« 風がふく | トップページ | 月かげの »

2012年3月 7日 (水)

夕焼けぬ

昨日は西日本では春一番が吹いたとか

房州でも昼過ぎにはかなり気温が上がりました

1.続いているもの

山頭火のこの手の遊び印を残り70余個分

もう少しお付き合いください

あと2ケ月半位になるでしょうか、もう少しの我慢です

  

25.少し酔へり物思ひをれば夕焼けぬ

038c003   

   少し、そうほんの少し酔う位がちょうどよい

   甘いものだってもう少し食べたいくらいがちょうどよい

   

26.そこに月を死のまへにおく

039c003   

   そして、もう少しの間

   生きていることにしましょうか   

   

   

27.たたずめば風わたる空のとほくとほく

040c003   

   背中を押す風にしたがって

   行く先はあちら

   

28.誰か来そうな雪がちらちら

041c003   

   誰かが来そうな気がして

   ついつい・・・

   さっき下駄の音がしたような 

   

   

2.新しく来たもの(頂き物)

先日、日本水産株式会社にお願いしていたものが届きました

NISSUIさんありがとう

「魚譜431選」 NISSUI

20120226    

    

   

   

   

   

   

    

  

   

     

   

魚・さかな・サカナ  見たことのある魚・見たことのない魚

見たことも聞いたこともない魚  うわぁーーーと叫びたくなる

サカナのポスターが日本画の技法で431種も描かれているのですよ

どうです、あなたは欲しいと思いませんか?

欲しがったのは房州やだけですか?

章魚さんはどうかな?

   

3.前回の続き

引き出しの奥にしまわれていた、クレパス・色鉛筆・パステル等

20120306    

  52本入りのクレパスです

  使ったことのない色も

  あります

  殆ど使われないまま

  しまわれてしまったようです

   

  

20120306_2    京色パステルと同様に  

   色のネーミングの面白い    

  色鉛筆です。  左から

  ・霜の降りたキャベツ畑

  ・白菜の浅漬け

  ・お父さんがつくった笹舟

  ・蝉時雨の深山

  ・アポロンの月桂樹

  ・夕日に染まる白壁

  ・黄昏のスフィンクス

・ガイフォークスの花火

                   ・軒先の干し柿

                   ・野辺に咲く黒百合

   

20120306_3    何度も使ったような   

   そうでもないような

   トルコには持って行った

   記憶があるのですが

                     他には、どこの国だったのかは思い出せません

↑ ハードのパステルも持っているのですが、指先でごしごしするには

  こちらの方がやりやすいのです。

|

« 風がふく | トップページ | 月かげの »

遊び印(俳句)」カテゴリの記事

コメント

山頭火はあと70コですか。
1日に2コ彫ればいいのですから、
房州やさんだったら鼻歌うたいながらですね。
この間、印石が無くなったといってましたが、
もう江戸に買い出しに行ってきたのですか。

魚のポスター、すごいですね。
まさかこの魚、全部根付けになるのでは?
   coldsweats01

投稿: 山豚火 | 2012年3月 7日 (水) 13時35分

ほぅ、このポスターですね?いいですね~
それで、オレも貰おうとHP見てみたんですが
ちょっとでかくて貼るところがなさそうなので思案中です。

それで、ハタと思い出したのは昔家にあった
大日本水産会と言うところが1931年に出した
「日本水産動植物図集」上巻、下巻
デカい本でA2位あったと思うんですが、
子供の頃は時々引っ張り出して(重くて大変なのです)見てたのを思い出しました。
子供のことなのでとてもデカイ本に見えたのかもしれませんが。
魚とか海藻とか蟹とかがリアルに描いてあるのです。このポスターのように。
それを④兄がデータ化したのがありますのでそのうちに紹介します。

四角いクレパス持ってました。どこ行ったんだろ?
下のハードパステルは昔~し買ってそのままあります。
ほとんど使ってません。60色です。

投稿: 章魚庵 | 2012年3月 7日 (水) 14時43分

fish山豚火さん

ポスターいいでしょう
431種いますよ
このプレゼントにもっと早く気づいていたら
くじらやイルカも壁で泳いでいたのに

昨日、木を削っていたら
赤い線がついているので不思議に思ったら
指から血が出ていました
怪我したことも判らないとはボケたものです
根付素人の私には結構危険なのです

>もう江戸に買い出しに

 来週半ばに行く予定なのですが
 傘さすの嫌なので雨が降ったら行きませんし
 風邪を引きそうなので寒くても行きません
 ポカポカの良い天気なら出かけます

 

投稿: 房州や | 2012年3月 7日 (水) 14時47分

fish章魚庵さん

そうです
やたらとデカいので
小さな壁には貼れません
世界地図と同じ大きさです
④兄さんのデータ是非紹介してください
四角い
クレパスは短い期間しか使ってないのでしょう、殆ど減っていません
道具もクレヨン→クレパス→水彩→油絵
筆ペン→水彩→筆ペン+水彩と移っています

今でも色鉛筆、ボールペンのほぼ新品が残っています

投稿: 房州や | 2012年3月 7日 (水) 14時57分

い~ですねえ。欲しいなあ。
荒俣コレクションで見たような稀覯本の
魚譜はとても々々高嶺の花ですが、これは
無料か。ただほど安いものはない、とは
いうものの、やはり、飾る場所がなあ。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2012年3月 7日 (水) 17時57分

fish埼玉の酔仙さん

そうです
むやみに欲しがってはいけません
とても大きいもので
小さな我が家の場合は
簡単に貼る壁がありません
世界地図をはがせばよいのですが
世界地図は剥がせません

空飛ぶ魚のはんこがいっぱいあるので
それを代わりに貼りましょうか

投稿: 房州や | 2012年3月 7日 (水) 19時23分

えんぴつ削りで削ったものと
ナイフで削ったものと

見てるだけで 愉しいですね!

あっ! 今日デートの相手に
ドングリ地蔵を差し上げて
喜ばれました Blogも紹介して
でも パソコンをお持ちでないようで
画面を見ていただいて
房州やさんの威を借りて…

どんなお仕事されてる方です?
私もまだお聞きしたことありません
沈黙

投稿: 空海望 | 2012年3月 7日 (水) 19時27分

そうそう、これ、これです。
これと同じクレパスです。
私が5、6歳のころ、編み物を習っていた母が、
セーターのデザインを描くのに
使っていました。
貧しい時代のことですから、
まるで宝石箱のように眩しく見えました。
涙が出そう・・。

投稿: ひろみママ | 2012年3月 7日 (水) 20時11分

京色パステルといい色鉛筆といい、なんとおしゃれなネーミングでしょうsign05

それらを使って、思うように絵が描けたら、どんなに素敵かしらshine

全く絵心のないわたくし、今度生まれ変わるときには、きっときっと絵心を持たせて下さりませart

投稿: hirorin | 2012年3月 7日 (水) 21時47分

art空海望さん

鉛筆は何で削ってましたか
肥後の守でしたか
安全カミソリみたいなやつ
それとも鉛筆削り(ハンドル)
電動鉛筆削り?

房州やは木の鞘のついた切り出しナイフで削ってます。
削る鉛筆も少なくなりましたが

どんぐりの輪が広がってますね

投稿: 房州や | 2012年3月 7日 (水) 23時09分

artひろみママさん

同じクレパスでしたか
これはいつ買ったのさえ覚えてない位
昔々のものです

全く使わなくなったものが
こうして引き出しの中を占領していくのです
想い出のあるものも思い出すことが何にも無い物も

ひろみママさんの昔の思い出を引き出すのに
役だったのですね、このクレパスは

投稿: 房州や | 2012年3月 7日 (水) 23時14分

arthirorinさん

絵心は誰にでもあるものでは
それぞれの個性で描けば
それでいいのではないですか

こんなに良いネーミングの道具を持っていても宝の持ち腐れ状態です

これ以外にも
最近は全く使われていない
絵の道具が引き出しに隠れていますので
いつか引っ張り出して、みなさんに
笑ってもらいましょう

投稿: 房州や | 2012年3月 7日 (水) 23時17分

絵ごころ全くな~し

依然バスツアーで参加者全員が一筆(マジックインキ)づついれて、モ~を書いたんですが、そりゃ~大変でしたよ。

バスがひっくり返るんやないかと思うくらい爆笑、痙攣起こすのではとひやひやものでした。
現実 顔の筋肉ヒクヒクしてました。

投稿: ひよこ | 2012年3月 8日 (木) 20時03分

fishひよこさん

絵ごころなんていりません
描けりゃいいんです描けりゃ
所詮素人なんですから

その点プロは大変でしょうね

投稿: 房州や | 2012年3月 8日 (木) 22時29分

房州やさんも画材を買うのが好きですね。
わたしも引き出しの奥に何年も使わないパステルが数種類。
友人がこれはいい! と薦めてくれたオイルパステルも
たった一度使ったまま引き出しの奥に。

銀座に出て時間があると伊東屋の上から下まで丹念に
見るのが好き。お金があれば欲しいものばかり。病気かな。
    bearing

投稿: 山豚火 | 2012年3月 9日 (金) 10時07分

art山豚火さん

このクレパスも色鉛筆もパステルも
相当な年代物だと言うことが判るでしょう

今は、印材以外の文房具は殆ど
買うことはありませんし買えません
新しいものは殆どありませんが
貰ったり、物々交換で手に入れてます
縄文の時代のやりかたと同じです

仕方なく伊東屋に行く時も
エレベーターで千代紙の売り場だけに行って
あとはさっさと降りてきます

どういうわけかハンズは上から下まで
くまなく歩きます、もちろんここでも
殆ど買うことはありません
物々交換もしてくれませんので

投稿: 房州や | 2012年3月 9日 (金) 11時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 風がふく | トップページ | 月かげの »