です連休が始まり

どこかへ行きたい人はもう出かけてしまってますね

私は人混みが苦手なので、こんな時期は近所をぶらぶらしています

お天気と気分が良ければ知り合いのボタン園にでも行ってみましょうか

89.秋風の石を拾ふ

107c003  

  空は澄んで高い

  どこかへ行かなければ 

  旅支度をしなければ 

  

90.葦の穂風の行きたい方へ行く

108c003   

  風に背中を押されて芦原を歩く

  

  

  

91.あすはかへろうさくらちつてくる

109c003   

  さくらのはなびらにつつまれて

  あすはあの峠を越えよう

  

 

92.あるけば草の実すわれば草の実

110c003   

   衣に草の実がついてくる 

   おまえもどこかへ行きたいのか 

     

93.うつむいて石ころばかり

111c003    

   

   

   

 

こんな列車に揺られてみませんか

いすみ鉄道と小湊鉄道とホームの自販機の紹介です

※この2本の鉄道に乗れば、内房線の五井から外房線の大原へ

 房総半島を横断することができます

   

1)いすみ鉄道のムーミン号

20120412  探してみましょう

  路線のどこかに   

  ムーミン谷の仲間が 

  遊んでいるのを

  見ることができます

  700万円の自腹で

  運転手になれるかも

  

   

2)小湊鉄道の歌声列車

20120412_2   

  1車両貸切で

  歌のおじさんと

  伴奏もついています

  最後に

  五井駅で名残惜しそうに

  長いこと歌っているのを

  見ることもあります

   

  

3)上総中野駅のホームの自販機(背中)

20120412_3

               ↑ 小湊鉄道色した列車のようなデザインの自販機

                 背景の車両はいすみ鉄道の菜の花色の車両です

                 上総中野駅のトイレは竹をデザインしたものです

 

上総中野駅正面(原寸15×15mm)

012c003    

   ←上総中野駅を正面から見たものです

    駅舎の向こうにいすみ鉄道の菜の花色の車両が見えます

    お決まりの時計や自販機や郵便ポストもあり

             左側には竹の形をしたトイレがあります

メイン通りはとても静かです。

|

« 山ふかく | トップページ | 蟻の行列 »

遊び印(俳句)」カテゴリの記事

コメント

今朝はいつもの時刻に起きて、ゴロゴロしましたが
思い立って隣町の図書館(出来立て)へGO!
アッという間に3時間以上経ってました。

一日暇つぶし出来る場所が増えました(笑)
こちらは私鉄が東武鉄道、「634」一本ですね。

誰かさんが、猫を彫ったら?
などと言ってますよね。。。期待して好いですか?

投稿: わか | 2012年4月30日 (月) 21時42分

trainわかさん

新しい図書館に新しい本
いいですね
わが町の新しい図書館の1階には新しい本が
古い本は2階であまり読まれることもなく
棚にならんでいます

「むさし」ですか

猫を彫ることはありません、なぜなら
私は特定の猫が好きではありません
そいつは野菜を植えるために柔らかく
ほぐした土を掘り返し
とても臭い糞をしていくからです
小さな菜園を耕すたびに格闘をしています
首輪をした奴までやってくるのです
ということで期待をしてはいけません

投稿: 房州や | 2012年5月 1日 (火) 06時33分

春なのに秋の句ですねぇ。
まぁ涼しそうでいいです。今日は蒸し暑いから。

さて、
ちょっと思い出してみても
いすみ鉄道は乗った記憶がありません。
木原線といった頃までさかのぼってもないみたいです。
小湊鐵道はあります。久留里線もあります。
あと銚子電鉄も乗ったこと無いのです。
観音駅の鯛焼きは買ったことあるんですが。

投稿: 章魚庵 | 2012年5月 1日 (火) 17時49分

train章魚庵さん

そうです
四季を意識することは全くありません
それにしても今日は変な天気でした

今日もNHKでいすみ鉄道をやってました
たまに乗るとなかなか良いのですが
この先が心配な鉄道です

銚子電鉄はちゃんと外川まで乗りましが
何年前のことでしょう、すっかり忘れています
電車を走らせているのは濡れ煎餅のおかげだと聞きましたが

千葉市美術館の曾我蕭白行きましたか?
結構面白かったですよ

投稿: 房州や | 2012年5月 1日 (火) 18時50分

少し前から、また歌声喫茶が復活してきているという話を聞きました。
歌声列車は、昔の歌声喫茶のような雰囲気なのでしょうか。
ひとりで参加して、見知らぬ人と友達になってみるのも楽しそう。
ムーミン探しもいいですね。
房州やさん、緑色の帽子をかぶって、沿線にいるといいですよ。

しっかし、GWに「秋風の石」ってタイトルとは、なんて自由な人なんだろう。

投稿: 峰猫 | 2012年5月 2日 (水) 21時49分

飯山で仕入れてきた野菜、ほとんど、食べ尽くしました!(半分は人に配りましたが・・・)

明日から(正確には今日の夕方)前橋に行って来ます!(詳しくは章魚画伯の所で)

右膝が痛い!痛風か?
少し酒を控えてみよう!(誰だ!「ウソばっかり!」って言ってる奴は?)

投稿: 閑おじ | 2012年5月 3日 (木) 00時44分

train峰猫さん

古今嘘物語江戸百景には
その昔、江戸のはずれに内藤新宿という宿場ありけり・・・で始まる
「歌声茶屋」の記述がみられます (うそでーす)
さて、歌声電車は如何なるものかは
是非実体験されることを希望します
きっと楽しいものだと思います

緑の帽子・・・スナフキンORノッポさん
       池のほとりで魚釣りをしてます

投稿: 房州や | 2012年5月 3日 (木) 07時13分

train閑おじさん

例の酒飲みによる酒飲みのための酒飲みだけのバスケ大会ですか
・条件は酒が飲めること
・2升の酒を準備できること
が条件でしたね

二日酔いによる試合では
リングが二重に見えてかえって
シュートが決まるかも知れません
優勝カップも夢じゃない

投稿: 房州や | 2012年5月 3日 (木) 07時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 山ふかく | トップページ | 蟻の行列 »